ちょっと先の未来の乗り物、UNI-CUBβ

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!

オバマ大統領の来館効果かどうかわかりませんが、ゴールデンウィーク中、未来館にたくさんの方が来てくれました。
そして、4月に新人SC(科学コミュニケーター)が入ってきて、仲間がたくさん増えました。新人SCの紹介は、本人たちに任せることにして、今回はSC以外の新入りをみなさんに紹介したいと思います。

それは、こちらのUNI-CUB β(ユニカブ ベータ)

20140510_sho_01.JPG

Hondaが開発したパーソナルモビリティ(一人乗りの乗り物)です。

もしかしたら、「UNI-CUB」(ユニカブ)という言葉、聞いた事がある方が多いかもしれません。(はじめて聞く方は、ぜひSCのブログをお読みください。)
http://blog.miraikan.jst.go.jp/cgi-bin/mt/mt-search.cgi?IncludeBlogs=153&tag=UNI-CUB&limit=20

実は、2012年6月から未来館で約1年半間にわたり実証実験を行っていました。
UNI-CUBを使って未来館でこんなことやあんなことをやりました。
http://www.honda.co.jp/UNI-CUB/demonstration/

1年半の間にほぼ毎日、SCが乗って展示フロアを巡回していました。しかし、それだけでは来館者の皆さんの意見が入ってこないので、実演や体験会もたくさん開催しました。ただの試乗だけではなく、皆さんにUNI-CUBに乗ってもらいながらの未来館ツアーや、新しい技術との関わり方を考えるワークショップも行いました。

こうした活動を通して、皆さんからたくさんの意見をいただくことができました。
そのおかげで、今のUNI-CUB βが誕生しました。

改めて、UNI-CUB βとUNI-CUBを見て、どこが違うがわかりますか?その違いはどういう理由からでしょう?ぜひ想像を膨らませてみてください。

20140510_sho_02.jpg

20140510_sho_03.jpg
2枚とも左がUNI-CUB β(写真提供:Honda)

大きな変更点はおもに3つ。
①コンパクト(小型・軽量化)になって、
②スタンドが付いて、
③フレンドリー(より周りと調和するデザイン)になった。

詳細はHondaのホームページ、またはSCのブログをご覧ください。
http://www.honda.co.jp/UNI-CUB/specification/
http://www.honda.co.jp/robotics/whatsnew/20131114/
http://blog.miraikan.jst.go.jp/other/20131129uni-cub--.html

いかがでしょうか?皆さんの想像と合っているのでしょうか。

未来館でUNI-CUBを見た皆さんや実証実験に参加した方からは、「もっと背の低い人でも乗れるといいな」「スタンドがほしい...」などの意見がたくさんありました。そんな、皆さんからいただいたアイディアを活かして発展したのが、この「UNI-CUB β」なんです。まさにUNI-CUB βは皆さんと一緒に作ってきた乗り物とも言えるでしょう。

それでも、UNI-CUB βは完成していません。これから皆さんから新しくいただく意見が、今後のさらなる開発に活かされていくでしょう。

ちょっと先の未来、
まだ見たこともないような新しい製品を手にする時。
そのとき、私たちはどんな生活をしているのでしょう?
そこに使われる技術には、今みなさんが持っている「こうなったらいいな」という願いが活かされているはずです。

そして、皆さんの思いやアイディアを取り入れて、新しいモノ作りをしていくことが今後もどんどん増えていきます。未来館では、これからも毎日UNI-CUB βを使って、乗り物の技術だけではなく、さまざまな先端技術と皆さんが出会う場を作っていきたいと思います。

ぜひ未来館に来てくれれば幸いです。

☆UNI-CUBβイベント情報:☆

UNI-CUBβ巡回

巡回時間:  毎日 11:30~12:30、16:00~17:00

http://www.miraikan.jst.go.jp/info/1404171116560.html

UNI-CUBβ実演

開催日時:  6月29日(日)までの土、日、祝日  12:40~12:55

開催場所:  日本科学未来館 3階ロボットワールド

http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1404231516584.html

20140510_sho_04.JPG

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す