【速報】2017年ノーベル生理学・医学賞は概日時計の研究

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のノーベル生理学・医学賞はいずれもアメリカの
Jeffrey C. Hall博士
Michael Rosbash博士
Michael W. Young博士
の3人が受賞なさいました。

概日時計(サーカディアン・リズム)を調節する分子メカニズムの解明です。

概日時計とは、日常用語でいると体内時計のことです。私たちの身体の中にもある約24時間の周期でリズムを刻んでいます。

夜になると眠くなるのが代表的なリズムですが、消化や代謝なども約24時間のリズムを刻んでいます。これが狂うと、朝、起きられなくなるなど、さまざまな不都合が生じます。

じつはこれは1個1個の細胞のレベルで24時間周期のリズムがあるのです。これを実現している遺伝子・タンパク質レベルでのメカニズムを解明しました。

ショウジョウバエの行動を観察し、行動パターンに異常が見られるハエから関連する遺伝子を見つけました。根気が必要な地道な研究です。

詳しい解説は、明日10月3日の午後に公開します。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す