昆虫サイボーグ研究に賛成ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは。蓮沼一美です。

未来館5階の展示「ともに進める医療」にある「エンドクサ(良識あるみんなの考え、という意味)」のコーナーでは、6月12日~7月31日に、「昆虫サイボーグ研究」について賛成か反対か、来館者のご意見を伺いました。

「昆虫サイボーグ」とは、飛行をコントロールする機械(電子回路ユニット)を取り付けた昆虫です。無線で送られた命令は、電気信号として昆虫の脳や神経などに送られ、羽や足の筋肉が動きます。昆虫の飛行メカニズムの解明と、それをコントロールするシステムを開発できたことで、飛行の開始・停止、上昇・下降、左右への方向転換、円を描いて飛ばすことに成功しました。昆虫が飛行する様子や「昆虫サイボーグ」の研究については、こちらからマイナビニュースの記事をご確認ください。

「昆虫サイボーグ」は次の目的を達成するために、研究されています。

(1)救援      :災害や事故の現場など、人が入るのに危険な場所での調査

(2)セキュリティー:事故や犯罪を未然に防ぐための監視モニター

(3)犯罪者検挙  :気付かれないように犯罪者やテロリストを追尾する

 

昆虫を使用するのではなく、今ある飛行機やヘリコプターを超小型にして、カメラを載せて無線でコントロールする方法もありそうです。ですが超小型になると、飛行機を飛ばすための航空力学が通用しなくなるので、うまく飛ばせなくなります。

また、全部を機械で作ると、大きな電力を必要とするため、現在の小型電池では数分間しか飛ばせません。

そこで、うまく飛び回れて、エネルギー効率も極めて高い、昆虫の背中にカメラなどの機械を取り付けて、その飛行をコントロールする「昆虫サイボーグ」の研究が始まったのです。

この研究を行うことについて「エンドクサ」には、以下のようなご意見が寄せられました。

エンドクサブログ1

全体では「昆虫サイボーグ研究反対」という声が若干多く集まりました。

反対の理由は、生き物を人間が利用してはいけないという否定的な意見や、悪用への懸念の声が寄せられました。

 

【反対の理由】

「虫がかわいそう! (女性・12歳)」

「生命があるものを利用せずともサイボーグそのものを作ってほしいです。利用目的・考えはすばらしいと思うので、ぜひロボット開発を実現して下さい。 (女性・43歳)」

「プライバシー侵害の使い方が絶対される。法的な整備ができてから?? (女性・33歳)」

「本当は賛成だが、技術の拡大により犯罪につながることも (男性・27歳)」

アンケートを集計すると「10代以下」と「20代以上」で異なった結果となり、「10代以下」の反対意見が目立ちました。

エンドクサブログ2

 

「10代以下」の方から特に多く頂いたのは「虫がかわいそう」というご意見です。3割程の方から寄せられました。

一方、賛成の意見は「人命救助への期待」や「技術の発展のために昆虫を使うことは肯定する」などがありました。「かわいそう」という現実を受け止めた上での意見や、更なる可能性に期待する意見が印象的でした。

 

【賛成の理由】

「人間がいけない所に虫がいって1人でも多くの命がたすかるならいいと思う (女性・11歳)」

「さいしょは、かわいそうだと思いましたが、それで自分の家族が助かるのなら、賛成だと思ってしまいます。 (女性・30歳)」

「悪用などの想定にこだわって科学の進歩を止めることは、研究者を育てる環境をつぶすことだから。 (女性・48歳)」

「現時点では昆虫サイボーグ化が一番最適だと思う。いずれ、超小型ロボットでの実用化ができることを願う。 (男性・22歳)」

 

実は私も、初めて「昆虫サイボーグ」が飛行している映像を見たときに不自然さを感じました。そして同時に、昆虫が「かわいそう」だとも思いました。

しかし、昆虫サイボーグに限らず、私たちの生活は、生き物を利用することで成り立っています。例えば、洋服にはマユや毛皮、羽毛が使われています。食卓には肉や魚、卵が並んでいます。医薬品の開発では動物実験をしています。また動物園や水族館、釣り、乗馬も生き物を利用しているといえると思います。昆虫サイボーグはこれらと何が同じで何が違うのでしょうか。

反対意見の方へ問いかけると、「昆虫を無駄に犠牲にしないなら、研究を進めた方がいい」と考えを変える方もいらっしゃいます。

研究の目的や内容を理解するには、正確に情報をお伝えし、ともに考える場が必要なのかもしれません。

そして悪用への懸念は、すぐに解決策を見いだすことができません。私たちひとりひとりが最善策を考え、意見を出し合う中で、進むべき方向が見えてくるのではないでしょうか。未来をつくるのは、研究者だけではありません。研究の動向を見ていく中で、私も自分の考えをもち、イベント等の機会に研究者へお伝えしていきたいと思います。

 

「エンドクサ」の良いところは、他の方の意見を知った上で、自分の考えを伝えられることだと思います。今回も、他の方の意見に反応したご意見が見られました。

他の方の意見を知ることで、さらに自分の考えを深められることもあります。ここで取り上げられなかったご意見のいくつかは「エンドクサ」でご紹介しておりますので、ご興味のある方は、ぜひご来館ください。

 

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への5件のフィードバック

研究や、開発についてなんですが、研究方法論から、見直していくことが、研究に、なるんだとおもいますが。自然が、多い場所に昆虫います。人も、暮らしています。ミスなど許されないはずです。

正直申しまして、昆虫サイボーグは受け入れられません。命をもてあそんでいる。そんなふうにしか見えないです。たしかに私たちは他の生き物の命をいただいて生きています。食料として命を頂戴することも、繭や蜂蜜を使わせてもらったりもしています。でもそこにはいつも、「いただきます」の気持ちがあるように思うのです。肉牛を育てている方が言っておられたのを雑誌かなにかで拝見したのですが、「自分が手塩にかけて育てた牛が出荷されていくときは、いつも感謝の気持ちでいっぱいだ。私たちは愛情を込めて育てている。」だから、「いただきます」なのだと思います。でもサイボーグにされた昆虫に、「いただきます」、「ありがとう」と、彼らは声をかけているのでしょうか?

高杉信子様

ご意見を投稿くださり、ありがとうございました。
返信が大変遅くなり、申し訳ありません。

ブログの本文でご紹介した通り、アンケートの結果から、高杉様のように昆虫サイボーグを受け入れられないという方が半数を占めております。
昆虫サイボーグ研究に抵抗される方、反対される方のご意見も、社会や生物を大切に考えられており、もっともだと感じております。

ただ、この研究をされている佐藤裕崇先生(シンガポール南洋理工大学准教授)は、昆虫の命や生活を大切に考えていらっしゃいます。昆虫に飛行をコントロールする機械を取り付ける際も、熟練の作業技術で、昆虫に負荷を極力与えないように気を配っておられます。また飛行実験以外の時間は、昆虫は自由に活動でき、生殖活動も行えます。
佐藤先生は、実験を終えた昆虫にも感謝の気持ちをもち、飼育を続けていらっしゃいます。そのためサイボーグ化した昆虫も、していない昆虫とほぼ同じ寿命まで生きるそうです。

高杉様からのご意見から、昆虫サイボーグの研究に限らず、研究に反対の意見を持っていらっしゃる方には、多様な理由があることに気付かされました。
一般の方が研究者へ疑問を伝え、お互いの考えを共有し、研究の方向性について共に考える場の重要さを改めて感じました。
本当に、どうもありがとうございました。
これからも未来館は、研究者と話し合える場を作って参りますので、高杉様にもご参加頂ければ幸いです。

昆虫サイボーグという研究自体、私はあまり賛成ではないのですが、少なくとも(3)犯罪者検挙の研究だけは、絶対反対です。
サイボーグだって生き物です。殺虫剤をかけられれば死にます。「だから使い物にならなかった」という話で済めばまだましですが、研究費をつぎ込んでしまった場合、欠点がわかっていても使わないわけにはいかなくなります。すると、追われる側は対抗して殺虫剤をばらまくにちがいなく、下手をすると「枯葉剤」のようなことが起きかねません。
人間どうしの争いに他の生き物の命を巻き込むのは、もうやめてあげて下さい。

通りすがりの博士様

重要なご意見をくださり、ありがとうございました。
ご指摘の通り、できることなら昆虫を使わずに掲げた目的を達成できる方が、私も良いと思います。ただ現段階では、人工的に飛行体を製作する技術がないため、昆虫の力を借りて研究を行っており、実用化には、まだ時間がかかります。
昆虫サイボーグ研究は (1)救護、(2)セキュリティー、(3)犯罪者検挙の他にも、たくさんの可能性を秘めていると感じております。
そして研究者も、どうすれば社会に適応できるのか、日々悩みながら研究を続けています。
社会に適応させるためには、多様な方のご意見を伺ったり、議論を重ねる必要があります。
ぜひこれからも、通りすがりの博士様のご意見をお寄せ下さい。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントを残す