【速報】2017年ノーベル化学賞はクライオ顕微鏡の開発!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のノーベル化学賞は、

Jacques Dubochet氏、Joachim Frank氏、 Richard Henderson氏の3氏に贈られることになりました。受賞のテーマは「クライオ電子顕微鏡の開発」です。

クライオ電子顕微鏡とは、タンパク質などの生体分子やウイルスなどを水に沈めた状態で、瞬間冷凍させることで、生きた状態に近いまま高解像度に観察できる電子顕微鏡です。生体分子が壊れない程度の弱い電子ビームでたくさんのタンパク質を観察をして、向きが同じものを重ねあわせ、さらに向きが異なるものを組み合わせることで、全体の立体構造を再構築します。

クライオ電子顕微鏡は、生化学の分野で大いに活躍しています。

詳しい解説は、明日の午後に公開します。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す