爆発から生まれたノーベル賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは!

いよいよ明日からノーベル賞発表の日です。みなさん、科学コミュニケーターのブログやニュース等をご覧になって受賞者の予想をたてましたか?今回はノーベル賞の発表を前に、この賞の設立者であるALFRED NOBEL (アルフレッド・ノーベル)について紹介します。

tamura_bakuhatsu

― アルフレッド・ノーベル ―

 

「技術者・中背・茶色の髪・卵形の顏・健康な肌・青い目」

1863年の旅券登録にはこのような記載があったそうです。右の写真は白黒で色までは分かりませんが、偉人の雰囲気が感じられます。

性格は人とのつきあいを楽しむ素晴らしい人だった」と、第三者は言っていたようですがノーベルが54歳(1887年)のときに兄に宛てた手紙には自分自身のことをこのように語っていました。

「この惨めで半病人のアルフレッド・ノーベルはこの世に産声をあげたときに、人道的な医師によって窒息させられていればよかった。」

最大の長所:見ぎれいにしていて、決して他人の足手まといにならないこと

最大の短所:家族がなく、機嫌が悪く、腹の調子が悪いこと

最大の要求:生きたまま埋められないこと

最大の罪:富の神マンモンを崇拝しないこと

人生の有意義な出来事:なし

(参考文献:U・ラーション編 『ノーベル賞の百年』 ユニバーサルアカデミープレス)

 

 

このときのノーベルはすでに自分の研究で大きな業績や多大な財産をなしていました。科学者として幸せな人生を歩んだように思えます。しかしこの手紙からは自分の存在を否定し、まるで自分自身のことを呪っているかのようです。なぜ、こんな思いを抱いていたのでしょうか? それは彼の発明品とその社会での使われ方にありました。

 

 

ノーベルは1833年にストックホルムで発明家の家に生まれました。9歳の時にロシアのサンクト・ペテルブルグに移り住みます。このサンクト・ペテルブルグは周期表をつくったメンデレーフも縁があり、化学史にはときおり出てくる有名な場所です。

物心ついたノーベルは化学に興味を持ち、発明家の父とニトログリセリンによる爆薬の開発に没頭しました。ニトログリセリンは非常に反応性が高く、少しの振動でも爆発する大変危険な液体です。そのままの状態では目的の場所に持ち運ぶ間に爆発する危険があります。そこでノーベル親子はニトログリセリンを安全に使いやすくするために板状の珪藻土に吸収させて持ち運びを簡単にし、取り扱いやすく改良しました。これがダイナマイトです。当初、ダイナマイトはトンネル建設などの土木工事に使われ、早く・安全に掘削できるとして多くの需要がありました。

しかし、ダイナマイトの威力は、工事ではなく戦争などで大量虐殺に使われるようになっていきました。ダイナマイトの特許料で世界屈指の資産家になったノーベルですが、自分の発明品が武器として使われることに悲しみ、ノーベルは、1895年11月27日に世界で広く知られることになる遺言に署名をしました。

 

「私のすべての換金可能な財は、次の方法で処理されなくてはならない。私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立し、その毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする。」

つまり、ダイナマイトによって得た資産を人類に最大の貢献をなした人々に与えるということです。この遺言をもとに設立されたのがノーベル財団で、彼の遺志の通り1901年から現在まで、ノーベル賞として賞金が贈られています。受賞者は2011年までに総勢853名にのぼります。

ダイナマイトに限らず、科学技術の発展は私たちの生活を豊かにし、必要不可欠なものです。しかし使い方によっては私たちの生活だけでなく命をも脅かすものにもなります。日々、世界中で発展している科学技術を私たち人類のため、生命のため、地球のために役立てられるように願います。

 

ノーベル賞の予習も終わり、あとは今年の受賞者発表を待つのみです!!受賞者の発表は10月8日から始まりますが、授賞式はノーベルの命日である12月10日にストックホルムで行われます。(平和賞のみ同じ日にノルウェーのオスロで開催)

あなたは人類のために何ができますか? 今から、人類のために出来ることを探して今後のノーベル賞を狙いましょう!!

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への1件のフィードバック

未来館ボランティアのスギです。あるボランティアから、「田村さんのブログでのノーベルの記述が、私が言うことと違うのでは」と言われましたので読ませてもらいました。今まで未来館の科学コミュニケーターがブログを一般に公開しているとは知りませんでした。

まず読んでみて私の持っていた知識とはそれ程の違いはありません。ただ「ダイナマイトは偶然のきっかけで発明された」(このことは、「ニュートンとリンゴ」のようにエピソードになっています)ことを前面に出した方が良かったと思います。

簡単に述べますと、

ニトログリセリンは1846年イタリヤの化学者が開発しましたが、それまで用いられていた黒色火薬よりはるかに大きい爆発力を持った液体の爆薬でした。ノーベルの父親はいろいろな事業をやっていましたが、ノーベルが父親の建設会社で働いていた時、岩盤の爆破にニトログリセリン使っていました。

しかし、それは液状のため使いにくいうえ極めて安定性に乏しく、僅かの熱や振動で爆発してしまう極めて危険な物でした。そこで彼はなんとか安定化させようと、色々な物(木炭・セメント・レンガなどの粉)を混ぜたりしたが、なかなか成功しませんでした。ところがある日、運搬中のニトログリセリンの保存容器が壊れて、そこから漏れたニトログリセリンが容器を固定していた珪藻土(けいそうど、日本で言うコテ塗りの壁材で、昔は七輪、最近は風呂がまなどの材料)に付着して固まっているのを発見しました。

この偶然の発見がダイナマイトの発明へのきっかけになったと言われています。その後ノーベル親子は珪藻土にニトログリセリンを浸み込ませたりして実験・改良を重ね、1866年ついにダイナマイトを開発しました。この偶然によるダイナマイトの発明がゆえに、ノーベルはセレンディピティ(ひらめき、偶然、失敗などによる思わぬ大発見)の好例と言われています。ちなみに日本人ノーベル賞受賞者の江崎氏、田中氏、白川氏もセレンディピティの例と言われています。

以上ですが、ノーベルの生涯には諸説があり、わからないことが多いです。事実、私は1990年代に仕事で北欧3か国を3度訪問しましたが、現地人もそう言っていました。

ノルウェーでは、「ノーベルは兵器用にダイナマイトを発明し、スウェーデンを兵器製造国家に発展させた。ノーベル自身も兵器事業をおこなって大富豪になった」 などと聞きました。私はそれまで、スウェーデンはそれ程のハイテク国家でなく大国でもないのに、なぜ戦闘機・高射砲や自動者を自国生産できるのかと思っていましたが、それを聞いてなるほどと思いました。ノルウェーは長くスウェーデンの支配下にあったためスウェーデンのことをあまりよくは言いません。

逆にスウェーデンではノーベルが兵器産業にかかわっていたことは口にしません。ノーベル賞を創設してあれだけ有名になると、過去のイメージダウンになるようなことを伏せることは誰でも、どこの国も行うことです。スウェーデンの有名な兵器メーカ ボフォース社(対戦車砲、高射砲、ロケット砲などを生産)は、ノーベルが鉄工所から兵器会社に育て上げた会社で、一時ノーベルは経営者でした。

第二次世界大戦中、スエーデンはそれまでの中立政策を破って双方に便宜を図ったので世界中から非難を浴びました。独軍はボフォース社製兵器を使い、また米軍艦に搭載されたボフォース社製高射砲は日本軍飛行機の多くを撃墜したと言われています。サーブ社は軍用機・軍需品を生産し、その関連会社は自動車を生産しています。サーブ社の軍需品の売上高は、日本の最大手三菱重工のそれより上です。スカニヤ、ボルボは、大型トラック・バスでは、ベンツに次ぐ世界第二位、三位の会社です。この例を挙げたのは、大型トラックはいつでも軍用車に転用できるからです。私は仕事柄これらの会社を訪問しましたが、大変立派な会社でした。

 

と言うわけで、私はノーベルのことを話す時は、「ノーベルは、ダイナマイトを発明した、それまでの建設と戦争の質を変えた、スウェーデンを兵器国家・重工業国家にした、ノーベル賞を創設した」などを述べます。

余談になりましたが、このタイミングでノーベル、ノーベル賞のブログを書いたことは、科学コミュニケーターとしてセンスがいいと思いました。

コメントを残す