STAP騒動~検証実験で明らかになったこと~

科学においては、再現性が非常に重要なことを認識しました。

こんにちは。 志水です。

本日12月19日に理化学研究所・検証実験チームはSTAP現象の検証結果を発表しました。

STAP現象とは、「マウスの赤ちゃんの体にある細胞を、酸などのストレスにさらすと、いろいろな細胞になることができる(=万能性)細胞に変化する」という現象のことを指します。このような現象があるという発表が論文によってなされたのは、今年の1月(何がすごいとされたのかは、1月に私が書いた記事をご覧ください)。その後、論文にさまざまな疑いが見つかりました。

この論文には大きく分けて二つの疑いがもたれています。一つは「不正の有無」、もう一つは「科学的事実(科学的結論)」に関して、です。19日に発表された検証結果は、あくまで後者の「科学的事実(科学的結論)」についてのみ調べたものです。ここは、しっかりと分けて考えないといけないと思います。この記事では、今回の検証で報告された「科学的事実(科学的結論)」に焦点をあてます。

(さらに…)

宇宙人って、いるのかなぁ?

 

よく晴れた日の夜。

 星空を見上げながら、

  「宇宙人って、いるのかなぁ?」

    なんて考えたことはありませんか?

20141216_tani01.jpg 「星空を見上げて」(クリックで拡大) 2014年11月、千葉県内にて 谷明洋撮影

 

星空が綺麗な季節になりました(寒いけれど)。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

きょうは、地球外生命をテーマに未来館のVRシアターで12月20日から公開する映像コンテンツのお知らせです。

(さらに…)

紙おむつから考えるわたしたちの未来

 

こんにちは!!

科学コミュニケーターの田中です。

早いもので2014年も残すところ2週間

「来年のことを言えば鬼が笑う」と言いますが、そろそろ今年一年がどんな年だったか、あるいは来年はどんな年にしたいかなんてことを周りの方と話す機会も多くなってきたのではないでしょうか?

 

さて未来館では、お客様に科学トピックを15分程度でわかりやすくお伝えする「サイエンスミニトーク」というイベントを毎日実施しています。

先月より、私を含む14期科学コミュニケーター(2014年4月入社)が、自分で作ったサイエンスミニトークを続々と始めているところです。

さまざまなジャンルの科学トピックの中でも、私が作ったサイエンスミニトークのタイトルはこちら!!

「紙おむつから考えるわたしたちの未来」

20141213_tanaka_0.jpg

 

(さらに…)

エネルギー再耕② 水の街が生み出すエネルギー

20141208_matsuura_ene_001.jpg 

まずは、約5ヶ月前の科学コミュニケーター(SC)福田の記事を思い出してください。

 

福田は冒頭でこう言っています。


「エネルギーは地域の風土に合った方法

土地を "耕し" "収穫" するもの」

福島第一原発事故のあと、大規模な電力会社に頼らず、自分たちで再生可能エネルギーをかき集めようという取り組みが、じわりと広がっています。そんな取り組みを紹介する企画をはじめます。タイトルは「エネルギー再耕」「エネルギーは本来、地域に根ざした1次産業じゃないだろうか」との思いを込めて、課題を考えなおす「再考」の文字に「耕す」を用いました。・・・(中略)・・・SCの松浦と細々と続けてまいります。


SCの松浦と細々と続けてまいります。

 

そうです。エネルギー再耕は、福田と私とで続けていくシリーズ物なのです...

すみません。5ヶ月も放置していたのは私です。

というわけで、気を取り直してエネルギー再耕シリーズ、第2回目は

石川県金沢市

をご紹介します。

 

(さらに…)

【2014年ノーベル物理学賞】ストックホルムに来ています②晩餐会編


20141212_fukuda_00.png

ストックホルムで10日に開かれたノーベル賞の授賞式。前回のブログでは授賞式の様子をお伝えしましたが、その後に急いで車に乗り込んで向かったのは「市庁舎」での晩餐会。今回のブログでは、晩餐会の話題を中心に、現地からお伝えしたいと思います。



(さらに…)

【2014年ノーベル物理学賞】ストックホルムに来ています

20141211_fukuda_00.jpg

青色発光ダイオードの発明での物理学賞の受賞で、大いに湧いたノーベル賞。発表から早くも2カ月が経ちましたが、福田大展の熱はまだまだ冷めていません! というわけで、授賞式の雰囲気を間近で感じたくて、ストックホルムに来ちゃいました! 今回のブログは、現地から採れたての情報をお届けいたします!

 20141211_fukuda_29.png

 

(さらに…)

地球のことなら俺に聞け!(by有孔虫)

 最近、髙橋と熊谷は2人で海辺へ出かけては、こんなことをしています。

これを......

20141210kumagai_01.jpg

 

こう!

20141210kumagai_02.jpg

(髙橋、投げる!)

 

(さらに…)

飛んでけ!「みんなの」はやぶさ2!

20141208_shimizu_01.jpg

イラスト:池下章裕、提供:JAXA

 

「はやぶさ2」が無事に旅立ちましたね!

良かった!いやあ、良かった。

 

こんにちは、志水です。

12月3日、種子島宇宙センターからH-IIAロケットに載せられた小惑星探査機「はやぶさ2」が宇宙へと旅立ちました。 12月8日現在、探査機は太陽電池パネルを広げ、6年にも渡る長い旅路のスタートを無事にきったようです。

 

そう!旅は、まだ始まったばかり。

どうせなら、これからの活躍を楽しみに待ちたいですよね。

 

「TVで騒いでいたけど、はやぶさ2は何をするんだっけ?」

そんなあなたにぴったりのお話、ありますよ(小声)。

 

題して、「宇宙を知る、はやぶさ2を知る」

(さらに…)

「エボラウイルスを正しく怖れる」 ためのQ&A

先日、国立国際医療研究センターの堀成美氏を未来館にお招きし、「エボラ出血熱から身を守る方法」というテーマで、ニコニコ生放送の収録が行われました。日本科学未来館からは、古澤輝由、詫摩雅子が出演。

141127_hiei_01.jpg

当館シンボル展示「Geo-Cosmos」を背景に、生放送が行われている様子

WHO(世界保健機構)によると、エボラ出血熱の感染者数は15935人、死亡者は5689人と報告さています。(11月26日時点)。いまだに西アフリカでは蔓延は続いており、予断を許さない状況です。人の移動がある以上、日本に感染者がはいってくる可能性も考えられます。

その時、我々はどのように行動したらいいのでしょうか?

番組の冒頭で、堀先生が

「感染病対策で一番重要なことは一次予防」

と述べていました。

一次予防とはどのようなことなのでしょうか?

(さらに…)

南極へ行ってきます!

全国の南極ファンのみなさまお待たせしました!

 

クラブMiraikanリアルラボにて、昨年にひき続き、南極へ出発前の「しらせ」へ行ってきました。

 

タイトルを見て「ついに科学コミュニケーターの誰かが南極にいくのか!」と思われた方ごめんなさい。南極に行くのは「しらせ」です

今年の「リアルラボ@しらせ2014」は、ご覧の2本立てで開催しました! 

20141117_takahashi_03.png

 

 実際に南極に行ってきた先生のお話が聞けて、

その上、実際に南極に行く船の中を見られるなんて、なんて豪華な一日でしょうか!始まる前からワクワクがとまりません!

参加者のみなさんと横須賀駅で集合して、いざ「しらせ」の待つ海上自衛隊横須賀基地へ!



(さらに…)