本日6月19日(金)20時~徹底解説MERS!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「本当の猛毒となるのはウイルスではなく、根拠のないデマです」

陳がブログ記事で紹介した、看護師さんのコメントです。韓国から中国に来て、中国でMERSと診断された患者を診ていた方です。大事なことなので、冒頭に引用しました。

金が紹介しているように、お隣の韓国で、MERS(中東呼吸器症候群)の感染が広まっています。

日本と韓国は毎日1万人以上が行き来しています。いつ日本に入ってきても不思議ではありません。

デマに惑わされないのが大事、かからないようにするのが大事とわかっていても、どれが誤った情報なのか、なかなか判断はできないですよね。

そこで、

本日6月19日(金)20時より、「【徹底解説】MERSアタックから身を守る」をニコニコ生放送にて放送します。

国立国際医療研究センターの堀成美さんをお招きして、ネット上を飛び交う誤解について正してもらうほか、マスクの正しい着け方、咳をするときのエチケット(手で口を覆うのでは、ダメなんですって!)の実演もしてもらいます。

放送開始前にタイムシフト予約をすれば、放送終了後にも見ることができます。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv224869180

国は空港などでのいわゆる「水際(みずぎわ)対策」を強化しています。

一方で、16日のNHKニュースによりますと、国際線をメインとした成田空港を抱える千葉県は、医療関係者などを対象にしたMERS対応の緊急のセミナーを開催したそうです。

そうなのです。

感染症が入ってこないようにするのは、国の役目で、厚生労働省の機関である検疫所が実働部隊となります。

しかし、ひとたび感染症が入ってきたら、実働部隊は保健所などの自治体の機関と医療機関となります。

でも、私たちにもできることがあります。

1つは、私たち自身が病気にかからないように気をつけること。MERSもですが、ほかの病気でも同じです。自分たち自身のためになるほか、医療関係者の負担を減らすことにもつながります。

もう1つ大切なのは、デマにまどわされないようにすること

今晩、堀先生から一緒にいろいろとお聞きしましょう。

質問のある方はぜひ、番組でコメントをお寄せ下さい。ツイッターをお使いの方は「#未来館」でお願いします。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す