中国・北京見聞記①  なぜ往復の時間が違うのか?China records (1) - What causes the flight time differences?

このエントリーをはてなブックマークに追加


行ってきました、中国・北京!
We visited Beijing, China!

20160610_shimizu_01.jpg(左端が筆者、左から3番目が毛利館長)
(1st from the left is me, 3rd is our chief executive director Dr. Mohri)

こんにちは、志水です。
北京に向かったのは、科学コミュニケーターの志水・古澤を含む未来館のスタッフ。去る5月18日~20日に開催されたアジア太平洋地域の科学館スタッフが集まる「ASPAC2016」に出席するためです。
Hi! I'm Masa.
We, science communicators, K, Chen, and me visited Beijing to attend the annual ASPAC (Asia Pacific Network of Science & Technology Centres) conference from 18th to 20th May.

今回からシリーズで、北京での体験をご紹介しましょう。
1回目は、東京から北京に飛んで感じた「飛行機のミステリー」をお送りします。
Let me share my experiences in Beijing.
Today is "Flight mystery" from Tokyo to Beijing.

20160610_shimizu_02.jpg

(東京・北京間は約2,100km。)

20160610_shimizu_03.jpg
写真は、飛行機のスケジュール。
注目してほしいのは、移動にかかる時間です。
東京から北京までにかかる時間は2時間50分。一方、北京から東京までは4時間20分です。
Here is my schedule.
Flight times are different between "from Tokyo" (2h 50m) and "to Tokyo" (4h 20m).

志水:「あれ?なぜ行きと帰りでかかる時間が異なるのだろう・・・?」
Masa:"What causes the difference?" I wondered.

その答えの一つは、北京に着いてから分かりました。
スケジュールに書かれていた出発時間と到着時間は現地の時間。東京と北京には1時間の「時差」があるので、時差を補正しないと移動そのものにかかる時間は計算できないのです。
I discovered one answer when I arrived at Beijing. The departure time and arrival time on the schedule was the "local time". We must take into account the "time difference" (1h) to calculate exact flight time!

志水:「なーんだ時差のせいか。じゃあ、実際に移動にかかる時間を計算しなおしてみようか・・・」
Masa:"OK, the time difference caused the mystery. Let's check the exact flight time..."

20160610_shimizu_04.jpg

あれ?今度は北京から東京に帰るときの方が30分短くなってしまいました。
何か別の要因があるようです。
Compared to going to Beijing, it takes 30 minutes less when I return to Tokyo.

行きと帰りで飛行経路が異なるのか?あるいは、空港の周りで滞留する時間が異なるのか?有力な答えは、日本航空のHPにありました。
What causes this?
Flight route? No.
Staying time around airports? No.
I found the answer on the JAPAN AIRLINES website.

東京や北京がある中緯度帯では、西から東に向かって「偏西風(ジェット気流)」という風が吹いています。「風」といってもあなどるなかれ、その速さは時速360kmにもなり、飛行機の速さがだいだい時速800~900kmとされていますから、3分の1よりも大きいことになります。
On the mid-latitude including Tokyo and Beijing, there is the strong wind called "Westerlies". The speed of westerlies is 360km/h, faster than one third of airplane (800-900km/h).

国際線の飛行機が飛ぶ高さは、ちょうどこの偏西風が吹く高さである地上10,000m付近であることが多く、そのため飛行機にとっては、東京から北京に行くときは向かい風、北京から東京に行くときはその逆の追い風になるわけです。季節や偏西風の位置にもよりますが、この強い風が約2,000kmにもわたって吹いているときには、30分もの差が生じることもあるのです。
International flights often fly at an altitude of 10,000 m, the same altitude of westerlies. That means westerlies are headwinds for flights from Tokyo to Beijing, and tailwinds from Beijing to Tokyo. It causes 30 minutes difference depending on the seasons and the locations of the westerlies.

「時差」と「偏西風」という2つの要因を理解して初めて説明ができる、移動時間のミステリーでした。
The mystery was caused by the "time difference" and "westerlies".

ちなみに、日本と中国の時差を調べる過程で、予想外の事実に気がつきました。
それぞれの国で、どの場所を基準にして標準時を決めるかという話です。
By the way, I discovered a surprising fact when I checked the time zone and standard times.

日本では、兵庫県明石市などを通る東経135度を基準として時間が決められています。日本列島の真ん中やや西寄りといったところでしょうか。
Japanese standard time is based on 135 degree of east longitude, a little west from the center of Japan islans.

20160610_shimizu_05.jpg

一方、中国では、東経120度を基準とした時間が全土共通で使われています。さあ、東経120度はどのあたりでしょう?
On the other hand, Chinese standard time is based on 120 degree of east longitude. Can you guess where the "120 degree line" on a Chinese map below?

20160610_shimizu_06.jpgどこが東経120度?
Where is the "120 degree line"?

実は、中国の東の端、沿岸部の都市が並ぶあたりが東経120度なのです!なので、中国の西部では私たちの想像以上に「遅く日が昇り、遅く日が暮れる」ことになります。
The line is on the east edge of China! In the western area of China, the sun rises much later than we imagine, and sets much later.

中国西部を旅行したことがある同僚・谷からはこんな話を聞けました。
が学生時代、同じ中国国内でも西のインドやパキスタンとの国境に近いチベット西部を訪れた時のこと。ちょうど「秋分の日」の頃で、昼も夜も約12時間ずつなのですが、夜は8時過ぎまで日が暮れず、朝も8時過ぎまで日が昇ってこなかったそうです。谷が訪れた地域の東経は、基準から約40度も離れた80度前後。こんな違いがあるのですね。
Aki, my colleague who likes overseas trips, told me the story below.
He visited western Tibet, close to India and Pakistan, in his schooldays. It was the Autumnal Equinox Day, one half day is night, and the other half is day. On that day, the sun didn't set till 8 p.m. and didn't rise till 8 a.m. Western Tibet is located on 80 degrees east longitude, 40 degrees more western than standard time line. This gap caused the phenomenon.

20160610_shimizu_07.jpgこんなにも端っこ
This is the answer!

海外旅行の際には、「時差」と「偏西風」に着目して、地球の大きさを感じてみてくださいね。
I recommend you to "feel" the size of globe by focusing on "time differences" and "westerlies".

さて次回の記事では、文化の違い、特に交通の違いを比較します。近くに思える北京だからこそ、東京との違いがはっきり見えました。お楽しみに!
Next, I'll compare the Japanese and Chinese cultures, especially traffic. I discover many differences. I hope you to read my next blog!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

This is nice. I always thought our timeline is based on the local time of Beijing. In oral Chinese, we call it Beijing Time. Maybe we should refer to it as China Time. Anyway, look forward to your next article.

Thank you for your comment

I was surprised when I found timeline is based on "Beijing Time". I learned each country has each background about timeline. Hope to check other cases in huge countries like U.S. and Russia.

In Japanese(日本語で)
中国の方と思われる方からコメントをいただきました。
「話し言葉では『北京時間』と言っているが、『中国時間』と呼ぶべきなのかもね」とのことです。

それぞれの国には標準時を決めた背景があります。みなさんも、世界各国(例えばアメリカやロシアのように国土が東西に広い国)の標準時の背景を探ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す