【速報】今年のノーベル生理学・医学賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

発表されました!

今年のノーベル生理学・医学賞は、John O'Keefe 博士、May-Britt Moser博士、Edvard I. Moser博士の3人です。お二人のMoser博士はご夫婦のようです。脳で、自分の場所を知るための細胞、細胞回路を見つけた方々です。

1971年にO'Keefe 博士がラットの研究で、ラットがある特定の場所にいたときに必ず活発になる細胞を見つけました。これがplace細胞(場所細胞)で、位置情報を得るための手がかりとなる細胞でした。

ある場所Aにいくと、海馬でそれに対応する場所細胞A'が反応し、別の場所Bでは、別の場所細胞B'が反応します。場所ごとに反応する場所細胞があるわけです。

2005年にMoser夫妻は、この研究を進めgrid細胞(格子細胞)を見つけました。この細胞は脳の嗅内皮質というところにあります。このgrid細胞から、place細胞に向けて、神経細胞が延びて、つながっていました。

O'Keefe 博士は賞金の半分を、残りの半分をMoser夫妻が受け取ることになりました。

去年2013年に別の研究者の方がヒトでも同様なgrid細胞があるようだと報告し(Nature Neuroscience 、2013年8月5日号

方向音痴だった科学コミュニケーター古澤が、「方向音痴を科学する」というテーマでミニトークを準備している最中に、この研究に行き着いたそうです。

私は、極端な方向音痴。もしかすると、これらの細胞が人よりも少ないのかも......。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す