SDGsリレーブログ・バングラデシュ編 建物を"強く"して、生活を支える【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「世界で最も人口密度が高い都市」のひとつであるバングラデシュの首都ダッカでは、低品質なコンクリートの使用や、耐震設計が十分でない建築構造などによって多くの建物がもろく壊れやすいという課題に直面しています。そんな建物を補強し、安全で住み続けられる都市にしようと努力する人々をご紹介します。

 今回は国連の持続可能な開発目標(SDGs)の目標11「住み続けられるまちづくりを」に注目して取材しました。 (科学コミュニケーター小林望)

 

 

倒壊のリスクを抱えた街

 「あの事故をきっかけに、人々の意識が変化しました」「建物の所有者が、建物の強度に意識を向けるようになりました」と教えてくれたのは、東北大学工学研究科で建築の耐震性能の評価方法や建築構造の耐久性を調べる手法などを学ぶバングラデシュからの留学生、モハメド・シャフィウル・イスラムさん(以下、シャフィウルさん)とジャシア・タフィーンさん(以下、ジャシアさん)だ。

 "あの事故"というのは、2013年にバングラデシュの首都ダッカ近郊で起きたビル「ラナプラザ」の倒壊事故のことだ。テナントとして入っていた衣類の加工工場の労働者1000人以上が犠牲となった。バングラデシュ政府の事故調査委員会は、耐震設計や施工管理の不備が倒壊の主な原因と結論づけた。当初6階建てとして設計されたにもかかわらず、事故当時は10階を増築中だった。さらにコンクリートの強度も基準の半分以下だったという。

 バングラデシュは、日本の4割ほどの国土面積に、日本の人口よりも多い約1億6千万人が暮らす。特に、首都ダッカとその周辺を含む都市圏の人口は約2000万人と集中しており、人口密度は1平方キロメートルあたり3~4万人と世界最高水準だ。これは東京23区(約1万5千人/km2)の2倍以上におよぶ。

20190926kobayashi_01.jpg

ダッカの街には4階建て以上のビルが乱立する(撮影:前田匡樹 教授)

 

 

 ダッカの人口は、ここ20年間で2倍以上に増加しているとみられているが、急増する人口にインフラの整備が追い付いていない。人やモノが密集した都市では、交通渋滞や慢性的な電力不足などに加え、ラナプラザのようにもろく壊れやすい建物が多数存在し、深刻な問題となっている。

 想定されるのは地震だけではない。バングラデシュはガンジス川やブラマプトラ川など、大きな川のデルタ地帯に位置しており、国土の大部分が海抜9メートル以下の低地だ。そのため、毎年雨季に洪水や高潮などの災害がよく発生する。そのような状況の中で、建物が壊れやすいということは、都市全体が災害に対して大きなリスクを抱えていることを意味する。

 

 

壊れやすい建物を探し、補強する

 バングラデシュ全体のインフラをどうすれば丈夫にできるのか。この課題に、東京大学やバングラデシュの関係機関が中心となって立ち上がった「都市の急激な高密度化に伴う災害脆弱性を克服する技術開発と都市政策への戦略的展開プロジェクト(通称TSUIBプロジェクト)」が取り組んでいる。本稿で紹介する東北大学のほか大阪大学などが協力する。

 これからつくられる建物はもちろんだが、すでに建設された多くの建物を、どのように効果的かつ効率的に補強していくかが、大きな課題だ。「文化や風土が違えば、建物もまた違うものになるのが建築の面白いところ」と現地を訪れたことがある東北大学の前田匡樹教授(耐震診断や耐震設計などが専門)が言うように、現地の建物に合った補強技術が必要だ。プロジェクトチームはまず、ダッカ市内の建築物のデータベースを分析し、バングラデシュの建築様式に特有の課題を探し出すことから始めた。

 

 そのひとつは壁の構造だった。バングラデシュでは、日本ではあまり見ない「組積造壁(そせきぞうへき)」という、鉄筋コンクリートの柱や梁に沿ってレンガを積み上げるだけの壁が主流だ。レンガの壁は鉄筋コンクリートのフレームに直接つながっておらず、内部も補強されていない。そのため特別な技術がなくても作れる反面、地震などの災害がくればすぐに崩れてしまう。

 プロジェクトチームでは、こうした構造などの特性を踏まえたうえで、レンガの壁を金網で覆って固定するなど、現地にあった補強方法を探っている。そうした補強方法を一刻も早く適用した方がいいが、ダッカには約30万戸もの建物があると推定されている。「建物をすべて診断するには時間、人手、お金が必要です。最も壊れやすい建物を見つけ出すことができたら、リソースを節約できます」と留学生のシャフィウルさん。より壊れやすいものから対応していく必要がある。

 

20190926kobayashi_02.jpg

VR手法の開発に先立ち、現地で実測している様子
(写真提供:シャフィウルさん)

 

 シャフィウルさんは素早く、少ない手間で、それぞれの建物に詳細な耐震診断が必要かどうかを評価する、Visual Ratingと呼ばれる手法(以下、VR手法)を開発した。これまでの診断方法では、建物の設計資料をもとに複雑な計算を行い、結果が出るまで数日から数週間の時間がかかっていた。さらに、現地では図面などの資料が保存されていないことが多く、診断のために図面を一から作り直さなければならないことも多いという。

 一方、新しいVR手法では、建物の階数などの目視でわかる項目と、柱の大きさや、柱と柱の距離など、簡単に計測できる項目のみでの診断を可能にした。柱の大きさなどの計測は、一歩、二歩...と歩幅で代用でき、訓練されたスタッフ一人が現場に赴けば、1~2時間ほどで診断できることが大きなメリットだ。

 

 

バングラデシュの都市を少しずつ"強く"する

 バングラデシュの建物に耐震設計や施工管理の不備がたくさんある、その理由のひとつに、建物に対する法律やルールがあっても、その目的や重要性が理解されていないために守られていない、ということが挙げられる。ただし、前田教授は「自分が所有する建物を何とかしなきゃと思っている人は増えつつあると思う」と語る。現地の空気は変わりつつある。

 「倒壊の危険性が高い建物を探し、補強を進めていく。実際に行動して効果を示すことで、丈夫な建物を少しずつ増やしていく」。シャフィウルさんはVR手法が、徐々に人々の防災意識を変えて、 ダッカの都市全体を"強く"していくきっかけになることを期待している。

 バングラデシュの建物を管理する住宅公共事業省の職員でもあるシャフィウルさんは、自身が開発したVR手法を、現地の多くの建物に応用していく道筋を立てている。すでに現地の技術者や研究者に対してVR手法の実施訓練を行っており、今年度はマニュアルを準備し、ダッカ市内の建物で実際に診断を進めていく予定だという。

 

 2050年、バングラデシュの人口は2億人に達する見込みだ。さらに近年、首都ダッカへの人口集中を緩和するために周辺都市の開発も進められており、都市部の人口は1億人を超えると推計されている。増え続ける人口を抱えながら、人々が安心して住み、働くことができるように、災害に耐えられる都市を作っていくことが急がれている。

 

後編へ続く