ワークショップって奥が深い / Workshop -the place of creation-

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ムラシマです。

秋うまれのせいか、秋になると新しいことに挑戦したくなります。

Hello everyone, it’s Megumi. My birth month, October always makes me try something new.

「未来館の外でなんかやりたいっっ」

“I want to try science communication outside the Miraikan!”

やるなら断然、ワークショップ。フレンドリーで、クリエイティブで、わくわく、新鮮なイメージだし。願いは思っていると(実際には口にすると)かなうものです。絶妙なタイミングでチャンス到来!シブヤ大学でワークショップです。こころ強い味方アイテムを手に向かいました!

I couldn’t think of anything other than “workshop.” It sounds friendly, creative, fun, and trendy. I felt like I could do! And it was true that nothing comes true if you don’t wish for…Yea! I got a chance to facilitate a workshop for Shibuya University, a NPO. I brought a card game, the Crossroad. It’s my useful workshop tool:)

 

シブヤ大学は、渋谷という地域に密着し、新しいカタチの教育を実現しているNPO。誰でも参加できる授業は、学問というより、アートや街づくりなど、心地よいくらしのサポート的なものがメイン。私のテーマは、防災

The Shibuya University is not a real school, but a group providing learning opportunities for all people without exams or tuition. Most of the lectures are not academic, but those to increase the quality of life such as art and community development.

 

 

味方アイテムとは、カードゲーム「クロスロード」。簡単で奥深いゲームです。内容は、災害時の究極の選択。「津波警報発令中で避難の途中、生き埋めの人がいたら助ける?」とか「被災者300人。非常食200食。配る?」など、運命の分かれ道のシミュレーションです。選択肢はイエスかノー。多数派が得点をもらえます。

Crossroad is a simple card game in which players simulate decision-making at the time of a disaster like an earthquake, or a tsunami or a flood. Players are given dilemma-like problems, such as, “Would you rescue a person under a building when you are evacuating from Tsunami?” and “There are 300 people in a shelter, but food for only 200 people. Would you pass out the food?” Each player chooses Yes or No. Those in the majority get the point.

 

単純なこのゲームが奥深い?そのカラクリは「問題に答えがない」こと。だから、なぜイエスか、なぜノーか、ひとりひとりが主張できるんです。意外な心の内があばかれてゆきます。

Believe or not, this simple game raises awareness and lessons in preparing for a disaster. Why? …because no dilemma has a perfect answer. The key point is opinion sharing afterwards. Each player explains his/her decision. It brings real active exchanges of different views.

 

常識も、災害知識も大事。でも実際は、 訓練どおりにならないこともたくさんです。知らない人たちと協力しあわなければ切り抜けないことも…。そんな時、相手の考えに耳を傾けることが、集団で生き延びていくためにどれだけ大切か…という気づきが、一人ひとりの心の防災袋づくりのきっかけになりました。

We can't ignore knowledge and common sense, but they don't always work in emergency situations. It may be somewhat unpleasant to stay in a shelter and share supplies with strangers, but we have to support each other. At such times, it is crucial to listen to others for the successful survival of all. These lessons we learned became an important first step towards preparing mentally for disasters.

 

そして別の機会でも、クロスロードが大活躍。こちらは、とある町の児童館です。

Here is a unique example of Crossroad workshop. This was at a local day care facility.

 

子育て中のママ達にレクチャーを、と引き受けたのはいいけれど、私は全くの子育て未経験者。知っているのは、子育てって完璧な答えがないってこと。

I got a chance to give a talk on child feeding to mothers of young children. Yes, I studied about it, but have no actual experience in it! All I know is that concerns in child feeding have no perfect answers or solutions.

 

答えがないんだったら、クロスロードにしちゃいましょう。ということで、みんなで子育ての悩みをうちあけて、それあるある!な問題を即興で作成。プレイゲーム!

No perfect answers…. well, why don’t we make Crossroad problems out of feeding concerns? First, I had mothers share their concerns. Then, we picked up typical ones and made instant Crossroad problems.

[caption id="attachment_19910" align="aligncenter" width="448"] ママ達とつくったオリジナルクロスロード問題。
Our original problem … During family dinner, your child doesn’t sit still. You try to teach her, but your husband stops you in order to enjoy the mealtime. Would you keep trying to make her sit still?[/caption]

 

Aちゃんママの失敗談が、Bちゃんママのお宝情報になったり、小難しい発達心理学の理論を、経験から語り出すママもいたり(しかも超わかりやすい!)。みんながモロに直面していることだからこそ、相手の気持ちになって聞いて、語れる、育児書にはない学びがありました。

It was very interesting. Practices that didn't work for a mother turned out to be a solution for another mother. What surprised me was a mother talking about a theory of developmental psychology out of her experiences! The topic was what everyone was facing at every day, which made each person listen carefully and share openly. After several trials, I saw smiles, relief and social networks among the mothers, which parenting books are unable to provide.

 

かなり聞こえよく書いてしまいましたが、どちらのワークショップも、実際はどうなるか、最後までわからなくて、ハラハラしっぱなしでした。思えば私のワークショップって、用意された道に沿って、用意された答えに向かってゆくスタイルだったのに…。

Don’t they sound like successful workshops? As a matter of fact, I was almost lost during the workshop… I wasn’t sure where we were and couldn’t predict where we were going. My workshops were not like these. I always had thorough outlines to lead to prepared conclusions.

こんなでいいのかなぁ…調べてみたら、ワークショップのもともとの意味は「作業場」…新しいモノを作り出す空間。軽い気持ちで引き受けたけれど、私はその「新しいモノ」をみんなで作り出すリーダー…たいそうな役でした。確かに、期待していなかった気づきや学びはあったけれど、場の雰囲気を感じとって、指揮をとれたらもっとよかった…。

What happened to me...? I looked up “workshop” in dictionary and knew it originally is a space to create something new. Okay, I, as the facilitator of the workshops, was a leader of CREATION. Whew.... what a role! So it was okay to reach unexpected outcomes, but it would be nice if I could sense the mood in the room and lead the workshop.

 

初めて会うみんなの前に立つと、期待や、不安や、ドキドキや、威圧感まで、みんなのいろんな気持ちの風船がパンパンにふくらんで、会場がはちきれそうなのを感じます。だから、ネガティブな風船は外に逃がして、いいやつを大きくしようと必死になってしまいます。

When I stand in front of a group of people, I always feel like the room is too full with everybody's emotions, like expectations and excitement, as well as uneasiness. Those emotions press on me so hard that I do my best to release negative sensations out and nurture positive ones.

 

みんなの気持ちに色がついていたらいいなと思います。でも見えないからこそ、「一体感」は生まれるのかもしれません。そして、その見えないものが、「用意されていなかった」学びや気づきを生み出すのかもしません。

I sometime wish all the emotions had colors so that I could see them. But if visible, maybe we wouldn’t feel the sense of unity. And the invisible stuff might be what produces “unprepared” lessons and learnings.

 

勢いで飛び出してみたら見えてきた「見えないモノ」。ひとつ歳をとった私の、大きなテーマになりそうです。

Another journey to find out the invisible stuff has just started. Hope to see some progress by my next birthday.

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への4件のフィードバック

村嶋さん、がんばっていますね!

私たちCoSTEPの実習チームも、明後日釧路で津波防災ワークショップを行います。

今年度の講義では、クロスロードの生みの親、矢守克也先生にも来ていただきました。

初めまして。本日初めて未来館を訪れた池野と申します。とても楽しい体験をさせて頂き、興奮冷めやらぬままホームページを探していたらこのブログを見つけ、楽しく読ませていただきました^^。

私は普段お茶などの効能を研究している者なのですが、たまたま執筆なさっている方が栄養や食物の専門家ということで、勝手に嬉しくなってコメントを残してしまった次第です^^;。

シブヤ大学というものも今まで知りませんでしたが、とても興味深いですね。ワークショップにも期会があったら参加してみたいなあと思いました。

長文ですみません。通りすがりではありますが、応援しています!

石村さま

CoSTEPの防災コミュニケーション実習、とてもタイムリーでいいですね!矢守先生の実習レポートを拝見しましたが、「伝わる」防災教育の必要性をずっしりと感じました。津波防災ワークショップのレポートも楽しみにしています。

ムラシマ

池野さま

未来館を楽しんでいただいて、とてもうれしいです!未来館で栄養士は異色ですが、毎日新しいことを楽しく学んでいます。お茶のカテキンの研究に少し関わっていたことがあり、お茶はいろいろな種類を愛飲しています。今度いらした時には、ぜひいろいろ教えてください。

シブヤ大学は、私もブログで公開したイベントを通して知ったのですが、活動の幅が限りなく広く、私もぜひ参加していきたいなと思います。(いつかお会いできるといいな!)これからも、未来館とこのブログを、よろしくお願いします。

ムラシマ

コメントを残す