UNI-CUBを見に来るべき10の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車や人型ロボットASIMOの会社Hondaから、一人乗りの新しい乗り物、UNI-CUBが発表されました!

ユニカブと読みます。ユニキャブじゃありません!

Uni-cycle(一輪車)、Unique(他に類のない)、Universal(万人の)からのUNI + Hondaの庶民的なバイクとして普及したCUBUNI-CUBです!

その見た目と動きはまるで未来の乗り物のよう。

否、未来ではなく、現代に誕生です!

そんなUNI-CUBをみなさんに絶対見てほしい10の理由を、科学コミュニケーターの独断偏見でご紹介です。

1. ハンドルがない!

座って、体を傾けるだけでその方向に進んでくれます!

前進後退旋回 も自由自在です!

両手も空いているので、パンフレットを持って科学館の中を移動したり、飲食店で注文した物を持ったままカウンターに移動なんてこともできそうです。

真横移動もできます!

 

2. 優れたバランス感覚!

一輪車なのに、こがなくても倒れないのはASIMOで培ったバランス技術のおかげ。UNI-CUBの原理はホウキ遊びと同じです。乗っている人(ホウキ)が体を傾けたとき、倒れないようにUNI-CUB(ホウキを支える手)が動く=傾けた方向に移動するしくみです。

ア~ンド!立派に独り立ちしています! 人が乗っていなくても、UNI-CUBが自身でバランスをとり、誰も支えていなくても立ったままでいられるのです!

 

3. 秘密はHOTなしくみ!

そんな不可思議な動きを可能にしたのはHonda Omni Traction Drive System、通称HOTドライブシステム

Honda | UNI-CUBのサイトより。←動画も見られます。

タイヤはいわば数珠のような形。小さいタイヤが整列し、大きいひとつのタイヤを形づくっています。数珠全体(大径車輪)が回転すると前後に進め、珠(小径車輪)のひとつひとつが横方向に回転すると左右に進めます。

ちなみに、後ろの小さい車輪は旋回するための補助輪です。バランスをとったり、進んだりする動きはメインの大径&小径車輪だけ成し遂げているんです!

4. 誰でもすぐに乗れる!

手でつかむところがないため、今日の発表会では、どの記者の方も最初は不安そうなのですが、2~3分で見事に乗りこなし、8の字走行までしていました。一輪車のような特訓は必要ないんです。

5. スマフォで操縦できる!

おまけにスマートフォンでタッチパネルをなぞるだけでも操縦できます。乗り手ではない人も操作できるので、展示場のツアーなど、いろいろな使い道ができそうです!

6. 人と一緒にいる自然さ!

UNI-CUBの大きさは約52×35×75 cmでちょっとした細身のイスぐらい。

最高速度は時速6 km大人の早歩きぐらいです。

足を簡単につくことができ、両手も自由で、乗ったときの視線の高さは立っている人と同じくらい。周りの人との間に境界がない初めての乗り物と言えます。


 

7. Hondaと未来館が共同実験!

UNI-CUBは図書館、空港、ショッピングモールなど、人がたくさん集まる施設での利用が考えられています。そこで、商品化の前に、安全性を確認し、利用シーンを考え、新しい乗り物を社会から認めてもらうため、未来館で実証実験をします。科学コミュニケーターがUNI-CUBに乗って走行デモンストレーション展示解説をする予定です!

8. とにかく楽しい!!

何の役に立つかも大事ですが、試乗された方が口を揃えて言っていたのは「楽しい!」です。オフィスからオフィスへの移動、空港で荷物検査から搭乗口までの長い歩き、大型ショッピングモールであちこちに迷う買い物。そんな何気ない、ともすれば、煩わしい日常の移動も、UNI-CUBは心地よいシーンに変えてくれる予感がします。

9. 今のところ、見られるのは未来館だけ!

実証実験は未来館が第一号です!

6月中にみなさんにお披露目できると思いますので、詳しい日時は今後の発表に注目してください!

10. みなさんも乗れるかも!?

まずは未来館のなかでUNI-CUBを使い、どのような使い方をすれば、より安全で、より快適で、何より誰もがより楽しいのかを探っていきます。来館者のみなさんも、UNI-CUBが身近にある光景について、ぜひ、ご感想をお聞かせ下さい!Honda&未来館のUNI-CUBチーム一同、みなさんのご意見をお待ちしております!

科学コミュニケーター坂巻、野副、田端、小林

(小ネタ)

なんと記者会見中に、Hondaの技術者さんが「すみませんっ!バッテリーが上がりました!」と慌てて知らせてきたので、「エェェェェェェェッ!!!!UNI-CUBの駆動時間はまだまだだし、替えのバッテリーもあったじゃないですか!」と思っていると、なんと、スタッフのみなさんが未来館まで来た車(ステップワゴン)のバッテリーが上がったとのこと(笑) こんな愉快な掛け合いをしてくれるHondaのみなさんと一緒に、楽しい乗り物を、楽しくみなさんに乗ってもらえる日を目指しています!

リンク

HONDA | UNI-CUB

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への8件のフィードバック

おーっ、これすっごく乗りたいです!

でもブレーキあるんでしょうか? ブレーキなかったら人ごみで使うなんてとても無理って感じがするんですが。

吉田和人さま、コメントありがとうございます!

確かにご指摘の通り、ブレーキないと心配かもしれません。

し、か、し、UNI-CUBにブレーキはありません!

でも、心配は無用です。

UNI-CUBは、前に体を傾けると前進しますが、体を少しでも戻すとすぐに減速し、直立(直座?)の姿勢になると停まります。

リアルタイムな体の傾きがスピードと進む方向に反映されまるのです。

ブレーキの壊れた自転車のように、スピードがついたら、慣性で停まらないということは起こりません。

また、他のパーソナルモビリティと違い、すぐに地面に足をついて停まることができる点も、安心感を高めています。

文章で表現するのがヘタクソで申し訳ありません。

実際に吉田さま自身の目で確かめていただければと思いますので、続報をお待ちください。

先日未来館にお邪魔し、UNI-CUB見てきました。 床の 上を、滑らかに移動するのを見て、感動しました。

 その際も幾つか質問したのですが、また疑問が。

 UNI-CUBは、健康じゃないと乗れないのでしょうか? くしゃみ、咳(しゃっくりにも?)に反応して動きそうなので...。

 それくらい敏感に反応してましたね。(またがったまま、居眠りしてしまうと、大変な事に...。)

kuraさま

コメントありがとうございます。くしゃみ、咳。素晴らしい視点です!

「さすがに、それぐらいじゃ大きくは動かないんじゃ・・・」と思いつつも、そこは実証実験。試してみました!

同僚の本田(Hondaじゃないです)に試してもらったところ、大きなクシャミ&咳は、前屈みになり、重心も前に移動するため、1mほど前進しました!

kuraさまの予想通りでした!

しかし、ちょっとクシャミや咳がでる程度の体調なら乗ることができます。

「あ、クシャミ(咳)が出そう」と思ったら、足をつくことで防げますので。

ともあれ、UNI-CUBに限らず、風邪を引いているのであれば、乗り物ではなく、ベッドかお布団をお勧めします。

科学コミュニケーターがよくやるのは、御礼のお辞儀をして、そのまま前に進んでしまうパターンです(笑) 慣れてくると人馬(機)一体になり、足を地面から浮かせた状態が当たり前になってしまうんです。

するどいご指摘、ありがとうございました!

早速実験なさったのですね。 自分でも、半分冗談のつもりだったので、動いたのには驚きです。

 でも実物を見た時の、あの反応の良さを考えれば当然かも?

 冗談のような事にも、すぐ実証実験する姿勢に感動しました。 また、遊びに行きます。 よろしくお願いします。(お辞儀で進む<笑いました。)

kuraさま

返信が遅くなってしまい、申し訳ありません!

・・・実はですね、スマートフォン操作で、感度をコントロールできるんですよ!

感度を上げると、ちょっと傾けただけで動くようになり、感度を下げると、大きく傾けないと動かないようにも設定できるんです!

友の会会員様向けですが、試乗会も始めました。

http://www.miraikan.jst.go.jp/friendship/event/

kuraさま含め、みなさまからのご応募、お待ちしております!

なるほど、感度を変えられるのですね。 落ち着きのない子供が乗る時は、感度を下げてやればフラフラしないですね。

 ところで、もう一つ疑問が。 例えば空港などで、子供をおぶったお母さんが、UNI-CUBに乗っていたとします。 前に向かって進んでいるところを、背中の子供がみやげ物の玩具に向かって、手を伸ばしたとします。 横に進むのでしょうか?

 想像すると、真横の場合は動かない気がしますが、斜め前方には動きそうな気が(角度が浅ければ)。

 どうなのでしょう?

本日uni-cub体験いたしましたとっても楽しかったですありがとうございました。
貴重な体験をさせていただき感謝しております。

体験してみてギモンに思ったことがありますので質問します。
重力の影響なのか、降りたあとすごく足がだるく重く感じたのですが、
これはどうしてでしょうか?

例えば他の乗り物(車や電車)に乗って降りた後は、
このような足の重さを感じる事はありませんよね。

すごく不思議でたまりません。どうか教えてくださいよろしくお願いします。

コメントを残す