クローン人間?いいえ。クローン病

このエントリーをはてなブックマークに追加

麻酔が切れ始め、意識がぼんやりと戻ってくる。

目の前に現れた青い手術着を着た医師が、突然こう告げる。

あなたはクローン病かもしれません」。

え!自分はクローン人間だったの!?

 

どうも、はじめまして。10月から科学コミュニケーターになりました、福田大展と申します。今回は自己紹介も兼ねて、私が患っている難病「クローン病」を紹介したいと思います。

穴から汁!壮絶な検査入院

ことの発端は、2009年10月。当時、痔に悩まされていた私は(いきなり、すいません・・・)、ついにお尻の激痛で歩くのもままならなくなり、名古屋市のとある病院に駆け込みました。お尻に溜まった膿を出す手術を受ければ、日帰りできるだろうと、軽い気持ちで。(痔とかお尻とか、連発してすいません・・・)

しかし、実際には冒頭のような場面で病気を宣告され、10日間も検査のために入院する羽目に。小腸のレントゲン写真を撮るために、大量の下剤を飲んでトイレにこもる。鼻から胃を通り過ぎて小腸の入り口まで管を入れて造影剤や空気を注入。(これが地獄)さらに肛門からも、エアガンのようなものを刺され・・・。涙、鼻水、よだれ・・・。本能的な拒否反応なのか穴という穴から、いろんな汁があふれ出しました。「煮るなり焼くなり、好きにしてください」。私はすべての検査を、だまって素直に受け入れました。

 

クローン病ってどんな病気?

クローン病は、一言でいうと、「小腸や大腸などの消化管に潰瘍ができる病気」です。病気を発見したアメリカの内科医クローン(Burrill B. Crohn)博士が、名前の由来。決してクローン羊「ドリー」のクローン(clone)とは関係ありません!「Crohn」と「Clone」。スペルも発音も違いますが、カタカナで書くと混同してしまいます。

日本での患者の登録数は2009年現在で3万2000人ほど。過去30年間で急激に増えました。主な初期症状は、腹痛や下痢、血便、体重減少、痔ろうなど。炎症が激しくなると、口から食べられなくなり、鼻からチューブを入れてゼリー状の栄養剤を流し込みます。(私はまだやったことはありません)

 

原因はわからない なぜか免疫が暴走!

原因は、まだ正確には分かりません。中でも有力なのは、動物性脂肪をたくさん食べる欧米型の食生活やストレスなどの環境要因を引き金に、クローン病になりやすい遺伝子を持つ人が、免疫に異常をきたす説です。

人の体には、ウイルスや細菌から体を守る「免疫」という防御システムが備わっています。クローン病の場合、腸の免疫が暴走して過剰に反応。攻撃に歯止めがきかなくなり、自分の腸さえも傷つけてしまう考えられています。

 

対策は食生活! 何を食べてるの?

私はまだ初期症状なので薬に頼らず、日々の食事の改善を心がけています。食事の基本は「低脂質・低残渣」。つまり脂肪と食物繊維を抑えること。最近のお気に入りレシピは、「鳥のささみとカブのペンネトマトソース」です。

おいしそうでしょ?他にも、いろいろ気をつけています。

  • タンパク源は肉より魚!
  • やむなく肉を買うときは、鳥肉のムネかささみ
  • 調理の基本は、煮る、蒸す、あえる。揚げ物は食べない
  • ビール、コーラ、サイダーなど炭酸の飲み物を避ける
  • 世間のお酒は炭酸ばかり。焼酎、ワイン、ウイスキーは良しとしよう!

対策は、挙げればきりがありません。

 

若者に多い病気 可能性を大切に

最後にひとつ。クローン病は10~30歳ほどの、若者に多く発症する病気です。この時期といえば、受験に就職、結婚、出産と人生の転機が多い時期。クローン病だと宣告されたことで、自ら夢をあきらめてしまう人や、社会により可能性を閉ざされてしまう人がいるかもしれません。かくいう私も、受験と就職は経験しましたが、結婚はまだです。結婚できるのでしょうか?

しかし!クローン病は難病とはいえ、炎症が激しくないときは普通の人と同じ生活ができ、何ら変わりません。「どこが病気なの?」と言われかねないほど、見た目では分かりません。子どもは可能性の塊。クローン病を理由に夢を閉ざしてしまってはもったいない「より多くの人にクローン病を知ってもらい、若いクローン病患者が夢をあきらめずに活躍できる世の中になってほしい!」と、願っています。

私は今後も、クローン病の最新の研究動向を注目します。クローン病の人で、もし未来館に来てくださったときは、ぜひ声をかけてくださいね!それでは、また!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への4件のフィードバック

福田先生に質問です。

過敏性腸症候群とクローン病って全く別物ですか?

>むらたし様

 「先生」ではないので、先生と呼ぶのはやめてください(>_<)

過敏性腸症候群とクローン病についての質問ですが、

結論から言うと、別物です。原因も症状も違います。

なにが違うかというと、

【原因】

過敏性腸症候群はストレスや生活の乱れが原因とされており、生活環境を改善することで、治る病気です。

一方、クローン病は遺伝的要因と環境要因により、免疫異常が引き起こされることが原因で、現在の医療では治らない病気とされています。

【症状】

 過敏性腸症候群:腹痛や下痢、便秘

 クローン病:腹痛、下痢、肛門病変、腸の狭窄や瘻孔など

ネット検索をしていて福田さんのページを見つけました。クローン病と診断されて21年目になる者です。

確かに検査は大変ですよね。でも、診断がつければ使う薬も決まり、うまく薬が効いいてくれれば普通食も夢ではない。20年前に比べれば治療が格段に進んだと思います。

FBでクローン病のページを主催している者の一人です。もし、よければそこでお声をお掛けください。

福田さんはじめまして。ノリと申します。私は40を越えましたが実は10年前にとある先生にそう言われた事があった事を思い出し今回検索と言うモノをして当時の事をぐわぁっと思い出して…私もだなと痛感してコメントしています。30の頃お腹痛くて他の病院で『年齢も年齢だから』とバリウム検査を受け…撃沈★大変な疲れようで結果は無(泣)その後とある先生に出逢うのですが…かく言う私も某名が巷に流れていた為私自身の勘違いもありおおっぴらに調べられず人にも言えず★でも忘れられずにいて今また思い出すような症状になってきたと。くぅ~福田さんの《炭酸》の文字見て…ビールはあまり飲まないのですがソフトドリンクは炭酸物が大好きで★やっぱりな気も最近していたのです(涙)…あと今の一番の悩みは【げっぷ】(私もきちゃなくてスミマセン★)オヤジの唾吐きみたいな毎日にみぞおち辺りの痛み。背中の痛み。体のアチコチが痛み2年前にかかった病院で出逢った先生には『これはストレスが原因』と言われました。だから多分大半がストレスから来るのではと思ったりもするのですが…。30の時もアルバイト始めた矢先でしたから(3ヶ月で辞めました)高校生の時にも病院へ行きました。その時は《授業中お腹が鳴る》のが嫌で診てもらいたくて…あの頃に始まっていたのかも知れません。今は喉に口内炎みたいな感じのが出来ている感覚と(舌の裏を噛んで口内炎が出来る私…舌の裏ってどうやって噛んでるのか本人にも未だ謎★繋がっている筋っぽいとこ噛んじゃうんです)食べたい時と食べたくない時の差や食べても食べても食欲が止まらない時、お腹いっぱい食べたのに2時間くらいでお腹が空いちゃう時(彼に驚かれます)すんごいバラバラなのです。食べたいのが止まらないとエンゲル係数が大変な事に(泣)…てかコメントが大変な事になりだしたのでそろそろ〆にかかります。福田さんにお逢い出来て今日は本当に良かったです。自分の事をまた久々に省みてみる時がきたんだなぁって感じています。去り際に言われただけなので私には《国指定の難病名》は付いていない状態ですし、病院に付いてった親も知らないかも…なくらい(笑)私も今回《難病》なんだって知ったくらい(笑)今は更年期なくらい色々大変で【デトックス】の最中なの♪してていいのか分からなくなってきちゃったけれど…気分的に良ければいいよね?ハーブティーは気持ちが落ち着きます。それではまた遊びに来ます☆ノリより。

コメントを残す