未来館にヘビを絡めてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  

  

みなさん、こんにちは!ぶっちーです!!

 

さて、今日はの続き、サイエンスミニトーク『進化しないわたしと進化するわたしたち』の内容についてです。

 

前回書かせていただいたように、相棒たちとミニトークをさせていただいております。

こんな感じです!!

20140320_ohbuchi001.JPG

 

......ん??

ぶっちーに巻き付いているあれは...例によって苦手な方は、続きをご覧にならないでください。

 

 

さて、続きを読んでくださってありがとうございます♪

 

このサイエンスミニトークでは、生物の進化現象について解説させていただいています。そして、ダーウィンが思い至ったように、地球上のすべての生物は進化によってつながっています。

例えば、ヘビとトカゲは系統的に近い生き物です。それを証明するかのように、現代にも脚の残ったヘビがいるのです。

 

それが相棒のボールニシキヘビです。

 

20140320_ohbuchi002.JPG

この種類のヘビには後ろ脚だけがのこっているのです。

※すべての種類のヘビにのこっているわけではありません。

 

20140320_ohbuchi010.jpg

実物の蛇足を間近で観ていただくことで、より理解を深めていただけたらと考えています。

20140320_ohbuchi004.JPG

 

 

 

なお、冒頭で相棒「たち」と書かせていただきましたが、オオグソクムシバージョンの『進化しないわたしと進化するわたしたち』もあります!

 

20140320_ohbuchi005.jpg

サバにかじりつく未来館のオオグソクムシ

 

こちらでは、やはり近い系統のダンゴムシと体のつくりを比較することで、生き物同士の進化的なつながりを実感していただきたいなあと考えています。

20140320_ohbuchi009.jpg

 

 

 

よかったら見に来てくださいね!♪

 

20140320_ohbuchi007.JPG

 

※このミニトークは、動物取り扱いの関係で、大渕のみが行っております。また、大渕自身の出勤の関係、動物の体調等の関係等々で不定期開催となっております。どうかご了承ください。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す