企画制作中! 「納得できてる?低線量被ばくの影響 科学でしめす社会が選ぶ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会には様々なリスクがあります。

災害に見舞われるリスク。病気になるリスク。
くわしく調べられているもの。まだよくわかっていないもの。
私たちは社会の中にあふれているリスクとどう向き合えばいいのでしょうか。
そんなテーマで2016年3月12日。2人の専門家を招いたトークイベントを行います。
このイベント、言うなれば「リスクとの向き合い方」について話し合う作戦会議です。
議題は低線量放射線被ばくの健康影響、そして、低線量被ばくを不安に思うことで生じる別の健康影響です。

高線量の放射線に関しては健康被害をもたらすことがはっきりしています。
対して、100ミリシーベルト以下のいわゆる低線量放射線の被ばく(放射線をあびること)がもたらす健康影響については、統一見解が得られていないように思われます。

「たとえわずかな放射線でも健康への影響がある」
「一定の線量以下では、放射線による健康への悪影響はそれほど心配してなくてもよい」

専門家でも意見が分かれるほどですから、低線量放射線が健康に与える影響についてはまだわからないことも多いと考えることができそうです。
もしかしたら、よく「わからない」相手だからこそ、私たちは不安になるのかもしれません。

大量の放射性物質が飛散した福島第一原発の事故から5年。
私たちは低線量被ばくの健康影響とどれくらい真剣に向き合ってきたのでしょうか。
福島県では、こどもや若者に健康被害が出ていないかどうかを明らかにするための県民健康調査が現在も続けられています。

今回のイベントにお招きするゲストの一人、岡山大学の津田敏秀教授は疫学の研究者です。

津田教授は疫学の視点で甲状腺がんが多発すると予測しています。
メディアでは「福島 甲状腺がん多発 20倍から50倍」という言葉が強調されていますが、津田教授はどんな方法でこの予測を出し、何を社会に伝えたかったのでしょうか。
トークイベントの前半では、福島県における甲状腺がん多発予測について、数字の読み解き方を徹底的に議論します。

トークイベントの後半では、相馬中央病院の内科診療科長、越智小枝医師に登壇いただきます。
原発事故の影響は、放射線だけではありません。
越智医師は、あの日以来、様々な形で健康を損ねる人が増えていると指摘します。
震災や事故で多くの人が有形・無形のさまざまなものを失いました。
そのことがもたらす精神的ストレスに加え、低線量被ばくの健康影響がはっきりわからなかったことで拡がった誤解や不安、さらには不信感までもが社会に蔓延することで病気のリスクを高めてしまっているのかもしれません。
イベント後半では、越智医師が医療の現場から見た日本の課題を通して、リスクとのつきあい方について意見を出し合います。

私たちは自分自身が背負うリスクとどのように向き合えばいいのでしょうか。

社会全体でリスクに備えるためには何が必要なのでしょうか。

社会には、今後起こることを予測する科学者がいます。
実際に起こっていることを伝えてくれる医師もいます。
津田教授と越智医師を交えての対話を、私たちはとても楽しみにしています。
社会が背負うリスクについて真剣に考えている人どうしが意見を交わすわけですから、意見のぶつかり合いがあっても不思議ではありません。
一つの社会問題に対して、市民と専門家が意見を出し合う場があるなんて素晴らしいことだと思いませんか?

というわけで、企画者である私たちも真剣勝負で作戦会議のための作戦会議を日々くりかえしています。

20160307irikawa_01.JPGただいま激論中。テーブルに何か書いてありますね。

メンバーの専門は、宇宙物理学、社会学、薬学、生物学。
もうタイヘンです。
まず低線量被ばくによる健康被害を報告した研究論文をチェック。
そして国内外の科学者の意見を整理。

「低線量放射線は人体にどんな影響をもたらすのか」
この点について科学者の意見は実に様々です。

「論点を整理しましょう。これはあくまでサイエンスです」、
「参加者の意見をもっと取り入れましょう。これじゃ参加者が置き去りになる!」
「自分と異なる意見を吸収して帰れるようにしなくては!」

作戦会議のための作戦会議はだんだん白熱し・・・

そして。

「結局なんなんだあっ! 低線量被ばくってーっ!!」 (リーダーのせりふ)

このイベント、いったいどうなってしまうのでしょうか・・・・


どうなったかご自身の目で確かめたい方はぜひ未来館へ。
遠方の方は中継をお楽しみください。
100人くらい入れる部屋と、動画が配信される二次会場をご用意しました。

未来のための作戦会議、ぜひご参加お待ちしています。

20160307irikawa_02.JPG何を話し合う場なのか、論点を整理しています。

<イベント概要>

タイトル:Lesson#3.11 トークイベント
「納得できてる?低線量被ばくの影響 -科学でしめす、社会が選ぶ-」

講師: 津田敏秀氏(岡山大学大学院環境生命科学研究科教授)
講師: 越智小枝氏(相馬中央病院内科診療科長)

ファシリテーション:新山加菜美(科学コミュニケーター)

日時:2016年3月12日(土) 14:00~16:00
場所:日本科学未来館 7階 会議室3
対象:どなたでも参加できますが、内容は中学生以上向けです。
定員:約80名
参加費:入館料のみ
参加方法:直接会場にお越しください
当日会場入り口で12:00より整理券を配布します。13:30より会場へお入りいただけます。
※満席の場合は第2会場で配信映像をご覧頂けます。

問い合わせ先:日本科学未来館
Tel: 03-3570-9151(代表)
※本イベントはニコニコ生放送でライブ中継を行います。

ニコニコ生放送: Miraikan Channel はこちら

<関連イベント>
「Lesson#3.11 5年前、そして5年間に起きたこと」(3月5~28日) はこちら

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への4件のフィードバック

このような企画があったことを、つい先日未来館に足を運んだ際に知りました。 自分自身の今の生活にどっぷりつかり、こういった活動から離れていた自分のあり方に気づきました。
自分自身が今できる事を考えての、現在の仕事ですが、
以前の「高木学校」での学びをどのように伝えっていたらいいのかに戸惑いを感じていたことも事実です。
いろんな考え方がある中で、こうあってほしいと願う気持ちを、あきらめることなく、伝えられるような情報を、自分なりに得たいという気持ちになりました。

未来館にお越しいただきありがとうございました。
「伝えること」に真剣に向き合われているご自身のお気持ちを前向きなコメントから感じました。
おっしゃる通り、放射線が健康に与える影響については、様々な考え方があるようです。放射線に限らず「はっきりしていないもの」について語らうときには、意見の衝突が起こりやすいのかもしれませんね。そういうときこそ対話が大切なのだと、今回の震災イベントで痛感いたしました。

3.11に始まった災禍で、たくさんの人が大切なものを失いました。
悲しい経験を無駄にしないためには、今も存在しつづける難題と向き合う必要があるのかもしれません。

放射線とどうつきあっていくか?
原子力をどう使いこなしていくか(使わないのか)?
広島、長崎、福島と3回も放射線の災禍に見舞われた日本だからこそ、
世界に向けて示せるものがあるように思います。
私もkotae様のように「自分が社会に向けて出来ること」を大切にしていこうと思います。

震災イベントは今後も続きます。
お目にかかってお話しする機会ができるのを楽しみにしております。

入川さま

先月のサイエンスアゴラの折に、福島のブースにてお声掛け頂きました、東工大の学生のものです。その節は大変有難うございました。後日改めて未来館さんを訪れ、入川さんを探させていただいたのですが、残念ながらお目にかかることが出来ませんでした。
あれから入川さんと連絡を取る手段をあれこれと探しまして、偶然このブログを発見し、投稿させていただいた次第です。

サイエンスアゴラでは大変刺激的な経験をさせていただきました。サイエンスコミュニケーターの方の丁寧な対応にも、非常に感銘を受けました。サイエンスコミュニケーターの方のお仕事に非常に興味がわいております。まだまだお話を伺いたいです。

よろしくどうぞ、お願いいたします。

お便りありがとうございます。
サイエンスアゴラがよねおか様にとって新しい発見の場になったのであれば幸いです。また、科学コミュニケーターの職務にご興味をもって頂けたこと、望外の喜びです。
科学技術の便利さや有益な面ばかりに目をとられると、そのリスクや副産物についての話し合いは後回しにされがちです。私たち一人ひとりが科学技術に対して思っていることを率直に語り合える社会ができたとき、はじめて人間が科学技術を道具として使いこなしていると言えるのかなと思っています。もっとも、それが実現したら科学コミュニケーターは必要なくなるかもしれませんね。その日が来るまでは、放射線とのつきあい方、科学技術とのつきあい方について、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。
いつでも未来館にお越し下さい。私を含め、科学コミュニケーター一同、よねおか様とお話しできる機会を楽しみにしています。

コメントを残す