ありがとう、アイソン彗星

このエントリーをはてなブックマークに追加

渾身のフルスイングでした。が、ホームランは打てませんでした。

アイソン彗星が「大彗星」になれるのか、その一番のヤマ場だった11月29日未明(日本時間)の太陽最接近。NASAとESAによる太陽・太陽圏観測衛星SOHOは、彗星本体が急激に輝きを失う様子を、はっきりと捉えていました。

(画像はいずれも©ESA&NASA/SOHO/SDO)

ISON_SOHO-SDO_Still_C2

この時点では明るかったのですが、

1426455_261220240699010_84076285_n

太陽最接近の少し前から急激に暗くなり、

7056_236940599803299_602902478_n

左上に抜けてきた頭部は輝きを失っていました。

※中央の円は、まぶしい太陽光を隠すための遮蔽板。太陽の位置と大きさが、1枚目はイメージ図、2,3枚目は白丸によって分かります。時間はいずれも世界時で、9時間進めると日本時間となります。画像はNASAのサイトや、SNSのコミュニティなどを通じて集めました。こちらでは動画もご覧いただけます。

 

NASAは29日午前(日本時間)に「彗星本体はおそらく生き残っていない」と発表しました。

彗星の正体は「汚れた雪だるま」。太陽の強い重力と熱で大きなダメージを受け、本体が崩壊したと考えられたようです。

 

太陽から離れるにつれて頭部が再び明るくなり、放出されたチリや破片による尾も確認されました。NASAは「小さいながらも本体が残っているかもしれない」と改めました。(画像は© ESA/NASA/SOHO/SDO/GSFC)

soho_c3_timelapse

※これまでの3枚より、広い範囲が写っています。右下から上へ、アイソン彗星の太陽接近前後の数枚を合成しています。動画はこちら。

本体が残っているとすれば、12月上旬に姿が見える可能性はゼロではありません。また、本体がなくなっても、尾だけ地上から観測できる可能性は残ります。完全に諦めてしまうには早いかもしれません。ですから、この記事のタイミングと内容も、とても悩みました。

でも現実的には、仮に何かが観測できるとしても、肉眼では見えないほど淡い可能性が高いです。大彗星への変身を賭して太陽に大接近する軌道を、前の記事で「三振か、ホームランか」とたとえました。現状、良くても「玄人(=天文ファン)なら分かる渋いヒット」止まり、といったところでしょう。どうしても彗星を見たい方は、ラブジョイ彗星の観測にチャレンジしてみてください。良い空で双眼鏡を使えば尾が分かる程度になっています。

 

新しい衛星画像でも、頭部が再び暗くなってきています(© ESA/NASA/SOHO)。

latest (3)

 

 

「今世紀最大級の大彗星」という期待には、応えられそうにありません。

むしろ、「彗星史上最大級のガッカリ感」をみなさんと共有してしまったかもしれません。

とても残念ですし、後ろめたさも感じています。

 

ただ同時に、一人の天文ファンとして正直、清々しさのような感情もあります。

これまでの期待外れの彗星は、最後まで明るくなり切らずに去っていくパターンがほとんどでした。でもアイソン彗星の崩壊は、果敢に太陽至近まで飛び込んでいった結果です。「これでダメだったのだから仕方がない」と、ある意味納得できるクライマックス。太陽系で起こっている壮大なドラマの一端を見せてくれた気がします。

11月17〜24日に、4回も観測に出かけました。肉眼ではほとんど見えませんでしたが、明るくなったり、尾が伸びたり、雲に隠されたりで一喜一憂し、太陽に近づいていく彗星を「良い旅を!」と祈るような気持ちで見送りました。何が起こるか分からない楽しさが、彗星観測の醍醐味。最後の最後までワクワク、ハラハラ、ドキドキさせてもらいました。

 

ISON1123

11/23 一瞬だけ姿を見せ、雲に隠れた

999286_510530585710269_297311901_n11/24 太陽にだいぶ近づいたが、存在が辛うじて写った

いずれも静岡県内にて 谷 明洋 撮影

 

そしてまた、アイソン彗星は「まだまだ太陽系には分からないことがたくさんある」ということを教えてくれました。

数百年前には、「不吉な出来事の前兆」「ほうき星にのって魔女がやってくる」などと恐れられていた彗星。やがて観測技術の発達によって、正体が「汚れた雪だるま」と判明します。地球が、彗星や小惑星などの小天体の衝突によって形成されたことも明らかになってきます。近年は、冒頭で紹介した衛星画像の分析や、探査機による至近距離からの調査もできるようになりました。

それでも、アイソン彗星の運命は最後まで分からなかった。

壮絶な太陽接近は、今後の研究において貴重な事例にもなることと思います。

 

祭りの後の寂しさのような感情が、まだ残っています。

また次の大彗星が現れる日を、みなさんと一緒に待ちたいと思います。

 

アイソン彗星関連記事一覧

結局どうなる?アイソン彗星(11/25)

だいぶ写るようになってきました--アイソン彗星(11/22)

アイソン彗星撮影記(11月17日分)

【速報:アイソン彗星】何とか尾が撮れたけど、肉眼では全く見えませんでした(11/17)

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

アイソン彗星の記事、楽しませていただきました。

太陽接近までの数日間、私も貧弱な機材ですが、撮影を楽しんでいました。

太陽に向かっていく姿が、なんだか自分の子供が頑張っているようで、とても愛おしく感じていました。

結果は残念でしたが、今はラブジョイ彗星を楽しんでいます。

masaさま

太陽に大接近したアイソン彗星の姿、私も愛おしく、また勇ましく思いました。
正体は「汚れた雪だるま」なのに、ついつい「頑張れ」と祈るような気持ちになってしまうんですよね。

11月は、こちらこそ記事を書かせていただきながら楽しく過ごさせていただきました。
記事を楽しんでいただけたとのこと、本当に嬉しく思います。
ありがとうございます。

ラブジョイ彗星もなかなか見応えがあるようですね。私も年末の休みに、またゆっくり夜空を見上げてみようと思います。

コメントを残す