アインシュタインの手紙

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「今の文明においてもっとも大事だと思われる事柄を、いちばん意見を交換したい相手と書簡を交わしてください」

 これは1932年、国際連盟がアインシュタインに出した依頼です。
文明(人類ともとれます)にとって、最も大事だと思うことについて、最もふさわしいと思う相手と往復の手紙でやりとりしてください、という依頼です。

 当時のアインシュタインは、どのようなテーマを選び出したのか、それだけでも興味をそそります。
 実際にはどうだったのでしょうか、皆さんはどう想像しますか?

20160815_nishioka_01.jpg

 ライバルと言われたニールス・ボーアと量子力学について意見を戦わせるのでは?
 フォン・ブラウンと宇宙開発の未来について語り合うのでは?

 実際にアインシュタインの選んだテーマは、こうでした。

 「人間を戦争というくびき(縛り)から解き放つことはできるのか?」
 言いかえると、「ひとはなぜ戦争をするのか」というものでした。

 そして、往復書簡の相手はフロイト。言わずと知れた、精神医学の大家です。

20160815_nishioka_02.jpgのサムネイル画像

 科学好きの間では、有名な話かも知れませんが、つい最近この往復書簡を見つけたとき、衝撃が走りました。

 物理学という普遍の摂理を追究する研究者が、最も関心を寄せ、かつ文明にとって、人類にとって、最も重要と考えた主題、それが精神、そして戦争。

 1932年と言えば、第一次世界大戦の敗戦から10年以上がたち、一時は安定したドイツも世界恐慌で再び混乱、ナチスの台頭を許したころです(翌33年に政権をとります)。こうした時代背景もあったのかもしれません。戦争という国と国との争いをテーマに、当時は国をもたなかったユダヤ人であるアインシュタインが、同じくユダヤの流れをくむフロイトを相手に選んだのも興味深い点です。

 アインシュタインはフロイトへの手紙に、攻撃性という人間の心の動きに対する考察、争いをなくすために必要な社会システムの提案などをしたためています。その上で、精神医学の創設者であるフロイトに、このテーマについて意見を求めるとともに、集中的に取り組んでほしいと提案しています。

 対するフロイトはまず、アインシュタインの意見を全面的に肯定します。その上で、心理学的な観点から、アインシュタインの意見を補うような分析を返信の書簡として送っています。

 ここでは内容の詳細に触れません。
 ご興味のある方は、手頃な価格の文庫本になっていますので、ぜひ全文をお読みください。(下記、引用文献参照)

 この書簡には、非常に興味深い点があります。フロイトの返信は、争いの歯止めになり得るもの、それは「文化の発展」である、と締めくくられています。そしてそれが、文化の価値を高らかと謳うものとは少し違うように読み取れることも、触れておきたいところです。

 フロイトは、文化の発展は、人間の心と体に変化をもたらすとしています。
 文化は人間の知性を強め、その知性が欲動をコントロールする。さらに、むき出しの攻撃本能はそのまま外に(他者に)向けられるのではなく、内に(自分の内面に)向かうようになる、とも分析しています。フロイトは同時に、文化の発展を危険視する記述もしています。先進国の出生率の低下を例に、文化の発展が人類を消滅させる危険を述べています。この先、文化の発展がどのように人間の心と体に影響を与え、どのような世界観が形作られるというのか、フロイトも述べるに至っていません。
 しかし、「文化の発展が生み出した心のあり方と将来の戦争がもたらすとてつもない惨禍への不安」が戦争をなくす方向に人間を動かしていくと期待できるのではないか、としています。この著述からは、醸成された文化が、戦争を凌駕する新しい価値観を生むというポジティブさより、戦争という事象が文化の発展(人の体と心のあり方の変化)を背景に廃れていく...というどうしようもない必然的な流れである、という印象を受けます。文化の発展に安易に明るい未来を描くのではなく、最後まで精神分析家の視点で書かれたこの書簡には、強く迫ってくるものがあります。

 そしてこの「文化」というキーワードは、未来館で科学を語るときにも重要なキーワードです。

 日本科学未来館は、科学を文化ととらえ、多くの人と共有し、未来について考える場です。私自身もこの点に共感を持ち、未来館で科学を伝える仕事をしています。

 ここで、そもそも文化とは何か?
 当たり前に使っていますが、ふと考えるとつかみ所がない言葉に感じます。
 未来館では、文化とは「人類がこれまで育み伝承してきた知恵の総体」と考えています。その中には芸術やスポーツの他に、政治や経済、宗教、そして科学と科学技術も含まれます。

 フロイトほど深い洞察ができているとは思いませんが、私も文化の発展は人の心と体を変えうるものだと考えています。文化のひとつである科学、科学技術が心と体に与える影響を考えると明白だと思います。
 言うまでもなく、科学技術の発展により、私たちは便利で快適な生活を手に入れています。
 同時に、私たちが手放そうとしている能力や価値観があるというのは事実だと思います。

 科学技術は間違いなく、私たちの生活を変え、さらに心と体の両方に、少しずつ変化をもたらしていると言えます。私たちは、そのことを認識し、変化に主体的に関われているか、ということを大事にしなければならないと私は考えています。変化を受け入れる前に、選択、判断するプロセスがあるはずですが、現代の社会ではその部分が見えづらくなっています。
 でも実は、とても身近なことなのではないかとも思います。

 例えばスマートホン。誰とでもすぐに連絡がつき、仕事も効率的に進む。なくなるなんて考えられない。ですが少し違う見方をしてみます。同時に、待つことに耐えがたい苦痛を感じるようになっていませんか?時にはすべての電子機器をオフにして、リラックスしたいと感じることはありませんか?心のあり方が、すでに変わってきているということです。またそれに気づいたとき、どんな判断、行動をとりますか?
 今以上の機能は要らないと考える人もいるかも知れません、逆に今以上の機能でそれを補うことを求める人もいるでしょう。
 科学技術の利用の方向性は、消費者のニーズがあってこそのものです。この先、今以上に利便性を追求することは、本当に必要なのだろうか。立ち止まって考え、出した消費者の選択が、科学技術発展の方向性を決める最大の要因になるはずです。

 私たちがどのように文化を形成していくのか、それは日々の選択、生き方の積み重ねに他ならないことです。科学技術で言えば、どんな技術を選び、どのように活用していくのか。その選択はやがて、私たちの心と体に変化をもたらすものになり得ます。そして、長い年月かけて醸成されていく文化は、人の心を理性的にコントロールし、フロイトの言うように、争うという生き物の本能にも、働きかけるくびきになるのか。個人的に、追い続けたいテーマでもあります。

 今回は、アインシュタインとフロイトの往復書簡をきっかけに、科学や文化、そして戦争について触れました。8月になる度に、戦争と科学の関係に思いを巡らせ、何らかの形で共有したいと思ってきました。私の能力では及ばない、この大きなテーマの入り口に、アインシュタインとフロイトのやり取りの力を借りました。

 今から約80年前の偉大な科学者の関心事であった戦争。科学社会に生きる現代の私たちにこそ、向き合う必要があるものだと思います。さらに、科学技術そのものが戦争の手段になることからも、科学技術における私たちの選択や判断は戦争と直結します。科学の恩恵にあずかる私たちの責任は、今後ますます高まっていくでしょう。科学という文化のひとつを、人類全体のよりよい未来のために育んでいけることを目指して、私も日々の科学コミュニケーション活動に取り組もうと思っています。


引用文献:
ひとはなぜ戦争をするのか 講談社学術文庫 アインシュタイン/フロイト 浅見昇吾 訳

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す