もしあなたがA子だったら、「卵子提供」を受けますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

30代後半になって出産を意識したA子。すぐには妊娠できず、いくつかの不妊治療を受けました。その中で、「卵子提供」という方法を知りました。卵子提供者の卵子と夫の精子を体外受精して受精卵を作り、その受精卵を自分の子宮に移植して、妊娠、出産する方法です。もしあなたがA子だったら、「卵子提供」を受けますか?』

「受ける」が129票、「受けない」が217票。未来館5Fの医療エリアの出口付近に、昨年12月から1月の終わりまで2ヶ月間にわたって展示された問い。いったいどうしてこんなに意見が分かれたのでしょう?

総計363票というたくさんの回答。自分ごととしてとらえた多様な意見が迫ってきます。

この展示は「エンドクサ」。現在、または近い将来、医療の現場などに最先端の科学や技術が入ってくることで、私たちの生活にどんな変化がおこるのか、それを望むのか、みなさんの意見をながめ、考え、自分の意見を残す場所です。

 

363票をすべて読み、6つの大きな論点があることが見えてきました。

①家庭の幸せって、何?

②誰のための技術?

③何を満たせば「自分の子ども」?

④どんな子どもがほしい?

⑤リスクを避ける?子どもがほしい?

⑥何が「自然」で何が「人工的」?

 

それぞれについて、どんな意見があったのか、見ていきましょう。

 

①家庭の幸せって、何?

大半の方が「子どもがほしい」と回答するなか、「子どもがいなくても幸せになれる。夫婦ふたりで仲良く暮らす」と回答された方が複数いました。一方で、「この人の子供がほしいと思ったから結婚したり出産を望むのであって、他の女性の卵子だったら最初からその人と結婚すればよいのに」という意見も。結婚し、家庭を作ることに何を求めるのかが、卵子提供への意見の違いへと表れていました。

 

②誰のための技術?

出産する女性の立場で答えている方の他に、「自分がそうやって産まれたとしたら」と産まれてくる子どもを主体として考えたり、「旦那さんが(子どもを)ほしいならば」「両親に子ども、孫を見せてあげたいので」など、他の家族の立場になって問題をとらえている方もいました。子どもを妊娠し出産するのは、自分だけでなく産まれてくる子どもも含めて家族全員にとって一大イベント。まわりの考えも判断に関わってきます。家族で意見が異なるとき、さらに選択はむずかしくなりそうです。卵子提供を受けるか受けないか「わからない」と答えた方のなかには、「相手の意見を尊重する」と任せてしまう人も多くいました。

 

③何を満たせば「自分の子ども」?

一番意見に違いが見られたのが、この視点。「自分の子ども」を遺伝情報でとらえるか、妊娠でとらえるか、ともに家族として過ごしていく時間でとらえるか、考え方の違いがあらわれました。卵子提供では子どもに母親の遺伝情報がうけつがれません。その前提のうえで、卵子提供を「受けない」意見の中には「自分の子でないのなら、産む理由、育てる理由がみつからない」「本当に愛せると思えない」「旦那さんと別の女性との子どもなんてイヤ」という声が多数ありました。また、「(遺伝情報がうけつがれないのであれば)養子縁組を受ければいい」と提案される方も。一方、「受ける」と答えた方の多くは「どんな方法で妊娠しようが、我が子だから」「DNAは違っても腹から出てくるならOK!」と妊娠したら自分の子と感じると答えた方、「性格やしぐさは産まれてからの環境で形成されると思う」と、ともに過ごす時間に重きをおく方が多く見られました。

「自分の子ども」をどう定義するかは、科学が答えられるものではなさそうです。

 

④どんな子どもがほしい?

「子どもが自分に似ていないとイヤだから」卵子提供は「受けない」という意見が多数を占めるなか、中には「自分より美人の卵子なら子どもも美しくなるから」卵子提供を「受ける」、という方も。その一方で、卵子提供を「受けない」、とした上で、「卵子提供者の形質も気になる。優秀な提供者の卵子は高額になるのか?命に値段をつけるのか?」と問題提起をして下さる方もいらっしゃいました。また、受ける・受けないかは「卵子提供者による」というコメントも。卵子提供者は選べた方が良いのでしょうか。選べるとしたらどんな人を選びたいのでしょうか。

 

⑤リスクを避ける?子どもがほしい?

「確実に妊娠・出産できるわけではない」「(母胎、胎児への)リスク、時間、費用など犠牲が大きすぎる」ために「受けない」とする人、「倫理的にも経済的にも周りから理解されるなら」「リスクととらえつつも自分はのりこえられる」「最近の卵子提供の技術はとても良くなっている」「ある程度のリスクはやむを得ない」として「受ける」とする人、ともにリスクや負担を意識して判断している方が多くいらっしゃいました。現在、卵子提供を受けるための平均費用は数百万円といわれ、高齢妊娠となると妊娠高血圧症候群、癒着胎盤などのリスクが増えるというデータがあります。子どもを得ることと、そのために抱えるリスクや負担を避けること、どちらを優先させるかが人によって違うようです。

 

⑥何が「自然」で何が「人工的」?

卵子提供を「人工的」ととらえ、「自然に逆らってまで妊娠しようと思わない」「(子どもができないという)運命を受け入れる」という考えから、「受けない」と答える方が多く見られました。一方、「せっかくの科学は使わなきゃソン!」というコメントも。さらには「iPS細胞の技術が発達して自分の卵子が作れるようになるのを待つ」「倫理問題がどうとか言う前に、困っている人たちのために何かすればいいのに」と科学や技術の発展を期待する声もありました。何を自然ととらえ、科学や技術が私たちにとってどのようにはたらけばいいのか、卵子提供にとどまらず広く考える時かもしれません。

 

上述のiPS細胞の技術のように将来の技術に期待する声もある一方、「代理母は海外しかない」から卵子提供を「受ける」という方も。卵子提供を受けて出産する場合には自分の子宮が機能することが前提、代理母を望むのは自分の子宮が機能しない場合なので、代理母が国内で受けられないから卵子提供を受ける、ということはありませんが、すべての課題をクリアできるような技術がない場合には、多様な選択肢の中から自分の考えとあうものを選べることが大切なのかもしれません。まさに「自分は(卵子提供を)受けないが、選択の自由が増えることは良いこと」というコメントもありました。

 

いくつかのコメントをご紹介します。

a(赤帯)は「受ける」b(青帯)は「受けない」、緑帯は「わからない」という答えです。

 

ここで取り上げられなかった貴重な意見の例は、未来館の5F展示場で見られます。ユニークなコメントに、何度もはっとします。ぜひ、見に来て下さい。展示場のエンドクサは次のテーマ「出生前診断」に移りましたが(20132月末現在)、「卵子提供」についてはこのブログで引き続き皆さんのご意見を募集します。上の6つの論点を眺め、ぜひあなたの意見を下のコメント欄でお聞かせ下さい。

 

エンドクサは常設展5F「ともに進める医療」の中にあります。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への8件のフィードバック

卵子の提供は受けません。

現在、体外受精による2人の子を育てています。

自然妊娠が望めないと判った時に、

夫婦間で話し合いました。

夫婦が家族になるには、(私たちの場合は)

子が欲しい。

そして、遺伝の繋がりがある方が、

乗り越える課題が小さいのでは、と。

体外以外の方法(この時は、養子を考慮していました)は、ある程度試してみてから、

考えようと。

まだ、親にもなる前に自分以外の遺伝子を持つ子に愛情が湧く自信がありませんでした。

体外で子を授かった今は、

別の観点で、卵子の提供は受けません。

卵子を取り出すには、女性の体に大変な負担を掛けます。

自分のお腹を痛めて産まずとも、

愛情は、育ちます。

今、生を受けた子を大事にしたい、

という思いの方が強くなりました。

てぃーこ様、ご自身の体験にもとづいたコメントを頂き、本当にありがとうございます。

遺伝的つながりのない子どもを愛せるか、卵子を取り出す負担はどの程度か、などの問いに、経験せずに想像だけで答えを出さねばならない。生殖補助医療を前に、様々な視点を天秤にかけて使用するか否か決断を下すことに苦しむ、一つの原因と思いました。

今後、生殖補助医療が身近な社会になるとしたら、てぃーこ様のように生殖医療を受けた方々、受けないと判断した方々の言葉を、社会のなかで共有することが大切ですね。

「卵子提供を受けない。卵子を取り出す際に女性の体に大変な負担をかけるから。」

このご意見は、363票の中にはない新しいご意見でした。卵子提供や代理懐胎が商業的に行われているインドのムンバイでは、都市近郊の貧困層から一件2~3万ルピー(数万円)で卵子提供が行われているそうです。経済的な弱者が負担をひきうけている構図です。(日本では卵子提供に関して金銭のうけわたしは禁止。)

提供者に大変な負担をかけてまで子どもを得ることより、今どこかで生を受けた子を養子として迎え育てる。てぃーこさんの考えがクリアに伝わってきました。

では、将来的に、卵子提供の負担を軽減する新技術が開発されたら?技術革新と私たちの価値観の議論は今後も続いていくのでしょうか。

個人が何を是とするのか、これは大きく社会の価値観に依存しており、現段階で卵子提供の是非を問うのはとても難しいと感じました。

40歳で10歳若い夫と結婚、直後から2年間で6回の体外受精を経験しましたが身を結びませんでした。夫の側に何も問題がなく、私にも目立った問題がないので、ピンポイントに卵子の老化の問題と向き合うこととなりました。

体外受精を繰り返すことは女性の体に大きな負担となりますが、なかなか認知されていません。治療から数ヶ月経った今でも卵巣に腫れが残り、腹水に悩まされています。

卵子提供はそういったリスクとも向き合わなくてはならず、ドナーの方の人生に大きな影響があることも含めて考えないといけないです。

私にはまだ提供を受けるか、受けないか、決めることができません。

子供を持ちたいという気持ちは、自分自身の感情や社会規範、倫理感、幸せの定義など複雑で変動的な基盤の上に存在しています。生殖医療と向き合うことは解のない問題と向き合うことでもあります。そんな中で時間だけが流れていきます。

卵子提供はさらに遺伝子の問題や法的に親子をどう定義するのか、子供の遺伝的な親を知る権利をどう考えるのかなど、複雑さを極めます。

直面すればするほど、簡単に解が出せずにいます。

このサイトはとても真面目に卵子提供を取り扱ってらっしゃり、また松山さんのコメントもとても真剣で、大変嬉しく読ませていただきました。このようなサイトがもっと増えると良いと思います。

匿名さま、身体にも精神にもご負担の大きかったご自身の体験をお伝え頂き、心から感謝致します。科学的な情報もひとつの判断材料ではありますが、経験者からの言葉はさらに大きな力になると思います。自分が問題に向き合うまでは目にとまりにくい情報。20代、さらには10代の方々にも、匿名さまの言葉が届くといいな、と願っています。

「個人が何を是とするのか、これは大きく社会の価値観に依存しており」というコメント、納得致しました。まったく別のケースですが、高齢者に対する延命措置について医療関係者に取材をした際、「周囲から『延命措置は無駄』という無言のプレッシャーがあるために、苦しみながら治療を変更する方が見受けられる」という話を伺いました。本人が自分の意思で選択できる環境をととのえることが大切と思う一方で、その選択の責任をすべて本人が背負うのもつらく苦しいことだろうとも思います。

「時間だけが流れていきます」の痛み、この痛みを軽減するためにも、問題に直面する前から情報が目にとまり、考える機会があるといいなと思います。そんな場をこれからも作っていきたい、匿名さまのコメントを拝見して気持ちを強くしました。

養子縁組するためには年齢制限があるってことが多いと最近番組で知りました。

児童相談所などを通す場合、自治体ごとに違うようですが、

子どもと自分の年齢差が40歳以上とか、50歳以上などと制限のあるところが多いそうです。

民間やNPO団体などに紹介を頼む場合でも、やはりこうした年齢制限を設けているところが多いようです。

ということは、高齢になれば0歳児の赤ちゃんを養子にすることは出来ないんですよね。

番組で取り上げられていたご夫婦はやはり赤ちゃんを養子にしたいと希望されていました。

そういった現実を踏まえて、自分が高齢で子供が出来ないとなったら・・・卵子提供を受けたいと思うかもしれません。

もともとどうしても子供が出来なかったら養子縁組をしたらお互い補い合えると思っていた私なので、血のつながりは気にしていませんでした。

子供にも養子だと隠さないようにしようと思っていました。

それでもやはり赤ちゃんの時から育てたいという気持ちはゆずれません。

自分でもゆずれないその一点を考えると高齢の際は子供をあきらめるか、卵子提供を受けるかのどちらかになってしまいます。

そして、後悔したくないから出来るだけのことはしたいので、夫婦で年齢のタイムリミットを決めて、そこまではあがくと思います。

卵子を取り出すには提供者の身体に大きな負担がかかることを考えると、やはり簡単なことではないのでしょう。

ですがそれを承知で提供してくださるという方がいらしたらありがたく思うと思います。

まる様、コメントをありがとうございます。何をもって自分の子とするかは、今回のエンドクサで多様な意見を頂きました。まる様が「血のつながりは気にしない」「赤ちゃんの頃から育てること」を重要視したい、とご自身のしっかりとした基準が心に根付くまで、悩まれることも多かったのではと想像しました。

養子縁組の年齢制限について、情報を頂きありがとうございます。そもそもなぜ年齢制限が必要なのか、考えてしまいました。

「卵子の老化」が話題になっていますが、卵子提供を受ける場合でも母体や胎児の安全性を考えると、女性の年齢と無関係ではなさそうです。最近、厚生労働省で不妊治療への公費助成を「39歳以下」とする方向で制度が検討されています。その理由は「40歳以上の不妊治療では医学的な有効性や安全性が低い」ため、とのこと。日本だけではなく、フランスでは体外受精が自己負担なしで受けられるのは42歳まで、スウェーデンでは38歳まで、と定められているそうです。

私たちは、考える時期に来たようです。

晩産化の将来をみこして、高齢でも妊娠・出産時の母体や胎児の安全を確保できるような医療技術や体制をつくりあげることを目指すのか。あるいは、10代や20代のうちから将来、子どもをもちたいのかどうかを考え、もつのであればどのタイミングなのかを早めに考えて行動できる環境を整えることが必要なのか。その両方を実現すべきなのか。どの方向に私たちは進んでいきたいのでしょうか?

管理人より:まる様と松山が書いている「養子縁組」は、原則6歳未満の子どもを養子として、戸籍上も実の親子のように「長女」「次男」などと記載する「特別養子縁組」のことです。「普通養子縁組」では、養親が成人であること、養子より年長であることが要件になりますが、年齢制限はありません。

トピックに取り上げられていたので、こちらの記事を目にしました。
私はこちらの記事を読むまで、お恥ずかしながら科学未来館でこのような取り組みをしていることを存じ上げませんでした。
妊娠適齢期、と言われている20代の立場から私なりに発言させていただきます。

私が卵子の老化について知ったのは、20代になったばかりの時でした。
それまでは「20代は仕事にまい進し、30代で結婚出産したい」と考えていましたが将来設計を考えるきっかけとなりました。

松山様の「10代や20代のうちから将来、子どもをもちたいのかどうかを考え、もつのであればどのタイミングなのかを早めに考えて行動できる環境を整えることが必要なのか。」という問題提起について、大いに同意致します。

20代の女性は働き盛りであり、自由に時間とお金を使える時であり、妊娠適齢期なのです。何かを選べば何かを犠牲にし失ってしまいます。
私は妊娠出産を選び得たものはとても大きいですが、同世代の子たちよりも仕事はこなせなかったし自由な時間を得られませんでした。
また、子育て支援が手厚い職場ではないため復帰後のことが心配でなりません。

今は女性が人生の選択肢を一人一人が理解し、見直す時期にあると思います。日本は性教育に対してほとんど触れませんが、10代のうちからきちんとした情報を学び選択していく必要があると思います。
子どもがいる人生も持たない人生も、自分で選んだかそれしか選択肢がなかったかでは全く違うと思うからです。

1番は妊娠出産がキャリアの妨げにならない柔軟な制度(出産退職後は正社員になれない現実)、待機児童の解消など子育て支援の充実など環境が整いどんな選択肢も許容させる社会になればいいなと思います。

不妊治療に伴い廃棄される受精胚が日本で今いくらあるかご存知でしょうか?
ちなみに関連学会は公開しておりません。
一部は持ち主である夫婦に移植されたり、研究目的(胚培養士の訓練用を含む)に使用されます。他は廃棄されているようです。
受精胚の横流しなど起きていないか監視する仕組みはあるのでしょうか。
ぜひ未来館でも検討いただきたいテーマです。

コメントを残す