ちょー簡単!最近話題の「シェールガス」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、「経済ニュース」の中に、

地質学で使われる言葉、シェール」を毎日のように見かけます。

シェールガス」というカタカナ語として、

みなさまの前に登場していますが、

あまり聞き慣れない言葉ではないでしょうか。

 シェールガスについての新聞記事

「シェール(shale)」は、日本語(漢字)で「頁岩(けつがん)」と書きます。

 

漢字にすると、少しは意味が推測できますでしょうか。

 

 「シェール」は、「岩石の種類」の名前のひとつなのです。

 

岩石の種類は、ざっくり言うと次の2種類に分けられます。

 

堆積岩(たいせきがん)

砂や泥などが積もって(堆積して)できた岩石

火成岩(かせいがん)

溶岩やマグマが固まった岩石

  岩石の分類

さらに堆積岩は、岩石を作っている粒の大きさで

泥岩(でいがん)、砂岩(さがん)、礫岩(れきがん)に分けられます。

(泥岩は粒が細かく、礫岩は粒が粗い)

堆積岩の分類

ここまでの分類は、授業や受験勉強でそんなのあったような…

おぼろげに思い出す方もいるかもしれません。

 

そして、今回話題の「頁岩(シェール)」は、

「泥岩」の中で、ある特徴を持ったもののことを示しています。

 

 

「頁岩」の「頁」は、「ページ」という意味です。

 

本のページのように薄い板状に割れる

そんな特徴を持った泥岩を「頁岩(シェール)」と呼んでいるのです。

 頁岩とは

どこか貼ってくれるかな... ...

 

書道の「硯(すずり)」の原料として、この「頁岩」が使われることもあります。

 

また、化石好きの方は、奇妙な形をした化石が見つかる、

カナダの「バージェス頁岩(シェール)」

として名前を聞いたことがあるかもしれません。

バージェス頁岩

わざわざ「シェール」と付けているように、

「シェールガス」は通常採取されている天然ガスと

とれる岩石が違います

これまでは、主に「砂岩」で採掘されていました。

天然ガスは、堆積岩(地層)を作っている粒と粒の隙間に溜まっています。

ガスが隙間の中を比較的自由に移動することができる砂岩からは、

パイプをさすことで容易に吸い上げることができました。

 

それに比べ、隙間が小さいためにガスが移動しにくい頁岩(シェール)からは、

取り出すのにコストがかかりすぎました。

こんな体験ないですか?

21世紀に入る頃から、地下にある頁岩(シェール)に割れ目を作り、

ガスを効率良く取り出す技術が確立しはじめたため、

新しいエネルギー源として話題になるようになりました。

 

 

今話題のシェールガスは、頁岩という岩石中にあるガスのことだよ

と、会話の中でキラリと光る(笑)科学知識をさりげなく披露してみてはいかがでしょうか。

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への6件のフィードバック

大変わかりやすく説明していただきありがとうございました。

最近殿堂入りしたあの安曽キュレーター様の更新ないねぇ。

などとうちの旦那様と話していたところでしたので

気持ちが通じたのかなぁ。などと勝手に思ってしまいました。

シェールガス 頁岩 泥岩に砂岩・・・

むか~し むかしのそのまた昔に授業で聞いたことのある

言葉が今また現れ二人で感動していました。

古生物学ってほんとに身近にあるんですねぇ。

バージェス頁岩、なつかしいです。

一大ブームになりましたね。

そちらの研究ってもうかなり進んでいるのでしょうか。

あれから数十年(?)、きっといろいろなことが分かってきているんでしょうね。

シェールガスの解説も分かりやすかったです。

ありがとうございました。

説明とてもわかりやすくて感動しました!!

シェールガスのシェールって貝のことだと思ってました・・・・・

コメントありがとうございます。

「昔聞いた」、ということを思い出すだけすばらしいです!

私は学生時代に学んだことはほとんど忘れてしまいました…(笑)

当たり前かもしれませんが、昔習ったことは、教科書の中だけの知識ではなく、生活に身近なことがたくさんあるんですよね。

学校で学んだことと、実生活のつながりを作るきっかけとなれたならば幸いです。

バージェス頁岩の化石は、ブームになったので、ファンが多いですよね。

研究としては、新たな化石の発見により、復元図が初期と随分変わったものもあります。

また、現在は遠く離れた中国で、同様の化石が見つかってきています。

こちらこそ、コメントいただきありがとうございます。

とり様だけでなく、ほとんどの方が同じ勘違いをしていると思います(笑)

「シェール」なんて言葉、通常使わないですから…

「今回でわかった!」となっていただけたのならとても嬉しいです。

コメントを残す