ひとめぼれ ~ 一夏の恋 ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

この夏、私は恋に落ちてしまいました。

恋の相手は...

 140814 niiyama_04.jpg

アサガオです!!!


(って、花かよ!ってツッコミが聞こえてきそうですが...)

写真をモノトーンにしたのには理由があります!

 

ずばり、その色に惚れこんだのです!!!

 

アサガオといえば小学生の頃に育てた思い出があるくらい。

未来館の変わった形をした変化アサガオを知っても「へえ、こんな形あるんだ~」という印象でした。

 

そんな私がアサガオの魅力に取りつかれたのは、本であるアサガオを見てからです!

 

しぶい...しぶすぎる...

かっこいい...

 

アサガオをかっこいいと思ったのは人生初。

 

ひとめぼれです。

うーむ。本物が見たい。

 

想いは募るばかり...

ひと目本物を拝むべく、朝早くに目をこすりながら向かったのは...

 

日比谷公園の変化朝顔・大輪朝顔展示会です!!

 

毎年の恒例行事で、アサガオ愛好家が育てた自慢のアサガオが展示されています。      

1340814 niiyama_01.JPG

葉や花が変わった形をしている変化アサガオ。

140814 niiyama_03.png

大きな花をつける大輪アサガオ。大きいものだと直径20cmは超えます。でかい!

140814 niiyama_05.JPG

写真にある盆栽風のアサガオは、大輪アサガオの 切込み作り と呼ばれる仕立て方で、ツルを伸ばさずに背が低くなるように育てています。(黄色い葉の品種は緑色の葉の品種よりツルが伸びにくいそう。)

 

かわいいですよね!

 

そして、ひとめぼれしたアサガオも!!!

 

これです!この色!やっぱりしぶい!  

140818 niiyama02.png

このアサガオは江戸時代に人気のあった歌舞伎役者の市川団十郎好みの色にちなんで"団十郎"と呼ばれています(右写真は"新団十郎"と呼ばれ、葉に斑点があります)。

 

間近で見ることができて、大満足!!

 

そして、辺り一面のアサガオを眺めていると、一つの疑問が浮かんできました。

 

「私が団十郎の色にはまったように、年によって色の流行はあるのかしら?」

 

よし!アサガオ研究会の方に突撃取材だ!!!

 

 

優しそうな方を発見!!

次から次へと生まれる疑問に、東京朝顔研究会の方が快く答えてくれました!

 

Q1 色の流行はあるの?

A1 流行はある!最近までは淡藤などの淡い色が流行っていた。
しかし、淡い色のアサガオの数が増え、全体の色の種類が単調になってきたため、最近は濃い色のアサガオを増やしている。

やはり、アサガオは多様な色彩がそろってこそ美しいんだそうです!

 

Q2 どうやって、欲しい色のアサガオを増やしているの?

 A2 ずばり、人工受粉をして、色に関係する遺伝子を掛け合わせて作っている!

ん?!遺伝子の掛け合わせ??

 140820 niiyama-1.png

 異なる色のアサガオを人工的に作るには、変異した遺伝子を掛け合わせます。

   

 人工受粉の方法を伺いました!

   ① アサガオのつぼみを開く

   ② おしべを取り除く(おしべのやくという袋に花粉が入っています)

   ③ 別のアサガオから採った花粉をめしべに付ける

   ④ 花が咲かないように縛っておく(他のアサガオの花粉がつかないように)

   ⑤ 種ができたら回収する  

140814 niiyama_09.png

 

という風に、遺伝子の掛け合わせを繰り返し、欲しい色が安定に出るまで根気強く人工受粉を続けるそうです。

 

様々な色のアサガオを集めて、人工受粉してみるのもおもしろいですね。

 

アサガオがだんだん気になってきましたか??

 

関東近郊の方であれば朗報があります! 来年まで待たなくても大丈夫!

変化朝顔の展示会がすぐあります!

■日比谷公園:2014年8月29日(金)~8月31日(日)(午前7:30~正午まで)

■横浜こども植物園:2014年8月16日(土)~8月31日(日) (午前9:00~午後4:30)

http://www.geocities.jp/henka_asagao/tennjikai.html

ぜひ本物を見に足を運んでみてください!見たことのないアサガオの世界が広がっていますよ。

そして、未来館で育てている変化アサガオも続々と花を咲かせています!

見頃を迎えている変化アサガオはこちら!

 140814 niiyama_10.JPG

  青常葉紫覆輪石畳咲(5枚の花びらが折りたたまれて咲いています) 他にもたくさん種類はあります!

詳しくは先輩方のブログをご覧ください。

 

 

そして余談ですが。

日比谷公園の帰り、大輪アサガオの種が売られていました。

「団十郎ください!」というと、おじさんが「団十郎好きそうな顔してるねぇ、特別ね」とにやにやしながら奥から種袋を出してくれました。

団十郎好きそうな顔...?!

 

種をゲットできてラッキーです。

来年種を植えて、my団十郎を咲かせてみます!!

 

そして最後になりますが、この記事は新人科学コミュニケーターの新山 加菜美が執筆いたしました。今年未来館で植えた変化アサガオの第一発見者になり、不思議な縁を感じています。

以下のサイトを参考にしました。

色違いの花はどうしてできる?ーアサガオの多彩な花色を決める遺伝子- http://bsj.or.jp/topics/03/asagao.html

National BioResource ProjectMorning Glory(九州大学大学院理学研究院 NBRP アサガオ中核機関 仁田坂英二) http://www.shigen.nig.ac.jp/asagao/index.jsp 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

 取材を受けたものです。

 ウキウキする内容で、朝顔の魅力が伝わってきます。

 団十郎、来年美しい濃い茶に咲かせられたらうれしいですね。
 大輪朝顔は毎日世話してあげることで大きく咲いてくれます。
 図書やインターネットで栽培方法などが紹介されていますので参考にしながら、チャレンジしてください。その奮闘記も期待してます。

 これからのご活躍、祈念申し上げます。

大輪朝顔好きさんへ

温かいコメントありがとうございます。

取材ではたくさんのことを教えていただきましてありがとうございました。
ブログにすべてを紹介することはできませんでしたが、アサガオの魅力が伝わっていたら、本当にうれしいです。


大輪朝顔の栽培方法を勉強して、愛情をたっぷり注いで、来年は団十郎を立派に咲かせたいと思います。

来年の奮闘記、ぜひ期待していてください!

コメントを残す