あなたはテレサ?それとも...?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は私の同僚を紹介します。

同期入社の志水君です。

telesar_20150123_01.jpg

どもー。

え?志水君じゃない?志水君ってほら、あの熱血の!って?

telesar_20150123_02.jpg

ミニトーク中の志水君。

あー。でも、志水君なのです。

telesar_20150123_03.jpg

ほら。

正確に言うと、最初の写真は志水君が操作しているテレイグジスタンスロボット「テレサ」の写真。

・・・そうですよね、「じゃあ志水君じゃないじゃない!」って言いたいですよね。

でも、志水君なのです。(しつこい。)

「どういうこと?!」

まーまー、落ち着いて。順番にご説明します。

telesar_20150123_04.png

まずは、テレサについてご紹介。テレサは慶應義塾大学大学院メデイアデザイン研究科の舘暲研究室で開発されたロボットです。

何ができるかというと、離れた場所にあるテレサを自分の分身のように操作できます。そしてテレサが見ている映像、テレサに聞こえている音がリアルタイムで伝わるだけでなく、テレサが触る物の「触感」までもが自分に伝わってきます。

telesar_20150123_05.png

まさにテレサを操作すること。舘研究室の特任助教チャリスさんがレクチャーしてくださいました!

テレサを自分の分身のように操作するためには、そして、テレサの視覚、聴覚、触覚を伝えてもらうためには、いくつかの装置を身につける必要があります。

では、いざ装着!

telesar_20150123_06.jpg

まずはベストを着て・・・

telesar_20150123_07.jpg

グローブを着けて...

telesar_20150123_08.jpg

ヘッドセットを着けます。

このベストやグローブ、ヘッドセットにはモーションキャプチャという人の動きを捉えるためのセンサーが取り付けられています。また、このグローブをつけるとテレサの指先の感覚が伝わってくるようになっていて、このヘッドセットを着けるとテレサが見ている映像が見え、テレサが聞いている音が聞こえるようになっています。

このあと、志水君とテレサを同期して準備は完了。

志水君:わー!フック船長だ!

ヘッドセットの隙間から見える自分の上腕と、テレサの前腕がぴったりと重なってつながっているように見えるのだとか。

実際にその感想を言っている志水君とテレサの動きを動画でご覧ください。

(ぎごちないとか好き勝手な感想を言っている低い声は松浦です。)

テレサと志水君が同じ動きをしていることがわかるかと思います。

他にも志水君が操るテレサと握手をしたり・・・

telesar_20150123_09.jpg

ETごっこをしたり・・・

telesar_20150123_10.jpg

まるでそこには「志水君」がいて、私たちの動きに反応を返しているようでした。

目の前にいるのは確かにテレサというロボット。でも、それは「志水君」なのです。

telesar_20150123_11.jpg

あなたはテレサ?それとも志水君?

一方、志水君も今までにない様々な体験をしていました。

1つは、目の前のものをつかむのには「触感」がとても大事、ということ。

テレサの指の先の感覚が操作する人に伝わるようになっていますが、握手は手のひらの触覚が伝わらないので、あまり握手しているという実感がなかったそう。一方、コップを持ったりコップの中身を移したりするときは、実感があったそう。

そしてもう1つは、自分の背中を見る、という体験。

テレサを操作して自分の髪の毛を切る。舘先生がしてみたいことの1つなのだそうで、もしやるとしたら、と動きを見せてくれました。

(カメラのこちら側で、松浦が手を後ろに回して髪を切る仕草をしていました)

動画の最後のコメントがポイントです。

志水君:こいつ誰やねん

(いや、君やで。)

後で彼はさらにこう言っています。

自分の後ろ姿をリアルタイムで見たことがなかったから、他人を見ているような不思議な感覚になった。

自分自身とテレサのどちらが自分?と聞かれたら、テレサの方が自分、と答えてしまうと思う。

telesar_20150123_12.png

Virtual Reality(バーチャルリアリティ)、という言葉を聞いたことがあると思います。日本語では「仮想現実」と訳されることが多いこの言葉。仮想、とは事実ではないことを想定すること。しかし、バーチャル、という言葉は、違う意味を持ちます。

「見た目は違うけれど、実物と効果が一緒だったり、本質的な要素を持っているというのがvirtualの意味なんです。」

(舘暲先生 JSTNews2011年2月号より)

志水君が体験した感覚と私が体験した感覚。

離れたところにいるのに、自分はまるでその離れたところにいるように感じる。

目の前にいるのはロボットなのに、まるで志水君がそこにいるみたいに感じる。

これぞ、まさにバーチャルな世界の始まり。バーチャルリアリティが日々の生活に浸透したらどうなるのでしょう。

この感覚、ぜひみなさんにも感じて欲しい!

そして日々の生活にテレサがあったら、何をしたいか想像してほしい!

というわけで、常設展示3階のメディアラボで、テレサの実演を始めました!

みなさんにテレサを操作するということは体験していただけませんが、テレサを通じてテレサを操作する人とコミュニケーションを取ることができます。実演を実施する日時が限定されていますので、要チェック!

テレサと一緒にお待ちしています。

telesar_20150123_13.jpg

待ってるよ―。

------------------------------------------

テレイグジスタンスロボット テレサV 実演日程

テレサVは以下の日程で実演を行います。

日程: 2015年1月24日(土)、2月14日(土)、2月21日(土)、3月7日(土)、3月21日(祝)、3月28日(土)、4月18日(土)、4月25日(土)、5月9日(土)

時間: 各回とも13:00~13:30

詳細はこちら

関連番組:NHK総合 NHKスペシャル「NEXT WORLD」 1月25日(土)21:00~放送

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

これサロゲートそのものですね!
次は歩き回れるようにする計画はないんですか?

吉田和人さま

コメントありがとうございます!

サロゲート、私は見たことがないのですが、
遠隔操作できる自分のアバターが存在する、
という意味では同じかもしれませんね。

歩き回れたら素敵ですよね。
ぜひ、これからも舘研究室の研究に注目していてください!

コメントを残す