熱中症に気を付けよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ読者の皆様、はじめまして。

サッカー好き科学コミュニケーター の 谷 直樹 です。

4月より未来館に勤めております。

taninaoki1.jpg

休みを利用して、久しぶりにサッカーをしてきました。真夏の炎天下、自殺行為かと思われるかもしれませんが、体の健康だけでなく、心の健康も大切です。私はサッカーをしない日々が続くと心が病んでしまうのです・・・。

 

しかしながら、現実問題として心配なのは熱中症。最近では、家の中にいても熱中症で倒れる方がいるなんてよく聞く話です。

 

皆さんは熱中症対策をしていますか?

 

 

しっかりとした水分補給が大切だということは皆さんご存知だと思います。 ただし、ただの水ではあまり効果的な対策とは言えません。我々は汗をかくと水分だけでなく、ミネラルを失います。ミネラルのうちの多くはナトリウム(塩分)です。

 

汗をかいて体液量が減ったときに水分だけを摂取していると、体液が薄まります。体は体液の濃度を元に戻そうとさらに水分を出し、体液不足つまり脱水症状を起こすのです。ノドの渇きを潤すことだけを考えていると、陥りやすい失敗です。

 

一般的には、0.1~0.2%のナトリウム(塩分)を含んだ飲料が推奨されています。このとき、腸管での水分吸収を促進するためにブドウ糖を2~3%含んでいると良いそうです。自分で作るなら水1リットルに対して塩をひとつまみ、お好みで砂糖を加えて飲んでください。さらに、よく冷えているとより効果的です。

 

実は医療用の経口補水液も健康な方が飲むとおいしくないのですが、必要としている方はおいしく飲めたりします。そのときの感覚は意外と正確です。自分を信じて砂糖の量を調節してみてください。ただし、糖分の取り過ぎや、冷たいものを飲み過ぎておなかを壊してしまうなんてことのないように気をつけましょう。

 

熱中症で倒れたらあなたも苦しいでしょうが、周りにいるたくさんの人も心配し、胸が苦しいのです。しっかりと水分補給をして、自分の体を気遣ってあげてください。

水3.jpg

私も効果的な水分補給をしながら、体の健康を守りつつ、心の健康も維持していこうと思います!!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す