ラボたんけん!②知らぬ間にあなたも工夫している"コミュニケーション"

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは人と話す前に

【何を見て、何を判断して、どういう風にコミュニケーションをとっていますか?】

 

誰にとっても関係のある【コミュニケーション】

コミュニケーションがうまくいかなくて

悩むことも少なくないはず。

 

毎日たくさんの方とお話をする科学コミュニケーターも、同じ悩みを常日頃かかえています。

 

普段何気ない「会話」の中にどれだけ人は複雑な作業をしているのでしょうか?

 

未来館の研究棟で活動するインタラクション理解プロジェクト( 国立情報学研究所/坊農研究室)では、このように人びとの"会話"に注目し、からだの動きや発話から、"彼らは何をしているのか"を知ろうと研究しています。会話中に起きていることを、細かく、さらに細かく、"見て"いきます。

 

先日、坊農研究室の実さんを講師にお招きして、未来館のスタッフ向けの勉強会をしていただきました。

 

【会話を「詳細に」見る?】

「"詳細に"見る訓練をしてきました」

re_ochiai-bonolab1.jpg

勉強会の冒頭に、城さんからこのような自己紹介がありました。会話を詳細に見る手がかりはいろいろありますが、城さんは中でも『ジェスチャー』に注目。

同じタイミングで同じジェスチャーをする2人や、大勢の前で話す人の手の動きなど、ジェスチャーを細かく、細かく見ていくと、その場にいる人たちの関係性や状況を垣間見ることができます。

他にも話の間、相手との距離、視線、体勢を詳細に見ることで、その人のコミュニケーションスキルに気づくこともあります。例えば、インタラクション理解プロジェクトは、未来館の科学コミュニケーターと共同で、展示フロアでの対話活動の分析を行っています。

 re_ochiai-bonolab2.jpg

わたしたちの何気ない会話を対象に研究を行っているインタラクション理解プロジェクト。意外にも、演劇やアンドロイドのようなロボット研究にもつながっています。城さんからは、このように会話を細かく分析していく研究が、どう他の研究とつながているかもお話しいただきました。

例えば、演出家が役者にどのように演ずるかを指導するとき。演劇の中で「自然に会話しているように見せる」ためには、演出家は自然な会話の流れや動きを細かく役者に伝える必要があります。演出家の平田オリザさんは、自然な会話を演出する名手です。彼の会話の演出は、城さんたちの分析手法のように、ジェスチャーや話の間、距離、視線、体勢について、事細かに描写されています。

また「人間らしさとは何か」を追求するアンドロイド研究。アンドロイドと人間の会話のぎこちなさを逆手に、人間同士の何気ない「会話」の中にどれだけ人は複雑な作業をしているのかを知ることができます。会話分析からわかる「複雑な作業」をさらにアンドロイドに還元することを繰り返すことで、どんどんアンドロイドは人間っぽくなるのでしょう。

【改めて考える、さまざまなコミュニケーターのスキル】

城さんからいろいろとお話を伺っていく中で、わたしたちの関係性は、会話の中のちょっとしたしぐさやことばに表れることが分かりました。

その上で、さらに興味深いのは、これらの研究がこれまで明示的でなかったいろんなコミュニケーションのプロのスキルを明らかにできるかもしれないということです。その職業の人が身につける特有のコミュニケーション技法を、ことばにし、他の人たちにも説明できる日が来るかも知れません。

re_ochiai-bonolab3.jpg

(上の写真:展示フロア以外でのやりとりも見ながら、科学コミュニケーターのコミュニケーションを包括的に見ていきます。)

コミュニケーションのプロというと、ちょっと大げさに聞こえるかも知れませんが、身近な例ですと子どもをあやすお母さん、ちょっと感じのいい店員さんもそうですよね。

 

【みんなも体験できる、ジェスチャー研究!】

さて、先日のセミナーでのお話をしてきましたが、

ちょっとでも興味を持たれた方、チャンスです!

 

未来館では、8月22日~24日の3日間、研究棟に入居する11の研究室にふれあうイベントを行います。その中で、インタラクション理解プロジェクトもワークショップを行います。

 

Miraikanオープンラボ2014~研究者の"秘密基地"を探検しよう!~

ワークショップ:「おしゃべり研究所」

内容:

親子、友人、恋人・・・わたしたちの暮らしの中では、いろんな「2人組」があります。ふだん何気なく話をしている中で、ジェスチャーや身体の距離を使って、相手にいろんなメッセージを送り合っています。このイベントでは、2組でいくつかのワークに取り組んでいただき、その様子をビデオで撮影しながら、会話の中で出てくる2人のいろんなジェスチャーの分析を解説しながらご紹介します。2人のきずな、仲の良さはどんなところに表れているのかを探ります。

講師:城 綾実 (坊農研究室)

 

講師:国立情報学研究所 城実氏

日時:8月24日(日)14:00~15:00

場所:日本科学未来館 4F坊農研究室

申し込み:事前申し込み制(くわしくは、こちら

 

ぜひぜひ、仲良しの「2人組」で、ぜひご参加ください!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す