声に出して読みたい科学

このエントリーをはてなブックマークに追加

声に出すのは恥ずかしいなー

そう、お思いのあなた! ちょっと待ってください。この話、聞かぬは一生の恥、ですよ。

だっていま電車の中でこのブログ読んでるし・・・

まぁ、そう言わずに。

大声でなくていいので、騙されたと思って読んでください。声に出してみて初めて気づくことって、結構ありますよ。

それではいってみましょう。

 

まずは「初級編」です。

 

日本科学未来館

 

はい。もう少し大きな声で。

 

日本科学未来館

 

どうもありがとうございます。

 

「ニホン」ではなく「ニッポン」と読むのがポイントですね。

 

ニホン、チャチャチャ!

 

では、なんだか壊れたメトロノームみたいで、テンポつかめてない感じです。

 

やはり、

 

ニッポン、チャチャチャ!

 

に限ります。

 

ニッポン、チャチャチャ!

 

ニッポン、チャチャチャ!

 

ニッポン、科学未来館!

 

いかがでしょう。顎の筋肉はほぐれましたか? これで準備運動はおしまいです。

 

 

それでは「中級編」に参りましょう。

 

ご一緒にお願いします。

 

せーの

 

自発的対称性の破れ

 

やや長いですが、息つぎなしで読んでください。

 

もう一度いきます。

 

自発的対称性の破れ

 

ぜんぜん意味わかんないですね。今は音読することに集中してください。意味は二の次です。ここではイメージだけお伝えしておきます。

 

自発的対称性の破れ

 

なるほど。「対称性」が勝手に(=自発的に)破れている、というわけですね。

 

なぜだか、どこかで見たことある気になってきました。もう大丈夫。

 

声に出すときは、自発的ではなくあなたが対称性を破るのがオススメです。

 

では、「対称性」と書いた紙をビリッとちぎり捨てるイメージで、もう一度声に出してみましょう。

 

準備はよろしいですか?

 

息を深く吸って~

 

自発的対称性の破れっ!

 

ちょっと力が入ってしまいましたね。

 

現代物理学によると、自発的対称性の破れは弱い力で起きているとされています。音読では、強い力で破っていただいてOKです。

 

意味は分からなくとも、スッキリ爽快。テンションも上がってきました。

 

 

いよいよ「上級編」です。

 

ここまで、ちゃんと声に出してお読みいただいたあなただけに贈る、スペシャルコンテンツです。

 

どうぞご堪能ください。

 

いとおか市

 

ん? どこ? 何県にあるの?

 

些末なことは気にせずに、無心で声に出してください。

 

いとおか市

 

枕草子を感じさせる、豊穣な響きが聞こえてきませんか?

 

上級編では文字をただ読むのではなく、詠んでください。

 

ここまできてもわからないあなた。ちゃんと、声に出せばわかりますよ!

 

次が、最後のチャンスです。

 

「いと」と言ったあと、50ミリ秒ほど間をとってから「おか市」を読むのがコツです。

 

いとおか市

 

大声ではなく、はんなりと、読んでくださいね。

 

声に出して読むとわかる奥ゆかしい世界。伝わりましたでしょうか?

 

 

未来館では今年8月21日(日)に新規展示「2050年くらしのかたち」をオープンします(未来館の公式サイトのお知らせページはこちらから)

展示テーマは「ひとりひとりの願いがつくる未来のくらし」。 2050年の街を散策して持続可能社会をつくるライフスタイルと、それに必要な科学技術をともに考える展示です。嶋田も企画に携わりました。

 

常設展示「2050年くらしのかたち」

舞台となるのは2050年の架空の街「いとおか市」。

えっ?

そう、「いとおか市」は展示に出てくる架空の街の名前だったんですね。2050年の未来と平安時代がこんなところで出逢いました。

 

来たる8月6日・7日に、友の会会員のみなさまを対象に、この展示モニターテストを行います。お披露目前の「いとおか市」に限定30名様ご招待です。

まだ定員に余裕がありますので、ぜひこの機会に未来館の展示づくりに参加してみませんか?

7月22日(金)締切です!

あ、これは声に出さないほうがいいですよ。もし、耳にした人が応募して、定員でも超えようものなら、抽選になってしまいますからね。

申し込みは、友の会ページにある「新展示のモニター募集!『技術革新と未来』」よりお願いします(申し込みには会員番号または仮会員番号が必要となります)。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

「自発的対称性の破れ」イメージはばっちりです(笑)

何事も興味をもってもらうためには最初のつかみが大切ですね。

(これで少し論文を読んでみようと思えました)

短い感想、失礼しました。

イメージが伝わったようで、なによりです(笑)

英語ではSymmetry Breakingですので、破るというよりは「壊す!」というニュアンスかも知れませんが。

コメントを残す