38年ぶり「9月8日」。今年の月見はなぜ早い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今宵(9月8日)は、中秋の名月。

涼しい風に吹かれて、秋の訪れを感じながら、五穀豊穣を祈り、祝いましょう。

未来館もシンボル展示「Geo-Cosmos」に月を映し(投影画像提供:JAXA)、

一足早いお月見を楽しんでいます。(9月8日まで)

20140709_tani5.jpg

9月5日の夜間イベントでは雅楽を演奏しました


・・・・・・にしても。

ちょっと早くない?

まだ夏が終わったばかりなのに。。。

 

中秋の名月は、旧暦の八月十五日。

それが9月8日になるのは、1976年以来38年ぶり

20世紀以降で最早タイです。

 

ではなぜ、今年はこんなに早いのか。

そもそも旧暦八月十五日はどうやって決めるのか。

みなさん、カレンダーでも見ながら、一緒に確認してみましょう。

 

【1,新月はいつ?】

旧暦は、新月の日に、文字通り新しい月を迎えます。

つまり、新月が一日(ついたち)になるのです。

ちなみに、一日を「ついたち」と読むのは、「月立ち(つきたち)」からきているとか。

 

で、月の暦を見てみると、

8-9月は8月25日と9月24日が新月です。

この日が旧暦で、それぞれの月の一日になることが分かります。

 20140709_tani1.JPG

 

【2,その14日後が十五日

その月の一日が分かれば、十五日はその14日後。

9月8日と、10月8日が、それぞれの月の十五日になります。

 20140709_tani2.JPG

再びちなみに、新月から満月まで、14日と少しかかります。

このため、新月を迎える時刻によって(例えば一日の夜遅くが新月だった場合など)、満月は十五日ではなく十六日に迎えることになります

 

【3,ついでに毎月の最終日は?】

次の新月の前日ですね。

9月23日と10月23日。

 

またまたちなみに、この日は晦(つごもり)もしくは晦日(みそか)と言います。

晦(つごもり)の語源は「月隠り(ごもり)」。晦日は現在も、大晦日という言葉で残っていますが、本来であれば新月になる直前の日に使うべきなのでしょう。

 

【4,八月はどっち?カギを握るのは・・・】

さて、8月25日-9月23日の月、

そして、9月24日-10月23日の月、

どちらが旧暦八月なのでしょうか?

 20140709_tani3.JPG

ここでカギを握る日があります。それは、秋分の日。

旧暦は、「秋分の日を含む月が八月と決めているようです。

 

今年の秋分の日は、9月23日。

これにより、8月25日の新月で始まる月が旧暦の八月で、

その十五日は9月8日と決まります。

 20140709_tani4.JPGのサムネイル画像

今年の中秋の名月が早いのは、
晦日と秋分の日が重なったためだったのです。

 

【5,実質的には最も早いお月見です】

旧暦八月十五日になり得るのは、9月7日から10月8日まで

秋分の日が、年によって9月22-24日と変わるためです。

 

ただし、ここのところの秋分の日はほとんどが9月23日。

そして、9月7日が旧暦八月十五日になるのは、

「秋分の日が9月22日で、それが晦日に重なった場合」です。

2012年、116年ぶりに秋分の日が9月22日となりましたが、晦日には重なりませんでした。

つまり少なくとも20世紀以降は、9月7日の中秋の名月はなかったことになります。

 

【6,10月8日の満月も見逃すな】

逆に、もしも今年の秋分の日が9月24日だったら、

最も遅い10月8日の中秋の名月が実現したことになります。

・・・こっちの方が、なんか秋らしい気がしますよね。

ですので、10月8日の月も見上げてほしいと思います。

実は、普段と違う赤い月が見える、とっても面白い天文現象があるのです。

 

これについては、そのうちまた(誰かが)書くと思いますのでお楽しみに。

 

---

といわけで、旧暦八月十五日の決め方と、今年のお月見が早い理由でした。

 

5日にはお月見シスターズの新山が曜日についての記事を書きました。

「天体の運行と大きく関わる暦って面白いな」とあらためて感じています。

 

※1,一般的に旧暦というと、明治6年に太陽暦に改暦された直前まで使われていた「天保暦」のことを指します。

※2,国立天文台によると、旧暦の「公式な」計算は現在行われていないそうです。


ではみなさん、良いお月見を!

20140907_tani6.jpg

2013年の中秋の名月(渡部剛さん提供)

---

余談ですが、「38年ぶり」という響きには、異様な高揚感を覚えます。

某プロ野球団の優勝でその言葉を幾度となく聞いた1998年の秋を思い出すから。

(あれも10月8日だったなぁ)

こちらは1960年、1998年ときたので、もし周期があるなら次は2036年かな。

もう少し早いと嬉しいんだけど。。。

 

星が好きなら、野球チームも「スター」が付くところが好きな、谷明洋でした。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す