宇宙の大切なものはX線でないと見えない!? ~例えば、ブラックホールのまわりとか~

 X線と言われたら何を想像しますか?やはり、レントゲン写真でしょうか。健康診断や、スポーツで怪我をしてしまった時にレントゲン写真をとったことのある方は少なくないと思います。

でも今日からは、X線と聞いたら

ASTRO-H

と答えて頂きたい!

 と、いうのも日本の新しいX線天文衛星である「ASTRO-H」が2016年2月12日17時45分に、種子島宇宙センターからいよいよ打ち上がるからです。これまで、日本は「はくちょう」「てんま」「ぎんが」「あすか」「すざく」と、5台のX線天文衛星を打ち上げてきました。ASTRO-H はこれらに続く6台目の新しいX線天文衛星で、打ち上げ後には他の衛星と同じようにもっと親しみやすい名前が付けられる予定です。

 X線天文衛星なんて、初めて聞いた人が多いかもしれません。やはり、私たちに一番身近なX線の利用例といえば、レントゲン写真でしょうか。レントゲン写真では装置でX線を発生させ、これを用いて写真をとります。

一方、ASTRO-Hは...

(さらに…)

水のはじまりをさぐる旅

水。
20160129_shimizu_01.JPG

私たちが生きるのに欠かせない水。
水がどこから地球にやってきたのか、その起源を宇宙に探す研究が進められています。

その主役となるのがこちら!

20160129_shimizu_02.jpg

イラスト:池下章裕

そう!小惑星探査機「はやぶさ2」です。
2014年に打ち上げられたはやぶさ2は、目的地である小惑星「リュウグウ」に向けて順調に航行をつづけています。

実は、リュウグウのような小惑星が地球に水をもたらした、とする説が有力なのです。でも、黒っぽい石のかたまりである小惑星が水をもたらした、って本当なの?
今回は、名前に「水」の字が入った私、志水が水の起源を探ります!

==================================

1. 地球は「水の惑星」か?
2. リュウグウには水があるの?
3. 実は、私は...

==================================

(さらに…)

「みらいのかぞく」プロジェクト、始動!

先日、科学コミュニケーターの樋江井が、ブログ「夫婦の姓、違う人がいたら嫌ですか?」の中で触れた「みらいのかぞくプロジェクト」が、いよいよ始動いたします!

そのキックオフ・イベントとして、以下のようなトークイベントを開催いたします!!

タイトル:「"みらいのかぞく"を考える~人の心・制度・科学技術~」

日  時:2016年2月11日(木・祝)

場  所:日本科学未来館 7階 イノベーションホール

参 加 費:無料

定  員:80名

主  催:日本科学未来館

申込方法:要事前申込(詳細・お申込は→こちら←)

とはいえ、科学館と家族...?

「なぜ?」となってしまう方もいるかもしれません。

(さらに…)

「子どもの健康×環境」 環境省 始動!

最近、アレルギーやアトピーに悩むお子さんや、男の子の方が生まれてくる割合が多いとか、子どもたちに変化が起きているのでは?と、そのような話がちらほら聞かれます。その原因の1つに化学物質や日本の環境の変化が考えられています。

次の土曜日、1月16日(土)14時から未来館7階の未来館ホールで、化学物質と子どもの健康をテーマにしたシンポジウムが開催されます。

ちょうど私が高校生の時(10年以上前)、環境ホルモンという言葉を初めて聞きました。「化学物質って怖いな」と思ったのを今でも覚えています。

それから時間が経った今も、様々な化学物質と私たちは密接な関わりを持って生活しています。インターネットでは「○○入りの製品は使うな!」と書かれている記事もあれば、同じ化学物質でも全く問題ないように書かれているものもあります。

私たちは何を基準に商品や住む場所を選んでいけば良いのでしょうか?そもそも化学物質は本当に人に影響を及ぼしているのでしょうか?もしかしたら他の原因によって影響が出ているのかもしれない...と考える人もいます。

これらの疑問に答えていこうとする調査が「エコチル調査」です!

正式名称は「子どもの健康と環境に関する全国調査」。

20160110_t2-honda_01.png

(さらに…)

【今度こそ!祝!】113番目の元素 命名権を日本の理化学研究所が獲得!

こんにちは!
あけましておめでとうございます。科学コミュニケーターの雨宮です。

2015年は、科学に関するいろいろなニュースがあり、とても賑やかでしたね。

特に10月に発表されたノーベル賞では、日本人の研究者がお二方も受賞され、みなさまもメディアで目にする機会も多かったのではと思います。
その授賞式も12月に行われ、「ああこれで2015年の大きなニュースは終わりかな」と思っていたのも束の間...

なんと!
12月31日、「2015年最大級」と言っても過言ではないビックニュースが飛び込んできました!

113番目、115番目、117番目、118番目の4つの元素が新たに確認され、そのうち113番目の元素の命名権を、日本の理化学研究所(以下:理研)が獲得したのです!!

紅白歌合戦の合間にも放送されたこのニュース、くわしく見ていきたいと思います。

(さらに…)

夫婦の姓、違う人がいたら嫌ですか!?

科学コミュニケーターの田中健と私、樋江井が中心になって、 家族の多様性と科学技術のあり方について考える「みらいのかぞくプロジェクト」を立ち上げました。本ブログでも、家族に関するさまざまなトピックを紹介していきます。今日はこちらの話題!

12月16日 夫婦同姓合憲

このニュースをご覧になった方は多いのではないのでしょうか。

民法では、結婚する際に自分かパートナーか、どちらかの姓に統一しなくてはならないと定められています。つまり一方は姓を変えなければならないわけです。これが、憲法の「男女平等」「自由」の考え方に反すると訴える裁判でした。この主張が認められたなら、民法のこの規定は改められ、夫婦が2人とも戸籍の上でも元の姓のままでいることが可能になるはずと大きな注目を浴びていました

しかし、最高裁判所は、民法のこの規定は違憲とはいえず、合憲という判断をくだしました。

なぜ夫婦別姓を認めないことが違憲とはいえないのか、今回の判決でキーワードにあがっていた2つの論点からみていきます

(さらに…)

Geo-Cosmosと仲間たち(応用編)

ニーハオ!

あれ?ちょっと前にも聞いた挨拶!?
そう、陳ドゥ姐さんからのバトンを受け取り登場しました、浜口友加里です。

前回の基本編では、未来館、もしくはご自宅でいつでも楽しめる、「つながりプロジェクト」に関連する3つの展示をご紹介しました。
応用編となる今回は、Geo-CosmosGeo-ScopeGeo-Paletteに続く、「秘密の仲間」の正体と、その「秘密の仲間」が大活躍するスペシャルなイベントについてお知らせします!

20151217_hamaguchi_06.JPG

さあ、上のヒントでわかった人はいるのでしょうか!?

その秘密の仲間とは・・・

(さらに…)

Geo-Cosmosと仲間たち(基本編)

ニーハオ!

久々投稿する中国人科学コミュニケーター、陳ドゥです!

未来館にはたくさんの展示がありますが、中でもひときわ目立っているのは、シンボル展示、Geo-Cosmos(ジオ-コスモス)です。

Geo 雲.png

(さらに…)

土にはお宝が眠っている~大村智先生ノーベル賞受賞によせて~

12月10日、北里大学の大村智栄誉教授がノーベル賞授賞式に出席します

大村先生は、米・ドリュー大学のウィリアム・キャンベル氏とともに、寄生虫が原因の感染症に効く薬を、「放線菌」という微生物から発見したことが評価されました。マラリアの治療薬を開発した中国のトゥ・ヨウヨウ氏との3人での共同受賞です。(詳しくは科学コミュニケーター・鈴木の記事(こちら)・古澤の記事(こちら)をご覧ください)

20151210_shimizu_01.jpg 大村先生が発見した放線菌「ストレプトミセス・エバミティリス」
(日本放線菌学会提供/Photo by H. Ikeda & S. Omura)
http://atlas.actino.jp/

何億もの人を感染症から救うことができるなんて、放線菌って、すごいお宝ですね!

というわけで、そんなお宝を探りに、世界中の放線菌が集まる 研究所に行ってきました。2万5000 株を超える 放線菌が保存されている「製品評価技術基盤機構バイオテクノロジーセンター(以下NBRC)」です。放線菌の多くが土の中から見つかったもの。どうやらお宝は土のなかにあるようです。いったいどうやってお宝を掘り出すのか、お話を聞いてきました!

20151210_shimizu_02.JPG

(さらに…)

油井さん帰還直前に、全国で見上げるチャンス! 国際宇宙ステーション

12月4日(金)~10日(木)にかけて、チャンスが続きます。

日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんが滞在している国際宇宙ステーション(ISS)。夜空を横切る光の点として、肉眼でもはっきりと見ることができます。

12月5日の午後5時40分ごろ(つまり多くの人に観察しやすい土曜日の夕方)、関東上空を横切るのをはじめ、4~10日にかけては好条件のチャンスが全国で続きます。

いろんな媒体で何度か発信した話題ですが、やっぱり多くの人に空を見上げてもらいたい-。そんな思いで、帰還(12月11日予定)前の油井さんが滞在しているISSを見るチャンスをまとめました。



(さらに…)