ハンツビル、アメリカはこの町から月を目指した

このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです、小熊です。今日はアメリカのアラバマ州ハンツビル市にある、アメリカ宇宙ロケットセンター (U.S. Space and Rocket Center)を紹介します!

ハンツビルは人口約10万人の北アラバマの地方都市で、高いビルもなく、ちょっと郊外に行けば青い空と赤い土の綿花畑が広がっているのどかな町です(ニューヨークやロサンゼルスのような"イメージしていたアメリカ"とは大違い・・・)。

そんなこの町の最大の特徴は、大きなロケットが立っていることです。

20180209_Oguma_01.jpg

これは、あのアポロ宇宙船を月に運んだサターンV(ファイブ)ロケットの実物大模型です。高さは111m。写真の手前にいる人物と比較すると、その大きさがわかるかと思います。1960年代にこの巨大なロケットを打ち上げたのかと思うとすごいですね!ほとんどは燃料タンクで、途中で切り離され、月まで宇宙飛行士と着陸船を運んだのは一番上の黒い線より上の部分です。

どうしてアラバマの田舎町に、この有名なロケットが?!それは、サターンVロケットがこの町で開発されたからです。ハンツビルは1950〜70年代のアメリカの宇宙開発の中心となった場所であり、現在もNASAが研究所(マーシャル宇宙飛行センター)を置いている"Rocket City"なのです!当館の毛利衛館長も宇宙飛行士の訓練の一環でハンツビルに住んでいたことがあるそうです。

 

サターンVロケットのあるロケットセンターでは、宇宙開発の歴史を学ぶことができます。フロリダのケネディ宇宙センターや、ヒューストンのジョンソン宇宙センターのような知名度と派手さはありませんが、とても面白いところです。マーシャル宇宙飛行センターの公式ビジターセンターでもあり、1970年にNASAのビジターセンターとして最初に作られました。

「みなさんぜひ来てください!」と言いたいのですが、日本からアラバマは遠いので、私が代わりに展示の一部をご紹介しましょう。

20180209_Oguma_02.jpg

・アメリカの宇宙開発の父 フォン・ブラウン

まず、最初の部屋では、アメリカの宇宙開発を振り返ります。1950年、ドイツのロケット開発チームがこの町に移住してきました。ロケットを作る技術は、ミサイルを作る技術と共通するところが多く、彼らは第二次世界大戦中にドイツでミサイル(V2ロケットなど)の開発をしていました。アメリカにとって、彼らは危険な人々です。しかし、アメリカはその研究を完全に中止させるかと思いきや、ドイツ敗戦後、すぐに彼らを亡命させアメリカに招きます。それは、優秀な彼らの力が必要だったから。このチームのリーダーは、ウェルナー・フォン・ブラウン博士、「アメリカの宇宙開発の父」でした。

20180209_Oguma_03.jpg

 

 

フォン・ブラウン博士のチームは、実験を重ね、人間を乗せられるロケットと宇宙船を開発します。1959年、アラン・シェパード、ジョン・グレンらマーキュリー7と呼ばれる宇宙飛行士7人が選ばれ、有人宇宙飛行計画のマーキュリー計画、ジェミニ計画が進められます(この経緯は映画『ライトスタッフ(The Right Stuff) 』『ドリーム(Hidden Figures) 』などでも描かれています)。当時は冷戦の真っ最中で、宇宙開発もソ連と競っていました。人工衛星の打ち上げや初の有人宇宙飛行はソ連に先を越されてしまいます。何としても月にはソ連より先に行かなければ!

・アポロ計画

1961年、「この10年以内に月に人間を着陸させ、かつ安全に地球に帰還させる」というケネディ大統領の力強い宣言から、世界初の有人月探査計画であるアポロ計画が始まります。

1967年アポロ1号の非業の火災事故、68年アポロ7号の地球周回飛行、8号の月周回飛行を経て、ついに1969年7月20日(アメリカ時間)、ニール・アームストロング飛行士とバズ・オルドリン飛行士を乗せたアポロ11号月着陸船イーグル号は月に降り立ちました。

ロケットセンターの一番奥には、本物のアポロ16号の司令船と、12号で持ち帰られた月の石が展示されています。あの巨大なロケットを打ち上げて、地球に帰ってくるのは宇宙飛行士がなんとか3人乗れるサイズのこの司令船だけ!表面は大気圏突入時の熱で焼け焦げてボロボロです。

20180209_Oguma_04.jpgのサムネイル画像20180209_Oguma_05.jpgのサムネイル画像20180209_Oguma_06.jpgのサムネイル画像

当時のテスト機用の部品から完全復元されたサターンV(現存する3つの機体のうちの1つ。他の2つはジョンソン宇宙センターとケネディ宇宙センターにあります)もあり、中の構造が見られます。サターンVのエンジンは3段式で、内側に2段目、3段目のエンジンが入っています。端から端までがとにかく長い!立っているサターンVと横になっているものが両方見られるのは世界でここだけです!

20180209_Oguma_07.jpg

20180209_Oguma_08.jpg

アポロ計画は1972年の17号を最後に終了しましたが、もちろんその後も宇宙開発は続きます。次にご紹介するスペースシャトルは、アメリカの有人宇宙開発での"顔"のような存在でした。皆さんもよくご存知ですよね!

・スペースシャトル パスファインダー号

20180209_Oguma_09.jpg

これは実際に飛行した機体ではなく、地上試験用の実験機です。本物のエンジンや打ち上げに必要なコンピュータは搭載されていないものの、ロケットの部品や鉄筋などで本物とほぼ同じ大きさ・重さに作られています。これをクレーンで釣り上げて発射台にセットする試験などが行われました(打ち上げに至るまでには、こんな試験も必要なんですね!)。それらの試験でパスファインダー1号機はボロボロになってしまい、破棄されています。

そのため、これは2号機なのですが、特筆すべきはこの機体は日本に来たことがあるということ!1983年に東京・大阪・名古屋で開かれた大スペースシャトル展で展示されました。実寸大のスペースシャトルが来るとあって盛り上がったようです。その後、またここに持ち帰られて展示されています。こんなところで出会えるとは・・・。

・国際宇宙ステーションISS 

このISSを紹介する展示では、まず本物のISSの現在の位置やISSからのライブ映像を見ながらスタッフが説明をしてくれます。ミッションコントロール室のように、たくさんの画面が並んでいます。

20180209_Oguma_10.jpg

説明を聞いた後は、ISSの実験棟・居住棟の模型の中へ。

20180209_Oguma_11.jpg

写真奥の入り口の上に、JAXAのロゴがあるのがうれしいです!

宇宙飛行士が外を見る窓、キューポラも再現!

20180209_Oguma_12.jpg

*ISSの模型は未来館の5階にも展示してあります。ご来館の際にはぜひご覧になってください!

そして今、ハンツビルでは次世代ロケットSLS(Space Launch Systemや新型宇宙船オリオンの部品の組み立てや試験が行われています。これはSLSの10分の1サイズの模型ですが、10分の1でもこのサイズです!

20180209_Oguma_13.jpg

昨年12月にはトランプ大統領が「米国人宇宙飛行士を再び月へ送る」と発表しました。SLSで再び人間が月へ、そして火星へ。地上での最終試験が来年の予定なので、最初の打ち上げはそれ以降になりますが、完成がとても楽しみです!

最後に、ロケットセンターではSpace Campというプログラムが開催されています。泊まりがけで、かなり本格的な宇宙飛行士の模擬訓練を体験できます。9歳から18歳までが主な対象ですが、大人向けプログラムもあります。このSpace Campは人気があって、高額な参加費にもかかわらず全米各地から参加者が集まります。

参加したアラバマ大学ハンツビル校の久場桜子さんに話を聞いてみました。例えば、細かく再現されたISSの模型で船外活動の模擬体験ができるそうです。全員が異なる役割を分担され、それぞれのマニュアルに沿ってミッションを進めます。フライトエンジニア役の人は、ミッションコントロールセンターで指示を出す役の人から無線で指示を受けながら、吊り下げられて浮いた状態で船外活動作業をします。

20180209_Oguma_14.jpg

20180209_Oguma_15.jpg

まるで本物の宇宙飛行士みたいですね!

このプログラムの卒業生の中には、本当に宇宙飛行士になった人もいます。火星に降り立つ次の世代の宇宙飛行士もここから生まれるかもしれません!

以上、簡単に紹介しましたが、ロケットセンターを少しのぞいた気になっていただけたでしょうか?もし機会があれば、私の大好きなこの場所を訪れていただければとてもうれしいです!

参考文献:

U.S. Space & Rocket Center Official Book

Exploring Space, National Geographic

Spaceflight: The Complete Story from Sputnik to Shuttle - And Beyond, Giles Sparrow

写真奥の入り口の上に、JAXAのロゴがあるのがうれしいです!

この記事への2件のフィードバック

ハンツビルの宇宙ロケットセンターの記事は興味深く、教育的で感激しました。1969に、アームストロング飛行士が人類として初めて月面に第1歩を踏み出した時、TVの中継を見ながら感激した時の思いがよみがえりました。そして、今、サターンVロケットの写真を見てその大きさ、偉大な計画の実行結果に驚き、感嘆しています。
此のビジチングセンターの写真と案内記事は要を得てすばらしいものでした。東京の未来館で宇宙研究を見学する機会を願っています。

コメントをありがとうございました。ロケットセンターの様子が伝わるといいなと思いながら書いたので嬉しいです。とても励みになります。
この巨大なロケットを目の当たりにすると、あのSpace Race の時代から50年も経つというのがちょっと信じられません。本当にこの偉大な計画の実行計画から今でも学ぶところは多いと思います。とはいえ、先日SpaceX 社のFalcon Heavyという大きなロケットの打ち上げが成功したといういいニュースもあり、これからの宇宙計画にも期待できそうです。
ぜひ未来館にもいらっしゃってください!