113番元素ニホニウムのこれまでの歩み

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しく発見された4種類の元素名の案が、昨晩、国際学会である国際純正・応用化学連合(IUPAC)から発表されました。113番、115番、117番、118番の4つです。正式な命名は、秋~冬とされていますが、まずは

4つの元素の合成・発見に携わった皆さま、おめでとうございます!

と申し上げたいです。

これらの元素の合成・発見までの道のりは、昨日や今日のことではもちろんありません。日本の理化学研究所がかかわった113番元素の最初の発見は2004年、いまから12年前のことです(もちろん、研究はその前から)。

当時、この科学コミュニケーターブログはまだありませんでしたが、そのときのことも含めた、新元素をめぐる世界での研究競争の話を歴史を踏まえながら紹介した記事が未来館のサイトの中にあります。

以降、2012年の3回目の合成成功のときの記事や、命名権をめぐる記事などを科学コミュニケーターブログからピックアップしました。


編集管理人の独断と偏見にもとづく「取っつきやすさ」の★付き。★の数が多いほど、取っつきやすい記事です。

2004年の合成成功!のころの記事(取っつきやすさ★)
未来館deep science「世界で加熱 新元素の合戦」
http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/deep_science/topics/01/01.html

2012年の3個目の合成のころの記事(取っつきやすさ★★★★)
「うん...うん...と りうむ」
http://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/20121004post-246.html

2015年夏の命名権が日本に......?のころの記事(取っつきやすさ★★)
「祝!のはずでした...113番目の元素 命名権を日本の理化学研究所が獲得!?」
http://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/20150817113-1.html

2016年初の理研に命名権がきた!のころの記事(難易度★★)
「今度こそ!祝!113番目の元素 命名権を日本の理化学研究所が獲得!」
http://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/20160107113-2.html

今回の発表が待ちきれなくて......一昨日の記事(難易度★★)
「どうなる!? 113番元素の名前」
http://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/20160607-113.html

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す