できた!!夏休みの自由研究

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

9月の上旬だというのに、東京はもう秋のような気配です。

 

夏休み期間中、未来館には、毎日たくさんの子どもたちが来てくれました。

中には、自由研究のテーマを探しに来たという方もいました。

そんな子どもたちから、私たち科学コミュニケーターが、自由研究の相談を受けることもあります。

 

同僚の三ツ橋と田中(私)も7月半ば、お台場の海の生き物や水質について自由研究をしているという聖心女子学院初等科3年生のAさんから、お話を聞きたいというご連絡をいただきました。

そのきっかけとなったのは、三ツ橋が以前書いたブログ「お台場の海にはなにがいる?」とのこと

※三ツ橋が書いたブログはこちら↓

http://blog.miraikan.jst.go.jp/other/20111108post-119.html

お母様と一緒に未来館にきたAさん。

Aさんから出た質問の中で、三ツ橋も私も「うーん......」と頭を悩ませたのがこれです。

Q お台場の海を守るために私たちにできることはありますか?

むむむ......難しい。

とても難しい質問だと思いました。

そして、Aさんの熱心さに感心するしかありませんでした。

月並みながらも、海岸清掃活動かなぁ......と思い、お台場の海を守るための活動について調べてみると、例年、東京ベイ・クリーンアップ大作戦(※)なるものが開催されているようです。

その内容は、

(1) お台場海浜公園内の海底・海浜清掃、調査

(2) 「東京港をきれいにしよう!」周知・啓発活動

(3) 砂浜の掘り起こし(砂浜自身の浄化能力を高めるため)

(4) 東京港海洋教室(お台場干潟の水生生物観察会)

このような海辺の清掃活動に、私も参加したことがありますが、想像以上にたくさんのごみが落ちているものです。

中には、海外から流れ着いた薬品タンクなどもありました。

このような取り組みを通じて、人間の生活が自然に与える影響を、みんなで一緒に考えてみることも、私たちにできることの一つかもしれません。

とても熱心なAさんに心打たれた三ツ橋と私は、じーんとなりながら「頑張ってねー!!」と手を振ったのでした。

それから約1ヶ月後。

なんと......Aさんが、完成した自由研究を見せに未来館まで来てくれたのです!!!

少しでもお手伝いできたこと、一生懸命がんばった成果をわざわざ見せに来てくれたことが、本当にうれしかったです(涙)

そして......その成果がこちら!!!

20140906_tanaka_02.JPGのサムネイル画像

20140906_tanaka_01.jpg

少なくとも私は、こんな立派な自由研究を作ったことはありません(笑)

写真は2ページだけのご紹介ですが、なんと全部で約40ページもある大作なのです!しかも手作りの東京湾の模型まで!

当日Aさんとお会いした三ツ橋によると、最初にお話したときに比べ、格段に詳しく見応えのある仕上がりになっていて、すっっごくがんばったことが伝わるとても素敵な自由研究だったそうです。

写真からも、それがひしひしと伝わります。

Aさん、ぜひ宝物にしてくださいね!

みなさんが昔作った、または今年作った自由研究のテーマは何でしたか?

そのテーマは、現在、なにか新しい発見や技術につながっているでしょうか?

未来館で、ぜひお話を聞かせてください!

科学コミュニケーターがお待ちしています。

さて、最後になりましたが......はじめまして!!

今年の4月に入社しました科学コミュニケーターの田中 健(たなか けん)ともうします

大学時代の専門は有機化学。以前の仕事は、「公害」「廃棄物」「リサイクル」などの環境分野をあつかう自治体職員でした。

どんな仕事をしていたかは、ここでは語りつくせないのですが、例えば今回書いた海の話でいうと、海開き前の海水浴場の水質調査も仕事の一つでした。

漁協の方に小舟を出していただき、沖からバケツやひしゃくでせっせと海水を採取します。

また、浜辺に近いところでも、水着で海に入り海水を採取するのですが、風の強い日には波に足元をとられそうになりながら冷や冷やしていたのを思い出します。

未来館で迎えた初めての夏。

子どもたちの素敵な笑顔をたくさん見て、暑い夏を乗り切る元気をもらいました。

これからもどうぞよろしくお願いします!

(※)東京ベイ・クリーンアップ大作戦

「東京港を泳げる海に!」をスローガンに毎年3回(毎年6月・9月・11月予定)、地球環境の保全と泳げる海をめざして、お台場海浜公園で実施されているイベント。

次回は9月13日(土)に実施予定。

主催は東京ベイ・クリーンアップ大作戦実行委員会事務局。

(参考URL)http://www.kissport.or.jp/bayclean/#about

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す