夏の思い出は蝉の味

このエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間に過ぎ去ってしまった夏...。

 

四季の中で夏が1番好きな私にとって、秋の訪れは毎年とても寂しい気持ちになります。

(正直、1年の半分以上夏でも良いくらいです!!!)

 

今年もそんな短い夏の間に海や山で生き物観察をしたり、田んぼでお米を育てたりと、楽しい思い出を残すことができました。

 

今回のブログでは、そんな私の夏の思い出のひとつを紹介したいと思います。

個人の思い出話なので気軽にご覧ください。

 

私はこの夏、出勤時にセミの抜け殻を拾うということを日課にしていました。

(気づいたら毎朝拾っていました)

 

合計14日間続けた結果、合計199匹、5種類のセミの抜け殻をゲットしました!

ちなみに採集場所はお台場の未来館付近です。 


全て机に並べてみました↓

199匹.jpg


朝、抜け殻をすべて採りきっても、翌朝、また抜け殻がくっついている。


一体どれほどのセミたちがこの地面の下にいるのだろうと、少し想像するだけでもゾッとしましたね。。

 

せっかくなので採取したセミを紹介します↓

上から横から.png

こうして始めてしまったこの日課のおかげで、大量のセミの抜け殻が手元に残ることとなりました。


ど、、どうしよう...。


そんなある日、本屋にフラっと立ち寄ったところ一冊の本に目が止まりました。


"昆虫をたべる!昆虫食の科学と実践"

 

これだ...!

 

手に取ると、監修は元科学コミュニケーターの水野壮さんでした。

ということで、私はこの大量の抜け殻を食材として見直し、食してみることにしました。

 

("生き物を食べる"ということにもともと強い関心もあり、このような結論となりました。よかったらコチラのブログもどうぞ。)

 

さっそく水野さんが立ち上げに参加しているNPO法人食用昆虫科学研究会の方に、抜け殻を使ったレシピがないか相談したところ、すぐに2つのレシピを紹介していただきました。

 

教えていただいたレシピは「クッキー」と「フリッター」です。

(フリッターは教えていただいた作り方を間違えてしまいました...)

 

では実際に作ったときの写真とともに、料理を紹介していきます。

※昆虫を調理する際の注意事項(加熱処理や種類など)を承知した上で実施しています。

 

レシピ1:クッキー

蝉クッキー.png

レシピ2:フリッター(?)

蝉フリッター.png

番外編(自分で試作):セミの抜け殻炒め

蝉炒め.png 

全ての料理はSC数名に協力してもらい、味や見た目などについて評価をつけました。(作った私も食べます)評価のポイントは「料理」としておいしいかどうかです。

 

評価の結果とコメント。


3位:炒め物

「殻が舌に残る(I田氏)」

「口に刺さる(A宮氏)」

「エビの殻だけ食べてるみたい(谷A氏)」


2位:フリッター(?)

「マヨが合う(A宮氏)」

「揚げたてがよかった...(K平氏)」

「一番うまい(I藤氏)」


1位:クッキー

「うまい(I藤氏)」

「おいしい(A宮氏)」

「ツブツブ感が良い(作者)」

 

いつまでも殻が口に残ってしまうことが食材としての大きなハードルとなっており、細かく刻んだり、カリッとクリスピーにしたりすることで、料理としての評価を高められるかもしれない...と次回への策もみえてきました。(せっかくなら何かおいしいものを作りたい)ちなみに殻自体は無味です。甲殻類アレルギーの方はご遠慮ください。

 

食材として関わったことがないので、おいしい料理にするまでの道のりはまだまだ先が長そうですね。(中国では漢方として一般的に親しまれているようです)

 

今回の経験を通して、あらためて「食べる」という行為において自分が求めるものは「おいしさ」なのだと気づきました

 

おそらく、現在スーパーにおかれていない食材(生き物)の多くも、セミの抜け殻と同じく「おいしくない」という理由から除かれているのではないでしょうか。

 

私たちが普段食べていないものをおいしく食べる。

 

一見すると奇妙な行動に思えるかもしれませんが、おいしさを「食材」ではなく「調理法」に求めることで、いろいろな生き物を食材として食べられるようになり、いま絶滅が心配されている生き物たちの生息や、食糧危機に対応することができるようになるかもしれません。

 

(努力の甲斐あってセミの抜け殻料理が完成したあかつきには、スーパーにセミの抜け殻が登場する日がくるかもしれない...)

 

そんなことを遠くで考えつつ、次回作の試行に取りかかりたいと思います。


※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

きょうほぼ初めて未来館を訪れ、コ・スタジオでのコミュニケーターさんの話が一番、印象に残りました。そこでブログをのぞいたら、きれいなお顔の写真と昆虫食の話の過激さの落差ににさらに、興味を惹かれました。きょうは、ノーベル関連の話しが聞きたくて言ったのですがまた、行って見ます。

よしとめ様

この度はご来館とブログへのコメント、誠にありがとうございます!

私たち科学コミュニケーターは、みんな様々な背景や(マニアックな)趣味を持っています。私は昆虫と食べることが好きなので「昆虫食」に興味があるのですが、他にも「地層をみると地質を考えてしまうコミュニケーター」や「海岸に近づくと磯を調査せずにはいられないコミュニケーター」など、とても面白い趣味をもった仲間がたくさんおります(笑)

次回ご来館の予定がありましたら、ぜひ私たち科学コミュニケーターに話しかけてくださいね!よしとめ様とお会いできることを楽しみに、一同未来館でお待ちしております。

コメントを残す