まもなく、わが子が旅立ちます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじまりは昨年のこちらの記事。

「アナタもなれる!(かも) 衛星の名付け親!」

水循環変動観測衛星「GCOM-W1」の愛称を募集しています、という同僚・小林の書いた記事に触発され、(小林には内緒で)愛称を応募したところ・・・・・・、

[caption id="attachment_14623" align="alignnone" width="300" caption="水循環変動観測衛星「GCOM-W1」(c)JAXA"][/caption]


なんと、採用されたのです!!!

その名は「しずく」。

応募総数20,998のうち、「しずく」と名付けたのは1,392人。一番応募が多かった名前だそうです。わたしもとうとう親になることができました(名前だけ)。

そして届いた認定証!

一生の宝物です。

 

しずくのかわいいところは、なんといっても大きな目。

[caption id="attachment_14627" align="alignnone" width="300" caption="(c)JAXA"][/caption]

 

この目、人間の目のように色を見ているのではなく、電波を見ています。

海の水や、土、木などに含まれる水分は、ミクロで見ると常にぶるぶると震えていて、この振動の影響で、わずかな電波が出ます。しずくはそれをキャッチして、土の水分量や海の温度を測定します。

地球をめぐる大きな水の流れ「水循環」の変化は、地球環境に大きな影響を与えますが、そのメカニズムはまだよくわかっていません。「しずく」の集めるデータは、まさにこの謎の解明に使われることでしょう!

 

しかも、この目の部分、一度になるべく広い範囲を観測するために、1.5秒に1回という高速回転をするのです!1分間に40回ですよ!YouTubeにiwamototukaさんが昨年10月に公開した動画をお借りして、回転のようすをご紹介します。

 

動画では模型が回っていますが、実物は重さ200キログラム、アンテナ直径2メートルもあります。これが5年間、一日も休まずに回り続けるのです。なんて健気なんでしょう!

 

わが子「しずく」を載せたH-2Aロケットは、5月18日(金)午前1時39分(17日木曜日の深夜)に打ち上げられる予定です。

もうすぐ旅立ちの時を迎える「しずく」。無事に軌道に乗れますように!!ああ、心配。

親が子を送り出すときってこんな気持ちなのでしょうか・・・・・・?

 

心配のしすぎでご挨拶が遅れました。みなさん、はじめまして。未来館4年目の寺村たからと申します。こんな親ばかですが、どうぞよろしくお願いします。

 

参考: JAXA「第一期水循環変動観測衛星『しずく』特設サイト」

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

「しずく」の名付け親なのですね!認定証良いですねぇ。

私も応募しましたが、残念ながら、選考から外れました。

「しずく」と同じ3文字で、女の子っぽい名前だったのですが。。。

無事に旅立てますように!

杉本さま

コメントをお寄せいただきありがとうございます!

杉本さんはじめ皆さまの応援のおかげで、18日未明、我が子は無事に打ちあがりました。

リフトオフのときには不思議に何も思わなかったのですが、しずくがロケットから切り離されるときには感動とともに切ないような心細いような。

しずくの開発や運用に関わる方々はどんな気持ちだったのでしょうか。想像もつきません……。

そして次の衛星はどんな名前になるのでしょうね!楽しみです。

コメントを残す