【2014年ノーベル物理学賞】ストックホルムに来ています②晩餐会編

このエントリーをはてなブックマークに追加


20141212_fukuda_00.png

ストックホルムで10日に開かれたノーベル賞の授賞式。前回のブログでは授賞式の様子をお伝えしましたが、その後に急いで車に乗り込んで向かったのは「市庁舎」での晩餐会。今回のブログでは、晩餐会の話題を中心に、現地からお伝えしたいと思います。



20141212_fukuda_21.png晩餐会の会場は、市庁舎の「ブルーホール」と呼ばれる大広間。1300人が集まりました(下の写真はノーベル財団提供)。当日の会場には、私はもちろん入れませんでしたが(念のため入りたいとメールは送ってみました)、翌日の11日に中に入って取材できました!

20141212_fukuda_01.png

天井は突き抜けるように高く、壁一面に広がる赤煉瓦が壮観。2階から広い階段が伸び、大きく折れ曲がって1階に降りています(写真の中央左寄りの奥)。晩餐会では、この階段の先に受賞者や王宮の方たちが座るための、広間をぶち抜くながーーーい机が。さらにその両脇に、参加者たちが座る机が並べられていました。

地元では「誰がどこに座るか」が話題に。スウェーデンで最も発行部数が多い新聞「Dargens Nyheter(ダーゲンス・ニュヘテル紙)」では、イラストを付けて説明していました。

20141212_fukuda_02.png気になる3人の席は、天野さんがなんとシルビア王妃の隣。地元の公共テレビ局による生中継の映像では、何度もこの2人のツーショットが映し出されていました。最初は天野さんの緊張感が伝わってきましたが、途中からはリラックスしたようで、いつものほがらかな笑顔でした(下の写真はノーベル財団提供)。

20141212_fukuda_03.png

一方、中村先生の隣は、(日本で話題になっているらしい?)天野先生の奥様。晩餐会のプログラムは3時間を超えるため、赤崎先生は体調を考慮してメインのテーブルには座りませんでした。



20141212_fukuda_22.png20141212_fukuda_04.jpg

一夜明けた11日、市庁舎のブルーホールに向かいました。外観も赤レンガが美しいです。

20141212_fukuda_05.jpgさっそく中に入ると、晩餐会の余韻が残る会場で、照明や音響などの器具の片付け作業が進められていました。

20141212_fukuda_06.JPG

2階への階段を登ったその先には・・・

20141212_fukuda_07.JPG

晩餐会の後にダンスパーティーが開かれた「黄金の間」。名前の通り金色に輝いていました!まぶしい!

20141212_fukuda_08.JPG

近寄るとこんな感じ。1cm四方の石が集まっています。

20141212_fukuda_09.JPG

晩餐会で料理を運んだサーバーの方たちにも会いました。

20141212_fukuda_10.jpg

晩餐会で振る舞われた料理の食器。きれいですね〜。



20141212_fukuda_23.png

20141212_fukuda_11.JPG

さて、続いて向かったのは、ノーベル賞の受賞者たちや家族が宿泊する「グランドホテル」。入り口にたどり着くと、日本から来た記者やカメラマンに遭遇。というわけで、しばらく一緒に待ってみました。(ベルボーイの制服がかっこいい!)

20141212_fukuda_12.JPG気温は2度。さらに水辺の近くなので風が強いという状況で待つこと2時間。現れたのは・・・赤崎先生!

20141212_fukuda_13.JPG

これから日本にお帰りになるようです。さっそく囲み取材に混ざります。記者「メダルはどうですか?」赤崎先生「重いです」──のような日本で放送されているであろうやりとりがありました。

20141212_fukuda_14.JPGその後、赤崎先生が私の目を見て一言。「昨日まで時差ボケで、あまり話せずにすいません・・・」。私「お元気そうでなによりです。ありがとうございます」。最後はほほえみながら、車に乗り込みました。




【2014年ノーベル物理学賞】
「青」に捧げた人生~なぜ30年もかかったのか?
「青」に見せられた結晶屋 天野博士の実験物語
ストックホルムに来ています
ストックホルムに来ています②晩餐会編(この記事)

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す