2012年ノーベル賞を予想する! やります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いえ、これまでもやってはいたのですが、今年からブログで皆さまに公開することにしました。

予想合戦に参加する勇気ある(怖いもの知らず?)の科学コミュニケーターは鈴木啓子、西原潔、ディミトリス、本田隆行、田村真理子です(このほかにも参加者が出るかも?)

ノーベル財団

事前の館内の予想会では

「○○先生を誰も挙げないの?」

「あまりに本命すぎて面白くないかと」

(何か趣旨を間違えている??)

 

実は昨年、ニョッキ小林こと小林直樹は生理学医学賞の受賞者としてスタインマン博士(樹状細胞の研究)をあげておりました。ただ、館内スタッフ向けのミーティングでの発表だけだったので、「当ててたんだよ~」と言ってもあまり説得力はなく……。

物理学賞のお三方についても林田美里が的中させていました。林田の場合、事前に詳細に解説したブログ原稿を仕上げていて、ノーベル賞発表の13分後に公開するということができたので、非常に大勢の皆さまに記事を読んでいただくことができました。

と、いうわけで昨年のこの体験を活かすべく、今年は事前に記事を公開し、的中していたら、すぐにこれを読んでいただこうと考えております。それに、たとえ、今年のノーベル賞は逃したとしても、皆さまにご紹介する価値のある研究だと考えております。

今夕から順次、公開していきます。お楽しみに!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す