2014年ノーベル生理学・医学賞を予想する!番外編 ○○ニンジンは世界を救う!

 

突然ですが、この白い物体は何でしょう?

20140926_furusawa_01.jpg

 病気の検査キットなのです。そう、マラリアの。

(血液を流動させます。溝の中に縦線が1本見えますが、これが2本あったらマラリアにかかってしまった証。)

 

私、古澤 輝由は、2011年より2年と半年、アフリカマラウイ共和国という国で生活しておりました。健康には気をつけているものの、発熱してしまったら万が一を疑って、先のマラリア検査キットでチェックします。マラリアにはワクチンがないため(研究はされていますが、まだ実用化されていません)、予防薬を定期的に摂取していました。

 

それでも、もしも、マラリアにかかってしまったら......?

20140926_furusawa_02.jpg

(彩色されている国がマラリア流行地域。濃い赤は多剤耐性を持つ蚊が生息。アフリカの南東、マラウイは見事に濃い赤です。出典:Wikimedia Commons)

 

その治療薬の開発に多大なる貢献をした科学者がいます。

中国屠呦呦(トゥ・ヨウヨウ)博士その人です。

 

(さらに…)

「ないのなら つくってしまおう デバイスアート」~サイエンティストトーク報告~

こんにちは!みどりの本田です。たまにはみどりらしくこんな写真を。

          20140814_t2honda_01.jpgでも注目してほしいのは「目玉」!これは「ニコダマ」と言う"デバイスアート"の研究から生み出された作品の1つです。これはいったい何かと言うと...


 

(さらに…)

2014年ノーベル賞 皆さまの予想~生理学・医学賞①

科学ファンの皆さま、お祭り大好きの皆さま、こんにちは。

去年はこの欄でお詫びする羽目になった「ノーベル賞 皆さまの予想」を今年もお伝えすることができて嬉しいです。(去年はなぜ、お詫びをしたかというと......こちらをどうぞ

一昨年から、ブログやミニトークで、科学コミュニケーターが受賞が予想される方々の紹介をしておりました。予想をする(=ほんのちょっとだけれど参加する)のは、思いのほか楽しく、この楽しみを皆さまにも体験していただきたい!と昨年から始めたのが通称「投票サイト」です。

コメント記入欄に読者の方が書き込んだ、研究者のお名前はどれも超大物ばかり。皆さん、ガチで当てに来ましたね、という方々でした。

今年もさっそく、書き込みが始まっております。ご紹介していきましょう。
今回は、生理学・医学賞です。

20140929_takuma.jpg

(さらに…)

みんなで描く 地球の色

高校生の時に、車の助手席から真っ赤に染まった夕焼け空を見ていたときのことです。

「きれいだね」と、私が言うと運転席にいた父が言いました。

 

「明日、戦争に行く人がこの夕日を見たら、明日香よりももっと感動するんだろうね」

 

感動は量れるものではないし「きれいだな」と思った自分の気持ちが否定されたようで少し憤慨しましたが、"高校生の私""明日、戦争に行く人"が同じ時間に同じ場所から夕日を見ても全く違って見えるのかもしれない...そんな気がしました。

この時の父の言葉はずっと心に引っかかったままでした。

(さらに…)

2014年ノーベル賞受賞者を予想する!番外編 そもそもノーベル賞はなぜすごい?

私たち科学コミュニケーターによるノーベル自然科学3賞予想、物理学賞3人目の予想をもって無事出そろいました。

そして、特設サイトも開設されました。この特設サイト、私たちだけなくみなさまにもノーベル賞を予想してもらおう!というわけで、私たちの予想に投票するもよし、新たに受賞者を予想するもよし、というサイトになっております。10月6日の生理学・医学賞、7日の物理学賞、8日の化学賞の発表まで、みなさんとともにワクワクドキドキしながら待つ私たち。発表当日は、その日のうちに受賞内容の詳細解説記事を公開すべく、ノーベル賞受賞者予想隊メンバーが一丸となって情報収集などを行う、まさにお祭りが待っています!(去年の様子はこちら

 

なわけですが。

ある夏の日。松浦はふと思ってしまったのです。

 

「つか、なんでこんなにノーベル賞で盛り上がってるんだ、私。」

 

・・・なんでだ。冷静になってしまった。このままではお祭りで騒ぎ損なう

そんなの嫌だ!!!(お祭り女松浦。)

 

というわけで。

ノーベル賞って一体ナニモノなのか。騒ぐに値するのか。

ちょいと調べてみました。

(さらに…)

未来館に動物たちとうんちたちがやってきました!

 

前職は飼育員!!みなさん、こんにちは!!ぶっちーです!!

 

去る9月13日・14日と、未来館に動物たちを呼んでワークショップ「動物たちがやってくる!~ボクらはうんち製造器!?」を行いました。

 

 ohbuchi20140920-04.JPG

ウサギにふれあいながら、うんちについて学ぶ参加者たち。スタッフが持っているチューブにはウサギのうんちが入っています。

(さらに…)

原始重力波のメッセージの正体は「ノイズ」かもしれない

 

20140924_fukuda_00.jpg

(国立天文台・HSCプロジェクトより)

  

宇宙の起源に迫る「原始重力波」の痕跡を確認した−−。今年3月、好奇心をくすぐる大ニュースが世間を揺るがしました。しかし、その3カ月後の6月、「観測したのは本当に原始重力波の痕跡なのか?」実験結果に厳しい目が向けられていることを、本ブログで伝えました。今回の記事はその続編となる第3弾です。

 

つい先日の9月22日、真偽のゆくえの鍵を握る重要な論文が発表されました!

内容は「3月に発表した実験で観測した空の光は"ノイズ"が大きい」というもの。今回の論文は中間報告なので、「観測結果からノイズを取り除いて結果を再評価する必要がある」と弱い表現で書かれています。しかし、海外の科学記事では「さらに疑いが強まった」「発表は勇み足だった」と厳しい言葉で伝えています。果たして今回の論文で何がわかったのか、気になる今後の展開やいかに!?

 

 

これまでの記事はこちら!

 

20140924_fukuda_10.png

20140924_fukuda_11.png

 

20140924_fukuda_19.png

※おさらいの内容をもっと詳しく知りたい人は、過去の記事を読んでください。

※今回の記事はおさらいが多いので、知識のある方は読み飛ばしてください。

 

 

 

(さらに…)

火星探査機MAVEN、マンガルヤーン到着!5分で火星探査がわかるまとめ

みなさん、ニュースです!

火星探査機「MAVEN(メイブン)」と「マンガルヤーン」が火星へ無事到着しました!!(∩´∀`)∩

 maven.jpg

9月22日に米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「MAVEN」が火星へ到着しました。

打ち上げられたのは昨年2013年11月。約10ヶ月の旅を経て、火星へ無事に到着したとNASAが発表しました。

そして本日、9月24日にもインド宇宙研究機構(ISRO)の探査機「マンガルヤーン」も火星に到着しました。アジア初の火星探査機到着です!

この2つの探査機は、どちらも火星に着陸する探査機ではなく、火星のまわりを衛星のように回る周回機。どちらも火星の大気の把握が目的です。

 

さて、ここで火星探査機のニュースで注目すべきポイントを3つご紹介します!

 140924図1.png140924図2.png140924図3.png



(さらに…)

高熱が急に...風邪?デング熱?家にある解熱薬は飲まないで!

 

8月27日にデング熱の感染が報告されてから約2週間、急速に患者数が増加しています。

科学コミュニケーターの武田が、" デング熱の感染経路と予防方法について " お伝えしました。今回は、" もし自分が、家族がデング熱にかかったかな?と思ったときの対処方法について " です。

 

中でも、一番伝えたいこと。それは...

デング熱にかかったときは、"アセチルサリチル酸(アスピリン)、イブプロフェン、ロキソプロフェン(ロキソニン)"が入った薬は飲まないでください。そのお薬、みなさんのご自宅にある可能性があります!! 

140915 niiyama01.jpg

(さらに…)

デング熱...まず、予防!

2014年8月中旬から、国内でデングウイルスに感染して、発症したとされる報告が相次いでいます。旅行などで海外に行き、そこで感染して日本に帰国してから発症した方は、これまでも年間200人くらい報告されていましたが、国内での感染は終戦直後以来なので、話題になっています。

厚生労働省によると、国内感染事例の患者数は、141名(平成26年9月19日12:00時現在)。

デング熱に関して、科学コミュニケーターの武田予防法をお伝えしていきたいと思います(対処法については、この記事とは別に、新山が書きますのでお待ちください)。

ご存じの方も多いかと思いますが、デング熱はデングウイルスが感染することでおこる感染症で、急な発熱や頭痛、筋肉痛などの症状がみられます。たいていの方は、症状が出ても1週間程度で回復し、後遺症もありません。発症した方の一部は、さらに症状の重いデング出血熱に陥ることもあります。海外で感染した方の体験記などには、非常に深刻な症状のものもありますが、おそらくデング出血熱に移行してしまったケースでしょう。デングウイルスに感染しても、症状が出ないこともあります。

そしてこのウイルスはを介して感染します。人から人へ、直接感染することはありません

 

 

............今回のこの記事では、............

 

●デングウイルスの感染はどのようにして起こるのか?

●デングウイルスを媒介する蚊の生態とは?

 

この2点に注目し、感染の予防を考えていきたいと思います。

(さらに…)