注射で血管に空気を入れられました

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日はいつも書いているSFブログをお休みし、最近の体験談を書きます。実は私、人生で初めて入院を経験してしまいました。顔面神経麻痺といって顔の左半分が麻痺して動かなくなってしまったのです。といっても特に痛いわけでも気分が悪くなるわけでもなく、入院自体に苦痛はありませんでした。

ですが一つだけ、どうしてもいやで仕方ないものがありました。それは一日何度もやってくる注射です。

え、たかが注射じゃんと言われそうな気がしますがそうはいきません。入院中は針を刺しっぱなしにしていて、写真にあるコネクタのようなところから新しい点滴や注射器を入れ替え、次々に様々なものを体内に入れていきます。ですが、私の入院した病院では、別の注射や点滴に変える際になんと空気をほとんど抜いてくれなかったんです!!

私は血管から空気が入ると死ぬと聞いていました。大学時代にマウスを使った実験をしていましたが、空気抜きが甘い状態でマウスに注射すると、マウスはすぐにぴたっと動かなくなり、死んでしまっていたのです。自分の不注意で哀れな死を遂げたマウスを見ると、とても悲しい気持ちになっていたものです。

が、なんと私の入院した病院では、人間である私への注射に、ほとんど空気抜きの作業をしてくれなかったのです。

佐尾:「こ、これ空気入ってますけど大丈夫なんですか?」

看護師さん:「あ、これくらいなら大丈夫でーす。」

会話終了・・・。

まさにカルチャーショックでした。

空気はじわりじわりと管を通じてやってきて、やめてくれーという私の心の悲鳴を無視してブチッという鈍い感覚とともに血管内に入ります。

入った空気でマウスのようになったら・・・。気が気でなかったです。

そこでお見舞いに来てくれた、医学のバックグラウンドを持つ科学コミュニケーターの小林に聞いてみました。すると「10ml以上の空気が一度に入らなければ大丈夫と聞いたことがある」とのこと。これで少しほっとしました。

ですが私も科学コミュニケーターですのでそこは少し自分でも調べてみました。

空気が血管内に混入すると空気塞栓(そくせん)症というものを起こすことがあるらしいです。塞栓とはなんらかの塊により血管がふさがれ、血流が流れなくなることですが、中でも空気の混入が原因のものを、空気塞栓症というそうです。

入り込んだ空気が少しなら血液中に溶け、症状もほとんどないようです。ただし多量の空気が入って、例えば心臓に到達した場合には、血液を送りだすポンプ機能が失われるなど、深刻な事態を招くとのこと。

ではどれくらいなら大丈夫なのか? 残念ながら人体実験はできないので、正確な量はわからないようです。症状がでる推測値も文献によってもまちまち。しかし少なく見積もっても普通の静脈注射なら10ml程度の空気が入ったくらいでどうこうなるレベルでないことは間違いなさそうです。10mlの空気といえば相当な量なので、一度に入ることはまず間違いなくあり得ない。ということでやはり看護師さんや小林の意見は正しかったようです。

みなさんも病院で空気を入れられそうになっても、静脈注射であればちょっとくらいなら問題ないようなので、大目に見てあげてくださいね。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への9件のフィードバック

体重50kgの人間に対して10mLの空気が致死的だとすると、

体重50gのマウスであれば10uL(マイクロリットル)の空気で致死的と解釈できそうです。単純計算ですが。

10uLの気泡は直径1.3mmぐらい。

佐尾さんがマウスに打ち込んだ気泡はいったいどれぐらいの量だったのでしょうか。

ひだりの人様

コメントありがとうございます。

まず人間についてですが、10mlくらいまでなら症状がでないだろうということであり、

10mlで致死的というものではありません。

文献によると20ml以上から症状が出ることがあると指摘するものもありましたが、

小林の言った「10ml程度まで」は

普通の静脈注射であれば大丈夫だろうという数値です。

マウスに気泡を誤って打ち込んだ場合ですが、

気泡も小さいものなら影響がないことが多かったです。

死んでしまった際に入った量を正確に覚えてはいませんが、

ご指摘の1.3mmよりははるかに大きな気泡を入れてしまった覚えがあります。

ただ人間では腕からですが、マウスでは尻尾の静脈から注射しており、

入った空気の廻りかたや血管の大きさが違うため

単純に比較できるものではないかも知れません。

マウスであれ人であれ生命倫理の観点から試すことができないものなので、

数値はあくまで参考程度にして頂ければと思います。

佐尾

私も、少しでも空気が入ると死ぬ(または深刻な事態になる)のだと思っていました。

今日緊急入院した旦那が「さっき気泡が入っていった…」と心配していて調べた所このサイトに着きました。

具体的な量とわかりやすい表記で、心配しなくていいものだと解り安心できました。

明日のお見舞いで旦那にも教えてあげようと思います。

不安だったので助かりました。

前略 点滴ラインに迷入したエアーって気分的に

嫌悪感がありますよね、そう言った場合は

医療機関にはっきり言いましょう

何の為に世の中、輸液ポンプがあるのか

看護士をコールするためだけではないと

ひやりはっと医事行為として報告しろと

もし生命に危険は無いと反論してきたら

医療リスクは極力回避するのが当然だと、それでも

リスクはゼロにできないのですから

次回からは注意してくれると思いますし

それが当然です 敬具

その看護士は 間違っています 実は わたしは 腸閉塞という病気で 入院していました。看護士資格を持つ母が 

チューブに 空気が 入っているのを発見。すぐに看護士を呼びました しかし 担当看護士は 少しぐらいなら問題ないと取り合いません それで 口論になったわけです 最終的には 看護士長と副看護士長が 謝罪。点滴に空気が 混ざってはならない 今後は 指導を徹底すると 明言しました。

病院によっては レベルの低い看護士が いるので まず 病院を選ばなければなりません

よねさんのコメントについて。


一般病院勤務の14年目の看護師です。

チューブに空気が入っていたとの事ですが、文面からは点滴が終了してしまい、ドリップチャンバーから何十cmもエアーが入った状態で点滴を更新した様な状況ではなく、点滴の開始時又は途中での自然発生的な微量なエアー混入かと思われます。

状況が上記の様であれば、実際問題としては佐尾様がおっしゃってるように全く問題ありません。そんな量でどうにかなってたら、大問題になって多くの方が大変な事になってますよね(笑)

私が看護師になりたての頃はタコ管なる奇異なエアー逃しスペースが付いた輸液セットがありましたが、その有効性が疑問視され、現在は全く見る事がなくなりました(まだあるのかな~??)。それが答えです。

看護士(看護師と名称が変わる前の呼び名、十数年前?)とおっしゃってる時点で、お母様はそれなりにお年がいっていると思われますので、前の感覚なんでしょうね。

ただ、気持ちとしてはあまり良い物でないのは分かりますので、余りに訴えが強い場合はエアー抜きして落ち着かせる事も必要かと思います。

上席ナースが謝罪したのは、現在の厳しい接遇の観点から仕方なく謝った部分が多く、本音は違うと思いますよ(笑)

取り敢えず、同業者は本当にめんどくさい方が多い(どの業種もそうだと思いますがね。)

リスクマネジメントから言えば、不要な物は人体に入れないに限る。
それに尽きる。
結局杜撰な医療を行なっている様に見られるだけ病院側も損でしょう。
患者側も「知らないのでお任せします」では無く声を上げれば良いのです。
「不要な物は人体に入れないでください」と

医療は誰の為?医療機関や医療従事者の為?それとも患者?

今、入院中です。もう10日になります。この看護師さんの時は必ず!と言っていいほど、点滴が終わっても来ません。そして今、点滴の管15cm分くらいの空気が点滴と共に私の身体に入って行きました。
死なないではなく、こう言ったことは避けて欲しいものです。
就寝時間になっても眠れなかったので、点滴終わってますとナースコールしましたが、眠っていたらいつ来たのでしょう?
点滴の管から血液が逆流していました。
大丈夫、ではなく、安心して医療を受けたいです。

そうでしたか。
ただ今入院中の私も、昨日の点滴時に空気が入っていったのを見たので、
内心ヒヤヒヤしてましたが、今のところ異常無しで。
チューブの長さにして10cmぐらいだったと思います。

看護師さんに話したところ、説明も言い訳も無く、何だかなぁ~ですが、
異常が起こらなければそれで良いので、このまま問題無く過ぎてくれれば良いなぁ…と思っています。

とりあえず、致死量では無さそうなのが分かって安心しました!

コメントを残す