【速報】2018年ノーベル化学賞は進化をまねた有用タンパク質づくり方法の開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

発表されました。今年のノーベル化学賞は、米カリフォルニア工科大学のFrances H. Arnold博士、米ミズーリ大学のGeorge P. Smith、イギリスのMRC分子生物学研究所 Sir Gregory P. Winter博士に贈られます。

受賞テーマは医薬品などに使える有用な酵素や抗体を生物の進化のしくみをまねながら効率よくつくる方法の開発です。

詳細は、科学コミュニケーターがこのあとこのブログで解説します。お楽しみに!