【速報】2018年ノーベル物理学賞はレーザー研究で米・仏・カナダの先生方

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のノーベル物理学賞が発表されました。
レーザー物理の分野でブレークスルーとなった研究をなされた3人の先生方に贈られます。

米国のARTHUR ASHKIN博士、フランスのGÉRARD MOUROU博士、カナダのDONNA STRICKLAND博士です。Ashikin博士が賞金の半分を、残りの半分をMourou博士とStickland博士が分けることになります。

Ashikin博士はレーザー光を使って、原子や分子などを補足するレーザートラップ法を開発しました。この技術を使うと、細菌やウイルスなども傷つけることなく、つまみあげることができます。この技術は「光ピンセット」と呼ばれています。

Mourou博士とStickland博士は、高出力の非常に速いパルスレーザーを可能にする技術を開発しました。

このあとノーベル物理学賞チームこと「ぶつりーず」が詳しい解説記事を書きます。しばしお待ちを。