うんこの移植

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。

今日もいいうんこ、でましたか?

 

今回はうんこの移植、「糞便移植」をご紹介します。

その名の通り「他人のうんこを患者の腸内に移植」する技術です。

 

げっ!他人のうんこを体内に入れるの!?

 

人間、自分のうんこを眺めることはできても、

他人のうんこともなると、相当ハードルが高いのではないでしょうか。

しかもそれを体内にいれるなんて!!

…なぜ、そんなことをするのでしょう?

 

ポイントは腸内細菌です。

ここでうんこブログ2回目の記事「うんこのなかみ」のおさらいです。

うんこのほとんどは水分ですが、その次に多いのが腸壁細胞の死骸、ついで腸内細菌の死骸で10~15%を占めています。

死骸といいつつも、まだ生きている腸内細菌も多く、

コアラやウサギは自分のうんこを赤ちゃんに食べさせることで、

親の腸内細菌を子どもに与えているともいわれています。

 

みなさんがよく知っている腸内細菌といえば、大腸菌でしょうか。

プールでもよく大腸菌検査をしていますし、一方で、遺伝子の研究ではよく使われている細菌です。

 

でも、私たちの腸内に住んでいる細菌はそれだけではありません。

大腸菌以外にも、ビフィズス菌の仲間乳酸菌の仲間など、1000種ほどの菌が暮らしています。

この菌のグループをおおざっぱに分けると、免疫力を高めたりビタミンをつくったりする善玉菌、発がん物質や有害な毒素をだす悪玉菌、優勢な菌の味方をする日和見菌の3つのグループになります。

どの菌の勢力が一番強いかで、私たちの健康状態は左右されてしまうのです。

 

いま、ここに慢性的な下痢で苦しんでいる人がいます。

便を調べてみると、善玉菌がほとんどいなくて、悪玉菌とその尻馬ににった日和見菌が優勢です。この勢力を塗り替えることが治療に必要だとわかっていますが、なかなかうまくいきません。

そこで糞便移植です。

健康な人の便にいる腸内細菌グループを患者の腸に移植し、

腸内細菌の勢力を塗り替えてしまおうというというのがこの治療の狙いです。

実際やってみると…特定の疾患の患者には高い効果があることがわかりました。

 

たとえば、クロストリジウム-ディフィシル感染症という病気があります。

クロストリジウム-ディフィシルは抗生物質が効きにくい腸内細菌です。

他の感染症治療の抗生物質投与により、善玉菌、悪玉菌ひっくるめて手薄となってしまった腸内でどんどん増え、毒素を出し、下痢を引き起こします。

この病気に対しての糞便微生物移植実験がアメリカで行われ、米国消化器学会は有効だとして、早期承認を求めています。

でも、日本ではまだこの治療が行われていません。

 

何故でしょう?

それは、うんこは一方で、感染症の原因でもあるからです。

 

うんこの処理を適切にしなかったばかりに、感染症が広まり、ばたばたと人が亡くなっていった例はたくさんあります。いくら健康な人のうんこといえども、感染症のリスクはゼロではありません。

 

このリスクを回避するためには、腸内細菌についてきちんと調べて、有効な菌だけを取り出したり、あるいは菌がつくる有効物質だけを取り出したりする技術が必要になります。

しかし、腸内細菌が体内で何をやっているか、実はまだほとんどわかっていません

何しろ腸内には1000種近い菌がいます。

さらに、腸内細菌は「偏性嫌気性菌」という、空気があると培養できない菌がほとんど。

さらにさらに、腸内細菌はお互いに助け合いながら生きているような面もあり、単一種だけをとりだしても本来の活動の様子を見せてくれなかったりします。

しかし、この腸内細菌の様子が一気にわかる技術が開発され、現在つぎつぎと腸内細菌の世界が明らかになってきました。その技術とは…

 

 てれれれってれーーー   

次世代シークエンサー!

 

これは、うんこの中に含まれているDNAをまるっと解析し、ゲノム比較によって菌の分布や役割を調べる技術。もちろん、細菌が生きていようが死んでいようが、DNAさえとれれば大丈夫です。

 

この技術により、日本人と欧米人の腸内細菌の違いや、福田さんが苦しんでいるクローン病やアレルギー疾患のカギも腸内細菌が握っているかも?という事がわかってきました。

また、人種やくらし方によっても住んでいる腸内細菌がちがうということもわかってきたのです。

道理でアメリカで大絶賛のダイエット法が効かないはずだわ…

このことによって、糞便移植がより安全で有効な、うんこをもとにしたテーラーメイド医療が可能になるかもしれませんし、あるいは日本人にあったダイエット法が開発されるかもしれません。

 

あなたが毎日だしているうんこ。実は人類の未来をかえる可能性を大いに秘めているのです。

 

それでは明日もいいうんこがでますように!

さようなら

 

うんこのいしょく

 

参考リンク

American Gastroenterological Association:

Fecal Microbiota Transplant is a Promising Treatment

http://www.gastro.org/news/articles/2013/06/12/fecal-microbiota-transplant-is-a-promising-treatment

横浜衛生研究所:

クロストリジウム-ディフィシル感染症について

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/disease/clostridium1.html

 

参考文献

『大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌』辨野義己・著、幻冬舎

『ウンココロ』寄藤文平、藤田紘一郎・著、実業之日本社

読売テクノフォーラム「人体は細菌でできている-マイクロバイオーム研究最前線-」

東京大学大学院新領域創成科学研究科・服部正平先生ご提供の資料

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への7件のフィードバック

素直に感動しましたw笑

萩谷さん

ありがとうございます!

私もうんこを野放しにすること=感染症の流行だとおもっておりましたので、「移植」にびっくりしてブログを書きました。

腸内細菌の研究は今とてもホットな研究で、自閉症などの疾患も腸内細菌が原因なんてレポートも出ているようです。

なにぶんにも複雑な世界なので解明するのは難しそうですが…

食べても太らない体質になる腸内細菌(群?)がわかれば、美容関係で大もうけできそうですね。

やはりうんこは侮れません。

NHKの「あさいち」でやってました。
それでネットで調べたらヒットしました。
マイクロバイオームと言う記事で腸内細菌の役割はしっていましたが、うんこ移植は想像しませんでした。
医療用としての用途もあると思いますが、子供の時の食生活は大事になってくるのでは。
ともかく「他力依存型」の医療だけでない方法があってもいいように思います。
また進展がありましたら、ブログ期待してます。
WHOの砂糖25g未満の提言については、どうお考えですか。

JohnLemonさん
コメントありがとうございます!「あさいち」でやっていたんですね。
・・・見逃しました。くやしい。

おっしゃるとおり、何をたべるか?は子どもに限らず、大人にとっても重要です。
ただ、
「野菜をたべれば体にいい!」
「魚をたべると健康に!」
といわれてせっせと食べても
「うおー!調子いい!!おれ健康!!」
と思える人は少ないのではないのでしょうか。

食生活に問題はないか。
体に異常はないのか。

それを伝えてくれるのが「うんこ」です。
毎日だしたうんこを観察し、そこから得られた情報を食生活に生かすというのが
JohnLemonさんの「他力依存型」ではない医療につながっていく第一歩だと私は考えています。

WHOの砂糖25g未満の提言については、
世界のあらゆる人種に対しての指標として、
どこかで線をひかねばならないという事情が感じられます。

もちろん砂糖25g以上摂取したからと言って、
誰もが肥満になるわけでも、虫歯になるわけでもありません。
とはいえ、肥満が社会問題になり、子どもの虫歯が増えているというデータに対して、WHOはなんらかの指標を発表しなければ行けない立場にあります。

どこで線を引くのが妥当なのか?

そこについて幅広い視点を得るために、WHOは今回意見を求めているのだと思います。

こういった指標や基準については毎回「100%をいえない科学」と「科学データを裏付けにした値」のジレンマがついて回ると思っています。
当館の詫間がブログ「STAP細胞はあったのか?」のコメント内でも言っているように、「きちんと疑う態度を身につける」ことが大事です。WHOが発表しているから正しいんだではなく、自分にとってはどうなのかを考えることが、私たちの身の回りにある「指標」や「基準」とうまくつきあえるのではないでしょうか。

糞便移植。このニュースはパンチ力がありましたよねっ!プラスにもマイナスにも。

C.ディフィシルやクローン病以外にも、アレルギーや喘息など、腸内細菌欠乏?の悪影響はいろいろあるらしいですね。この治療法なら、もし効かなくても抗がん剤みたいな副作用はなさそうだし、抗生物質治療後のセットみたいにして普及させてほしいです!!(なんて思うのはわたしだけか?)

お医者様でも、こういう話題に鼻もひっかけない方がまだまだおられます。坂巻さんみたいに、科学を「おもしろく」コミュニケーションする勢力が拡大しますように。七夕さまにお願いしときま~す。

giscours さま

コメントありがとうございます。
腸内細菌研究は今まさに最先端の研究分野だと思います。
ご指摘の通り、免疫機構から脳科学、はてはダイエットまで幅広い分野に腸内環境がかかわってきていることがわかりはじめてきました。

でも、やはりすべてを解明するのはむずかしいようで・・・

自分の体の中に世界中の研究者がとりくんでもまだわからない世界があるなんて、少し不思議です。
七夕様にお祈りするぐらいみんなが関心をもてば、この分野の研究ももっと進んでいくんじゃないかと思います。

初めまして、予防医学を研究している梨羽真聡と申します。
糞便移植にとても興味をもちました。そしてひとつ質問なのですが、この移植を一度行えば、その人の腸内環境は永遠に変わるのでしょうか?それとも定期的に行わなければならないのでしょうか?
もちろん、移植を受けた方はその後の生活習慣や食生活に気をつかっていかなければならないと思いますが。

腸内細菌、今後日本の医療を大きく変えていく存在になりますね。

コメントを残す