Ciao!イタリアへのエールを。アマトリチャーナを食べて伝えよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、イタリア大好き科学コミュニケーターの田代です!
そんな私のイタリアに、たいへんな出来事が起っています。

つい先日の10月30日、日本時間で午後3時40分ごろ、イタリア中部で大きな地震がありました。マグニチュードは6.6。震源の深さは約10mと報道されていました。

20161102_tashiro_01.jpg
Città metropolitane d'Italia.svg (by NordNordWest)., CC BY-SA 3.0 de, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=47952296

実は、ほんの2ヶ月ほど前にもイタリア中部では大きな地震がありました。

2016年8月24日午前3時36分
マグニチュード6.2
震源地はペルージャ県ノルチャの南東10kmの地点
震源の深さは10km

アマトリーチェをおそった「イタリア中部地震」です。

この時の地震では、およろおよそ300人がなくなり、まだ行方不明者の方もいます。負傷者は5000人以上に及びました。
この地震は未明に起きたために多くの方が建物の下敷きになりました。
また、この時期はアマトリーチェで毎年行われている名物パスタ祭の直前であったために、多くの観光客も被害を受けました。

10月の地震と比較すると、8月のイタリア中部地震も地図上の震源地としてはほとんど同じ場所で起こっています。

20161102_tashiro_02.jpg

Città metropolitane d'Italia.svg (by NordNordWest)., CC BY-SA 3.0 de, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=47952296

8月の震災から以降、現地では水不足や寒さといった深刻な二次災害と闘っていました。
街の復興に向けて瓦礫の撤去作業が続けられていた、そんなさなかに起こった、さらなる地震だったのです。
今回の地震では、20人ほどのけが人が出ているようですが、今のところ死者の報告はありません。
しかし、8月の地震では被害の少なかったノルチャという町でも建物の崩落があり、被害状況の詳細を調べているところです。

マグニチュード6クラスの地震にしては、被害が大きかったように感じられる方もいるかもしれませんが、今回と8月に共通することとして、震源の浅いところでの地震ということがあげられます。

(8月の地震前後の町の様子はコチラに詳しく掲載があります。)

こうしたニュースを日々見ていうるうちに、8月の地震で被害の深刻だったアマトリーチェ復興のために私に何かできることはないだろうかと考えるようになりました。
そこには「つらい思いをしている方がいる」と思ったからです。
そんな気持ちになっていたから、イタリアの地震を調べてみたり、イタリアのニュースを調べてみたりしていました。

実を言いますと、この記事は10月30日の地震が起こる前から書き始めていました。
記事をまとめていた最中だっただけに、さらなる地震に衝撃を受けて「何かできることはないか」の想いを強くしています。

なぜそんなにイタリアに関心があるかって?
それはもちろんイタリアが好きだからなのですが、他にも理由があります。
あれは数年前。イタリア旅行したときの出来事でした。
美しいベネツィアの港で、ある旗が貼られているのを見ました。

「日本がんばれ」

と日本語で書かれた旗でした。
これは、イタリアから日本へ向けた復興のためのエールの旗です。
私がイタリアを訪れたのは2011年。東日本大震災から間もなくのころでした。
日本から遠く離れた地で、こんな暖かいメッセージに出会うとは・・・(泣)

「ここでも応援しているよ!」

というメッセージを掲げ続けることで、イタリアからの心こもったエールが表現されていて、ぱぁっと明るい気持ちになりました。
お金や物も大切ですけど、心を届けることも大切なことですよね。
それは当たり前のようなことですが、当たり前のことこそが大切だと気づかされた瞬間でした。
こんな出来事があって、ますますイタリアが好きになったのです。

そして今イタリアには、私たちが経験した震災と同じように悲しんでいる人がいる。
どうにかできないかと考えました。
かつて私が感動した旗のように、何かイタリアへのエールを送る方法はないのだろうか?
あるのです!

アマトリーチェ地方に古くから伝わるアマトリチャーナというパスタをご存知ですか?
みなさんでこのアマトリチャーナを食べませんか?

20161102_tashiro_03.jpghttps://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10571668

はじまりはイタリア国内のFacebookにて。
このFacebookを通じてアマトリチャーナの売り上げの一部を被災者支援にあてるという取り組みが行われました。
この取組の効果のほどはいかに?例え話でしてみましょう。
アマトリチャーナ1皿で100円を寄付したとして、活動に参加する店が100店舗あったとします。
もしお店で毎日100皿が売れたとしたら・・・・・・。

それを100日間続けたら、な、な、なんと1億円に!

効果絶大です!(実際に、この運動ですでに1億円をアマトリチャーナに贈った日本のイタリアンのチェーン店があります)
この運動、イタリアにとどまらず次第に世界各国にも広がりを見せていき、日本のイタリアンのお店でも時々見かけるようになりました。
アマトリチャーナを食べて、日本からイタリアへのエールを送りましょう!
ぜひお出かけの際はイタリアンのお店を覗いてみてくださいね。

日本でも先日、島根の地震がありましたね。
熊本地震からは半年経ち、復興へ徐々に向かっているところです。
東日本大震災でもまだまだ解決しなくてはならない課題がたくさんあります。
日本だけなく、最近は世界各国で自然災害によって大きな被害を受けるニュースをよく目する気がしませんか?
こんな風に災害や被害の規模こそ違え、海の向こうに私たちと同じような思いで苦しんでいる人がいると思うと、何かできることはないか?といつも思います。

そして、それがもしも自分の大切な人だったら・・・?と考えると暗い気持ちになります。

ある人や出来事に共感した時、また何か力になれることはないかと考えた時、自分にできる行動ってどんなことがあるのでしょうか。
どんなに些細なことでも、きっと私たちだってできることがあるはずです。
そして今のあなただからこそできることが、あるのだと思います。

気負う必要はありません。まずは、一歩を踏み出してみませんか?

このイタリアの地震で私に起こった出来事を通して、みなさんの今目の前にある壁を越えるヒントになればと思います。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す