頭蓋骨コミュニケーション 〜骨に恋する復顔師~

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして!

2013年10月に入社いたしました、科学コミュニケーター(SC)の 戸坂 明日香 です。よろしくお願いします。

 

私の専門分野は芸術未来館現役SCの中では紅一点...ならぬ芸一点の芸術系科学コミュニケーターです。大学では美術解剖学研究室で芸術と科学の融合した研究をしてきました。研究テーマは復顔(ふくがん)です。

 

みなさんは復顔をご存知ですか?復顔とは頭蓋骨に粘土をつけて生前の顔を復元することです。警察の科学捜査(*注)の担当官 や博物館の人類学者の中には復顔を専門にしている人がいます。 刑事ドラマなどで見たことのある人もいるのではないでしょうか?

今回は自己紹介を兼ねて、復顔像の作り方を皆さんにご紹介したいと思います。

*注:警察の場合には具体的な顔に作りすぎると目撃情報が集まりにくくなってしまう場合があるので、細部のつくり込みはせずに大まかな印象に留めておく必要があります。

 

今回ご紹介するのは、国立科学博物館の企画展に合わせて私が手がけた復顔作業です。私は復顔像の原型制作を担当していますが、私以外にもたくさんの専門家が関わっています。顔の復元プロジェクトは骨を発掘したところから始まります。

 


【骨の修復とレプリカ制作】

発掘された頭蓋骨は状況により破損している場合があります。このような頭蓋骨は同じ発掘場所から骨の破損部分を見つけ出し、つなぎ合わせて復元していきます。この作業は修復の専門家が行います。

復顔の作業では、常に、事前に本体から型取りしたレプリカ(複製)を使います。頭蓋骨本体は人類学において歴史的な資産ですし、遺骨としても丁重に扱う必要があるため保存しておきます。シリコンで型を作製し、FRPという樹脂を流し込みレプリカを作ります。この工程は模型職人が行います。

 

【頭蓋骨から身元を推測】

 頭蓋骨は「骨の形状」「発掘された場所と状況」などから身元を特定します。

骨の形状...「性別」「年齢」「時代ごとの特徴」「個性」などを見ることができます。今回ご紹介する頭蓋骨は男性です。男性の場合、頭蓋骨自体が女性に比べ大きくしっかりしていますが、それだけではありません。眉毛のあたり(眉弓)が盛り上がっていたり、後頭部の一部に隆起(外後頭隆起)があるなど男性に特有の形があります。年齢は骨や歯の成長・発達状態から推定できます。また生活習慣(食事・運動・病気)による骨の変化を見分けることも、復顔の材料として大切な要素となります。骨の分析方法に関しては後日ここでご紹介したいと思います。

発掘場所と状況...今回、復顔した男性の頭蓋骨は池之端七軒町遺跡という場所から発掘されました。池之端は江戸時代の町人階級の人たちがたくさん住んでいた場所で、当時の町人の埋葬方法であった木棺とともに発見されています(武士階級は甕棺)。また木棺が埋葬されていたお寺の格式や副葬品、その周辺の出土品などからも町人階級に属していた人物と考えられます。遺体とともに棺に入れる風習のある六文銭の鋳造年代を調べることで時代を推定することもできます。

このように身元を推定する作業は主に法医人類学者が行います。

 

【レプリカに粘土で軟骨や筋肉などを付けていく】

ここからが私が行う原型制作です。法医人類学者のアドバイスを受けて頭蓋骨の形を読み取り、形にしていきます。

                       

骨の計測

20140312tosaka5.jpg

まず、粘土を付ける前に骨を計測します。計測にはマルチン式計測法という世界共通の人骨計測法を使います。顔の計測点の数は研究者により異なりますが、およそ15〜34点。骨の凹凸や歯の形状によって計測点の位置が定められます。(ご興味のある方は馬場悠男先生の『人骨計測法』がお勧めです。)

計測点に軟部組織(顔の筋肉・脂肪・皮膚)の厚さ分の杭を取り付けます。厚みを決めるには、人種ごとに計測して平均値を割り出した既存のデータを使います。写真では軟部組織の下にある深部の筋肉(側頭筋と咬筋)をつけています。 

 

眼球の固定

20140312tosaka4.jpg

眼球となる球体を埋め込みます。人種や時代に関わらず、人間の眼球の平均的サイズである直径25mmのものを用います。

位置は眼窩(眼球の収まる頭蓋骨の窪み)の形を見て決めます。人種により眼球の突出具合は異なりますが、眼球の位置に関する科学的データはまだ少なく、資料の充足が求められています。鼻の先は軟骨なので骨は残りません。そのため鼻の高さや形状は顔面中央の骨の形を見て決めます。

 

浅部(表面に近い部分)の筋肉をつける

20140312tosaka3.jpg

人間の頭蓋骨は左右対称であることはめったにありません。ほとんどの場合で、何かしら歪みがあります。骨の形を見ながら、顔の歪みに合わせて表情筋をつけていきます。

 

半分だけ皮膚を付ける。

20140312tosaka2.jpg

全部に皮膚を付けると骨の形がわかりにくくなってしまうので、半分ずつ付けて顔の印象をみます。その後で全体の皮膚をつけていきます。

 

髪型の形成

2014/03/12tosaka1.jpg

髪型は復顔する頭蓋骨が何時代のどんな人なのか...という歴史的な背景を踏まえてつくります。

この方は江戸時代中期の町人と考えられているので、町人男性に流行った髪型を採用することにしました。結びは緩く、髷を少しずらすのが粋!髪型などの装いに関しては、江戸文化の研究者よりアドバイスを頂きました。復顔の原型作業はここで終了。型取り業者さんに渡します。

 

【型取り・彩色】

20140312tosaka6.jpg

型取り業者さんによって肌のテクスチャー(毛穴やキメ)が付けられ、型取・彩色して完成です。テクスチャーや彩色によって顔の印象が変化するため、仕上げには法医人類学者と復顔師(戸坂)が立ち会って監修します。

                    写真:国立科学博物館の企画展『江戸人展』にて

 

復顔のプロセス、いかがでしたでしょか?

復顔は科学的なデータに基づいて行われますが、実は科学だけでは分からない部分もあるのです。

例えば耳や鼻は軟骨のため、骨が残りません(残るのは硬骨だけ)。また唇の厚さや瞼の形など数ミリで顔の印象が大きく変わってしまう部分もあるため、科学的なデータだけで顔を作ることはできないのです。そこで必要になってくるのが観察力」「想像力」

 

私は復顔の仕上げ段階になると、電車によく乗ります。車内でたくさんの顔を見ていると"全員に共通する骨格""共通しない骨格"があり、「共通する骨格は人間の構造によるもの」「共通しない骨格は個体差」として見えてきます。頭蓋骨と外観の関係性を観察して分析するのです。こうして「観察力」を鍛えると勘が働くようになり、勘が「想像力」を刺激します。「想像力」は人間の微細な顔の違いをつくるのにとっても重要なのです!!

 

復顔は「造形技術(粘土の扱い)」も必要ですが「観察力(科学的な見方)」「想像力(表現)」が欠かせないので、私は(不審者に間違われないように気をつけながら)日々、人間の顔を観察しています。

 

始めにも書きましたが、頭蓋骨の形は性別年齢だけでなく、食事生活習慣などによって変わっていきます。頭蓋骨の形をしっかり観察すると、その人の生前の姿が自然と見えてきます。頭蓋骨を理解して粘土を付けていけば自然と顔が現れてくるのです。

復顔は頭蓋骨とのコミュニケーション。頭蓋骨は何も言ってくれませんが、相手(頭蓋骨)をよ〜く観察すると"わかること"がたくさんあるのです。

 

皆さんは自分の骨を意識して観察したことはありますか?皮膚に被われて見えない骨には、皆さんのこれまでの人生が刻まれています。この世に全く同じ骨は存在せず、骨はそれぞれとっても個性的。そして骨の形は死ぬまで変わり続けるため、今後も皆さんの人生を映し出して行くのです。鏡で見たり触ってみたり...自分の骨と向き合ってみると今まで知らなかった自分の姿が発見できるかもしれません。

 

未来館の5階には人体骨格標本(通称:ボニーちゃん)があります。その近くで骨について熱く語っている科学コミュニケーターがいたら、それは私です。どうぞ気軽に声をかけて下さい。ボニーちゃんをご紹介いたします。

 

未来館で頭蓋骨コミュニケーションしてみませんか?

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への10件のフィードバック

復顔、意外に地道な作業ですね。
顔の筋肉もきっちり考慮しているとは驚きでした。

ところで、もし、同じ骨を使って2つのチームで復顔したとき、
どれくらい似るものなのでしょうか?

あと、頭蓋骨を「ずがいこつ」と呼ぶ業界と「とうがいこつ」と呼ぶ業界が
あるようです。復顔業界はどちらなのでしょうか?

浜っ子ハマちゃんさま


コメントとご質問ありがとうございます。

>同じ骨を使って2つのチームで復顔したとき、
>どれくらい似るものなのでしょうか?

とのことですが、復顔は制作者によって顔の印象が若干異なります。
過去に、ツタンカーメン王の復顔をアメリカ・フランス・エジプトの3つの
チームが行った例があります。(昨年、日本チームも復顔しました)

以下のサイトをご覧頂くと、同じ頭蓋骨からつくった復顔像でも顔の印象に差が出ることが分かるのではないでしょうか?

参考サイト:http://www.nikkeibp.co.jp/archives/374/374632.html


顔は細部の作り込みで印象が大きく変わるので
制作者の「骨の読み方」と「造形の技術量」が大きく影響します。
生前の写真でも残っていない限り、顔の答え合わせはできないので、
私は科学的根拠のない部分の作り込みに関しては“復顔依頼者の希望”も考慮します。(威厳のある感じで…とか、気品や愛嬌のある感じで…などと依頼を受けたりするので。)

人が持っている雰囲気は数値化できないので表現するのは非常に難しいですが、そこが復顔の魅力でもあります。

浜っ子ハマちゃんさまが仰るとおり、復顔は本当に地道な作業です。
特に、完成に近づくほど復顔像の印象が定まってくるので
共同制作者とのチームワークも重要なのだと思います。


頭蓋骨の読み方に関してですが、
私は頭蓋骨は「とうがいこつ」と読んでいます。
復顔に限らず、解剖学の世界では「ずがいこつ」ではなく「とうがいこつ」と読むのが正式な読み方です。
解剖学用語は発音で別の骨と聞き間違える可能性を防ぐため、
音読み・訓読みが統一されている名称がいくつかあります。「頭」の字がつく用語は頭頂骨(とうちょうこつ)、側頭骨(そくとうこつ)などがありますが、全て“頭=とう”で統一されています。


復顔の確からしさについての質問です。
生前の顔が残ってる頭蓋骨で練習して、大体再現できるようになったら
頭蓋骨だけの資料を復顔しても、再現できてるはず、という感じなのでしょうか。
教えて下さい。

タマさま

ご質問、ありがとうございます。

復顔はあくまでも顔を“復元”する作業ですので、“再現”することはできません。骨の形から「こんな顔だったかもしれない」という一つの可能性を提示しているだけなのです。
身元が特定している頭蓋骨で練習をするのは倫理的にも厳しいため、基本的に復顔は答え合わせができません。自分が復顔した頭蓋骨の「本当の顔」を見てみたい…というのが私の切なる願いです。

しかし、今は頭蓋骨の画像データ(CTスキャンなど)を撮り3Dプリンターで
出力する技術があるので、実際に生きている人と頭蓋骨の関係性を研究することが出来るようになりました。この研究が進めば、より実物に近い復顔像がつくれるようになるかもしれません。

いつか機会があれば“自分の頭蓋骨を3Dプリンターで出力し、復顔法どおりに復顔したらどんな顔になるのか”を試してみたいと思います。

突然のメッセージ、失礼いたします。
美容に関する仕事をしており、顔の構造の理解の大切さを実感しております。
死者からも生前の顔を推測していくという復顔の魅力を感じ、
復顔について学ばせていただきたいと考えているのですが、
お勧めのテキストなどありますでしょうか?
勝手なお願いですが、教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

関西人さま

こんにちは。
戸坂です。
メッセージありがとうございます。
お返事が遅くなってすみませんでした。

では早速ですが、
私が復顔の手引きにしている書籍をご紹介します。

➀『Forensic Facial Reconstruction』Caroline Wilkinson (2004)
  CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESS

②『Forensic Art and illustration』 Karen.T.Taylor(2001)
  CRC Press

③『Making Faces』 John Prag and Richard Neave(1997)
  Taxas A&M University Press

④『白骨死体の鑑定』瀬田季茂・吉野峰生1990
  令文社

⑤『日本人の面皮の厚さ』鈴木尚(1948)
  人類学雑誌 J.Anthrop.soc.Nippon 60 7-11

⑥参考サイトhttp://www.jsme.or.jp/bio/news/20.html
 BIOENGINNERING NEWS No.20 Summer,1995.7.20
「バイオエンジニアリングの歴史」


オススメは➀です。写真や図版が多くてとても分かりやすいです。
⑥のサイトは科学警察研究所の報告書ですが、復顔についてかなり詳しく書かれています。④は絶版本なので入手は難しいかもしれませんが、医学系の大学図書館などにあるかもしれません。⑤も古い文献なので、こちらも大学図書館(人類学か生物学系)などで調べた方が良いかもしれません。
 

関西人さまは美容のお仕事をされているとのことですが、女性を対象とすることの方が多いのでしょうか?
これまでの復顔研究はほとんどが男性(の頭蓋骨)を対象としており、女性の復顔は制作事例も参考文献も非常に少ないのが現状です。特に日本人女性の復顔は本当に少ないです。
女性の顔は男性に比べて脂肪が多いので復顔するのがとても難しく、私はいつも苦戦しています。でも、数ミリの粘土量の変化で顔の印象が一気に変わったりするので、そこがおもしろい部分でもあります。復顔をしていると、「美人の定義」ってなんだろう?と思うこともしばしば…。

もし、関西人さまが気になっている美容の問題点などございましたら、お聞かせ頂けると嬉しいです。今後の復顔研究に反映させたいと思います。

戸坂明日香さま

返信ありがとうございます。
早速①、購入させていただきました。届くのが楽しみです。
私のお客様は9割が女性です。
実は、美容の世界でも自然な治療というものが理論立てて説明されるようになったのはつい最近の事なのです。
今でも、不自然だなと思われる美容治療を受けた方もおられますよね。
好みによって仕方がないのかもしれませんが、悲しく思う事も多いです。
年齢による脂肪などの変化は、例えば
http://www.facedoctorsremuera.co.nz/anti-ageing.html
のようなことを考えながら治療しております。
一度、美人についてお話させていただきたいですね!
美容は本当に楽しい学問ですよ!

突然のコメント失礼します。
先日たまたま番組で戸坂さんが復顔をしているのを見て
骨のことに興味を持ち勉強しています。
まだ名前を覚える程度の段階ですがいつか骨や復顔のことについてお話しできたらなんて夢を見ています。
拙い内容ですみません。応援しています。

時雨さま

初めまして。戸坂明日香と申します。

テレビ放送をご覧いただき、ありがとうございます。また、私の復顔をきっかけに骨に興味をもって下さったとのこと、大変嬉しく思っております。

骨の名称は一見すると漢字の羅列で難しそうに見えるのですが、名は体を表していて実は意外とシンプル(単純?)な名称だったりします。

例:外後頭隆起→外側で後頭部にある隆起(そのままですね…笑)


骨はその形状や構造も面白いですが、“表現された骨”もとても奥深いのでオススメです。
例えば、解剖学者アンドレアス・ヴェサリウスの著書『人体解剖学書』(1555年)の挿絵は、ポーズを取る骨が寓意的に描かれていたり、中世ヨーロッパではペストが流行したときに踊る骨の絵が大流行しました(ミヒャエル・ヴォールゲムート「死の舞踏」)。
日本でも「九相図」と呼ばれる絵があり、人間が白骨化するまでの姿を9つの場面に分けて描いています。イタリアやチェコには通称“骸骨寺”と呼ばれる教会があり、人骨を多様に組み合わせて壁面を装飾したものまであります。


歴史をみると、人骨の扱い方から各時代・各国の死生観が伺えるような気がします。未来の人たちの骨はどのような形に変化し、死後はどのように扱われていくのでしょうか?そんなことを想像してみるのもおもしろいかもしれませんね。
私も、もっともっと骨の勉強をしていきたいと思います。


お台場近郊にお越しの際は、ぜひ日本科学未来館へお立ち寄り下さい。
いろいろな骨話をいたしましょう。

戸坂様
初めまして

復顔師というお仕事、最近になって初めて聞きましたがとても興味深そうです。
先日大学で公開講座があり、骨や頭蓋骨を見て年齢や性別の推定をするというものを知りましたが復顔はまた違ったアプローチが必要なんでしょうね。
前述に記載されていた本で勉強してみたいと思います。

復顔、もしくは骨の研究に携わる仕事がしたいと思っていますが
やはり医学部の大学院を出るのが最低条件なのでしょうか?

復顔研究応援しています。
これからも頑張ってください

コメントを残す