SDGsリレーブログ ブラジル編 大アマゾンがそのまま展示物! 「フィールドミュージアム」が人々と自然をつなぐ(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンの熱帯雨林が深刻な危機を迎えています。森を守るためには、そこに住む人々の思い入れが不可欠ですが、アマゾンの中心に位置するブラジルの大都市・マナウスに暮らす多くの人々にとってアマゾンは実は近くて遠い存在です。今回の記事では、「理想の動物園」と呼ばれる「フィールドミュージアム」プロジェクトを通じて、マナティーなどのアマゾンの生き物を守ると同時に、地域住民にその素晴らしさを伝えようとする研究者たちを紹介します。今回はSDGs15番目の目標、「陸の豊かさも守ろう」に着目しました。(科学コミュニケーター福井智一)

CuieirasStation.jpg

フィールドミュージアムの一角をなす、支流クイエイラス河畔の森(写真提供:SATREPS)

失われる生物多様性

 世界最大の流域面積を誇る大河、アマゾン。その流域は熱帯雨林が覆い、マナティーなどの水棲哺乳類やピラルクーに代表される魚類をはじめ、サルやナマケモノなどの樹上動物など、規模・多様性において極めて豊かな生態系を支えている。未だ無数に残る未知の生物種には、新しい医薬品の原料など、未来における可能性が眠っている。
 また、アマゾンの森は地上の全植物の約17%もの炭素を貯蔵している。森を失うことは、その炭素を二酸化炭素として大気に放出することを意味する。アマゾンの自然を守ることは、地域の人々の暮らしや未来の資産を守ることであるだけでなく、地球温暖化の進行を食い止めるために必要なことでもあるのだ。

map.jpg

ブラジルとマナウス周辺(地図:©OpenStreetMap contributors)

 そんなアマゾンの森が、現在かつてないスピードで減少している。ブラジル国立宇宙研究所(INPE)によると、2018年8月から翌年7月までの間に、青森県に匹敵する9762㎢もの森が消失したという。その原因のほとんどは、森林伐採や焼き畑などの人為的なものだ。2019年の大規模火災はまだ記憶に新しい。
 多様な生物が生息するアマゾンの生態系を守るため、幸島司郎教授率いる京都大学野生動物研究センターでは、2008年の設立以来、特に大型動物の保護を目的とした研究に力を入れている。

 無数に存在する生物のうち、なぜ大型動物に注目するのか? 大型動物の多くが絶滅危惧種ということが大きな理由の一つだが、それだけではない。大型動物が生息する広い環境を守ることで、そこに生息する大小さまざまな動植物を同時に守ることが出来るのだ。また、大型動物は世間の注目を集めやすく、したがって保護のための資金を調達しやすいという現実的なメリットもある。

 マナウスでは、密猟によって親を失ったアマゾンマナティーの野生復帰事業が行われてきた。しかし、特にハードルとなっていたのが、野生復帰させた動物の生存率の低さだ。幸島教授は言う。「以前から、親を殺されたマナティーの赤ちゃんを保護して育て、野生に返す取り組みが行われていたのですが、川に戻された個体の多くが野生での生活に適応できずに死んでしまったとみられています」

IMG_20181203_131516.jpg

保護され、国立アマゾン研究所(INPA)の施設で飼育されているマナティーの赤ちゃん(写真提供:SATREPS)

 そこで考案されたのが、野生環境の一部を囲い込んだだけの施設、すなわち半野生・半飼育の環境だ。「人間に育てられた動物を野生に返す前に、野生生活のトレーニングをする必要があるのです」
 半野生施設内には、マナティーが食べていけるだけの充分な植物が自生している。移されてはじめのうちは餌を与えられるが、やがて野生の食べ物を得ることに慣れるにつれ、自然と餌をもらいに来なくなるという。最後にアマゾン川の支流、プルス川のピアガスプルス保護区に放流される。放流時には発信機やデータロガーをつけ、半年から一年の間、追跡調査が行われる。「これまでに約30頭のマナティーを放流しましたが、皆無事に生き延び、体重も増えていることが分かりました」

住民にとってアマゾンの自然は近くて遠い存在

 アマゾンの開発を持続可能なものにするには、何より前提条件として、そこに住む人々の森林を守りたいという意識が必要だ。実際にアマゾン川のほとりに住む人々は、その自然のことをどう考えているのだろうか。

 アマゾンの中心部にあるマナウス市は、アマゾン川本流と支流のネグロ川の合流点に位置する。他の国内主要都市への陸路での到達は困難で、事実上アクセスは空路もしくは水路のみ。「緑の魔境に浮かぶ陸の孤島」という地理条件とは裏腹に、中心部には高層ビルが立ち並び、人口200万人を擁する工業都市である。

 そんなマナウスの住民が、アマゾンの自然に直接触れる機会はあまりないと幸島教授は言う。「日本や欧米に行けばアマゾンの色々な魚を見られる水族館は沢山ありますよね。びっくりすると思うんですけど、マナウスでは泳いでいるアマゾンの魚を見たことが無い人がほとんどなんですよ。魚を見たければ市場で死んだ魚を見るしかないので、魚市場が観光スポットになっているんです」

IMG_20181213_113125.jpg

魚市場で売られている様々なアマゾンの魚たち(写真提供:SATREPS)

 マナウス出身の大学院生、エリオ・ボルゲザンさんも、「もし泳いでいる野生の魚が見たければ、イガラッペと呼ばれる支流の渓流まで数時間かけてボートで向かえば、そこでは水が透明なので観察出来ます。アマゾン川本流やネグロ川の水は濁っていて魚を見るのは難しいですね」と言う。

「アマゾン観光のエコツーリズムは以前から存在しますが、その多くは富裕層や外国人観光客向けの高額なツアーです。一般的なマナウス市民が気軽に利用できるものではないですね。」幸島教授は言う。

 マナウスの多くの都市生活者にとって、アマゾンの自然は近くて遠い存在のようだ。たとえアマゾンの自然が自分たちにとっても重要なものだと頭で分かっていても、そこに親しみを感じなければ、その保全への意欲は高まらないかもしれない。

住民に自然と親しんでもらう「フィールドミュージアム」

 そこで、これまでアマゾンの自然と触れ合う機会の少なかったマナウス市民に、森林や野生動物と親しんでもらい、保全への意識を高めてもらおうと幸島教授らが打ち出したのが野生生物保護のための施設を活用したフィールドミュージアム構想だ。

 そのコンセプトは、「自然の中で生きる生き物と、自然そのもの」を展示すること。日本にあるような生息地とかけ離れた環境で飼育されている動物園と違って、フィールドミュージアムでは、その生き物の本来の姿を間近に観察し、学ぶことが出来る。
「動物福祉に配慮した質の良い飼育環境、限られた範囲内で動物が野生と同じ暮らしができる半野生環境、そして保護区のような本来の野生環境、この3つの環境が揃った場所って、まさに理想の動物園じゃないかと思ったんです」と幸島教授は言う。

 フィールドミュージアムが野生生物の保全活動と研究の場所でもあることを生かし、研究者などの専門家や、専門家によるトレーニングを受けたガイドを駐在させている。この保全と研究そのものをコンテンツとして来訪者に紹介すれば、訪れた人々にアマゾンの自然の表面的な美しさだけではなく、研究成果に基づいた保全の意義について学ぶことが出来る。

 現在、マナウスのフィールドミュージアムは、市内にある国立アマゾン研究所(INPA)の敷地内にある森林「科学の森」と屋内型ミュージアム「科学の家」、マナティーなどの飼育施設などがあり、毎週のように沢山の学生がやってくる。エリオさんは「フィールドミュージアムに来た人たち、特に生きたマナティーと触れ合った子供たちからは野生生物の保護に関して明らかな意識の変化を感じます」と手ごたえを感じている。

IMG_1542.jpg

クイエイラス川保護林と研修施設(写真提供:SATREPS)

 フィールドミュージアムにはほかに、マナウスから船で3時間ほどの距離にある、支流のひとつクイエイラス川地区の保護林がある。研修・宿泊施設のほか、熱帯雨林を上から観察できるタワーがある。さらに、いくつものつり橋を架け、歩きながら森林上層部(林冠)を観察できるツリーウォークなど、今後も様々な施設を建設する予定だ。