大人も子供も、電子顕微鏡にときめいた!(リアルラボ@日立ハイテクノロジーズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こ・・・これは何でしょう!?

(うっ・・・ときめかない・・?)

2014005-horikawa-1.jpg

こちらは、7月30日(水)開催 リアルラボ@日立ハイテクノロジーズ 「~工場に行って・みて・考えよう!電子顕微鏡とわたし~」でみごと「ベスト・オブ・デンケン」に輝いた電子顕微鏡写真。シダ植物の葉の裏側を、250倍に拡大したものです。

 

クラブMiraikanを対象としたこのイベントでは、小学4年生以上を対象に20名の親子が参加。「電子顕微鏡のイノベーション」をテーマに、電子顕微鏡のメーカーである、株式会社日立ハイテクノロジーズ 那珂地区(茨城県ひたちなか)を訪問。電子顕微鏡が起こしてきたイノベーションと、今ある生活とのつながりを学び、電子顕微鏡がつくられる工場の見学や、実際に電子顕微鏡でのサンプル観察を行いました。

 

20140905-horikawa-2.jpg

(株式会社日立ハイテクノロジーズ 那珂地区 総合棟/提供:株式会社日立ハイテクノロジーズ)

 

電子顕微鏡をつくりあげる「最先端」と「職人技」

俊敏に自動で部品を振り分け、適材適所に送り分けるシステム。巨大な金属板を加工する機械。温度・湿度が管理された作業室。髪の毛1本、ホコリひとつ許さないクリーンルーム・・・普段はなかなか入れない工場に入り、電子顕微鏡の製造過程を各担当者の方から直々に伺いました。

 技能五輪にも出場されている「職人」の技も、間近で見ることができました。「技能五輪」とは、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会。制限時間内に1mmの100分の1(つまり0.01 mm以内)の精度で機械を組み立てる競技種目など、まさに職人さんのオリンピックです。

重さを量って、削って、また量って・・・をくり返す慎重で、繊細な作業。球状の部品は、限りなく真球に。この手作業による仕上げを「最後のひとなめ」とお話されていたのが、とても印象的でした。どんなに最先端のものづくりの現場においても、最後は人間の力が欠かせないものづくりの真髄に触れたような気がしました。

 

想像を超えるミクロの世界。電子顕微鏡で何をみる?

今回のイベントには、研究者や技術者の人と同じように、自分で電子顕微鏡を使いこなすぞ!という意気込みで、参加者のみなさんが調達したサンプルで観察を行いました。

20140905-horikawa-3.JPG

(鮮度の良いサンプルを!ということで、髪の毛を採取中・・・)

なぜそのサンプルを選んだのか?予想はどんな形?どの向きから観察しよう?

20140905-horikawa-4.JPG

どうして、こんな形をしているんだろう?倍率を変えて、もっとズーム!

20140905-horikawa-5.JPG

 

「観察」は、ただ見るだけではなく、手を動かし、頭をとっても使うものですね。

それでは、観察結果の一部をご紹介します!

 

ティッシュペーパーを500倍に拡大すると・・・

20140905-horikawa-6.jpg

さらに、別の紙に赤ペンで、インクをつけてみたら・・・

20140905-horikawa-7.jpg

紙の繊維の間に、べっとりとインクが入り込んでいるように見えます。

さらに「黒髪と白髪には違いがあると思って比べたのですが・・・」

20140905-horikawa-8.jpg

形状は同じ!ということで「白髪も抜かずに有効活用したいと思い直しました」と、日常生活につながる新たな発見を得た方も。

 

電子顕微鏡でなければ、みえない世界がありました。

みえて初めて、わかることがありました。

「あたりまえがとっても特別だった」大発見です!(参加者のコメントより抜粋)

20140905-horikawa-9.jpg

 

 ★ イベントの様子が茨城新聞に掲載されました!(動画あり)

http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14067217755777

 

【イベント実施概要】

リアルラボ@日立ハイテクノロジーズ 「~工場に行って・みて・考えよう!電子顕微鏡とわたし~」

開催日:2014年7月30日(水)

参加者:クラブMiraikan会員 小学4年生~大人 20名

協力:株式会社日立ハイテクノロジーズ

 

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す