2014年ノーベル賞 皆さまの予想~物理学賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

科学ファンの皆さま、お祭り大好きの皆さま、こんにちは。

ノーベルチームの、名ばかり隊長の詫摩です。昨日の生理学・医学賞は見事に外しました......。今年は脳だ!という予想は金が立てて小川先生を予想に挙げていましたし、神経科学が来るという話もあって、神経細胞を1つ1つ見るオプトジェネティクス(光遺伝学)はマークしていたのですが......。でも、とても面白い研究が受賞しましたね。

気を取り直して、今日は、物理学賞の発表の日。どきどきします。

昨年から始めた、通称・投票サイト。今日は、物理学のご紹介をしましょう。

中村修二

去年もお名前が挙がっていました。青色発光ダイオードの実用研究を手がけた方です。青色の登場で、赤・青・緑の光の三原色がそろい、白をはじめとする多彩な色の演出が可能になりました。中村先生には熱いコメントがありましたので、ご紹介します。

「どんなに優れた基礎技術であっても、世間に貢献できない技術は意味がない。彼は基礎技術を駆使して世界に誇れる商品に仕上げた。中村さんの功績がなければ、青色発光ダイオードに関する基礎技術は誰も見向きしなかったと思う」

中村修二・赤﨑勇

中村先生に加えて赤崎先生も共同で受賞すると予想した方もいました。今年の物理学賞は「物性」の年で、しかも「光学」がくるだろうという、科学コミュニケーター福田のコメントを読んだのか、「光学というなら青色発光ダイオード」というコメントがありました。お二人とも「青色発光ダイオードの開発」で知られますが、おおざっぱに申し上げると、赤崎先生が基礎技術で、中村先生が実用化となります。

西澤潤一 中村修二 赤崎勇 

だんだん増えていきます(笑)。ノーベル賞は1つの賞に3人までの共同受賞は良くあるので、このお三方の組み合わせもありますね。去年もこの3人を挙げた方がいらっしゃいました。「今年は物性で光の分野というコメントをみましたので」という書き込みもありました(皆さん読んで下さっているのですね。ありがとうございます)。西澤潤一先生は、赤色発光ダイオードの開発、というより半導体レーザーそのものの開発者と言っていいでしょう。

John Clauser, Alain Aspect, Anton Zeilinger

一昨年に、科学コミュニケーターのディミトリスがこのお三方を予想に挙げておりました。お名前の順番は違いますが、組み合わせは同じです。順にアメリカ、フランス、オーストリアのお方。研究分野は量子もつれです。量子コンピューターとか、量子テレポーテーションとか、耳にしたことはありませんか。詳細はディミトリスがのブログ記事をご覧ください。

舛岡富士雄

電源を切ってもデータが消えないフラッシュメモリの開発者です。優れた工学者であることはもちろんですが、企業に勤める技術者の処遇改善を求めた活動でも知られています。サラリーマン技術者の発明品が会社に莫大な利益をもたらした場合、その会社はどこまで社員である発明者に報いるべきか? 青色発光ダイオードの中村修二先生も同様の問題提起をしました。

近藤淳とF.Steglich

超伝導体に関連した記事でも紹介していますが、一般に、金属は低温にすると電気抵抗が小さくなっていきます。物質中の陽イオンなどは、熱によって絶えず振動しており、これは高温になればより大きくなります。冷やせば冷やすほど、陽イオンは静かになっていくので、あいだを流れる電子はより通りやすくなるでしょう。ここまでは、直観的にわりとわかりやすいことでしょう。ところが、一部の磁性をもつ不純物が入ると、ある温度を堺に低温にするほど電気抵抗が増していくのです。「近藤効果」と呼ばれるこの現象の仕組みを解明したのが近藤先生です。Steglich博士は1979年に希土類の化合物が超伝導転移を示すことを発見しました。書き込みをしてくださった方は、「この二人を選ばずして......と思います」と書いてくださっています。昨年もこのお二人の名前は挙がっており、その時のコメントもすてきでしたので、再びコピペします。「『重い電子状態における超伝導現象と近藤効果の発見』物性物理屋の半分はこれで飯を食ってるようなもんです。」。

Michel Berry

一昨年に科学コミュニケーターの本田隆行が受賞を予想して、名前を挙げていた人です。量子力学での「ベリー位相」の発見者です。研究の内容に関しては、2012年の本田の記事をご覧ください。Berry博士といえば、話題にせずにはいられないのが、イグ・ノーベル賞です。ノーベル賞のパロディ版として知られるこの賞を2000年に受賞しています。このときに、一緒に受賞したAndre Geim博士は2010年のノーベル物理学賞を受賞しました。ぜひ、Berry博士にも本家のノーベル賞を受賞していただきたいものです。

Duncan Haldane

量子ホール効果の研究で知られる方。すみません......。私には手一杯です。

Chales Kane

コメントを下さった方は「量子スピンホール効果の発見に伴うトポロジカル絶縁体の発見」を理由に挙げています。トポロジカル絶縁体は、表面は電気が流れるのに、内部は絶縁体になっている不思議な物質です。新しい素材として、量子コンピューターなどに活用できるのではないかと期待されています。この物質の存在を予言したのが、Kane博士の「量子スピンホール効果」なのです。

香取秀俊

そういえば、香取先生のお名前は初めて出ましたね。今まで出てこなかったのが意外です。今や私たちの生活になくてはならないGPS(人工衛星を使った位置測位システム)をはじめ、さまざまな機器で精確な時計が不可欠になっています。セシウム原子時計が有名ですが、香取先生はずっとずっと精確な光格子時計を考案し、開発した人です。未来館の上部組織であるJST(科学技術振興機構)の香取先生の香取創造時空間プロジェクトのページをご参照ください。

Edward Norton Lorenz

もともと気象研究の方です。シミュレーション研究から初期条件が少し変わっただけで、予想外の結果が現れることを報告しました。「ブラジルで蝶がはばたくと、メキシコで竜巻が起きる」などのたとえから「バタフライ効果」として知られています。のちのカオス理論につながって発展していきました。残念ながらLorenz博士は、すでに他界しているので、ノーベル賞の受賞はありません。でも、意外さをもって迎えられたすばらしい研究でした。

いかがでしたか。見事に素粒子や宇宙の研究者があがっていませんね。皆さん、「今年は物性」と思っているのですね!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す