2013年ノーベル賞を予想する!~化学賞その2~

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま!!

ノーベル賞発表が今年もやってきました。

私は今年も引き続きノーベル化学賞を全力で予想します!今年は新たに2名の科学コミュニケーター高橋と大渕の力強いメンバーが化学賞チーム加わり、切磋琢磨しながら受賞発表日に備えています。

 

田村真理子の予想するノーベル化学賞

受賞者 赤崎勇 先生

受賞テーマ 青色発光ダイオード

赤崎先生トリミング

(イラスト:ぶっちーこと大渕)

 

赤崎先生の青色発光ダイオード青色LED)の何がすごいのか?

実は青色LEDの前にすでにのLEDが開発されていたのですが、青だけは発明するのが大変難しく多くの研究者は「不可能」として研究から撤退した人もいたほどです。それでも赤崎先生は努力を重ね、ついに実現したのです!!

 

「LEDとは?」

LEDという言葉は良く聞くものの、どんなものかご存じでしょうか?

LEDとは発光ダイオード(Light Emitting Diode)の頭文字をとったものです。半導体の一種で電気を直接光に代えることができるのです。それに対して白熱電球や蛍光灯はフィラメントに電気を流して光を出す反応によって光っています。そのためLEDは大変効率良く、また消費するエネルギーが少量で済みます。

白熱電球の寿命1000時間~2000時間、蛍光灯6000~12000時間に対しLEDは約40000時間とかなりの長寿命です。なんとLEDの照明器具は約8年もつそうです。

 

青色LED

青色LEDが発明される前に1960年代に黄緑のLEDは発明されていたのです。ではなぜ青だけ困難とされていたのでしょうか?

LEDは半導体の一種です。その半導体の材料によって光の色が変わるのですが青に発光する材料がなかなか見つからなかったのです。しかし、赤崎先生は窒化ガリウムに注目し粘り強く研究を続けました。そんななか、ある事件が起こりました実験に用いていた炉の温度が上がらなくなってしまったのです。しかし、先生は温度が上がらないとトラブルを逆手にとり、温度を上げないで作成をしたところ大成功したということでした。

 

青色LEDが発明して実現したこと」

青色LEDが発明されたことで光の三原色()が揃ったのです!この3色さえあれば地球上のどんな色でも発色させることができます。

 

 

光の三原色

図1  光の三原色

 

この三色は身近な物で確認することができます。さて下の写真は何かの拡大写真です。

何か分かりますか??

画面

図 2  パソコン画面

 

これはパソコン画面を拡大した写真です。1つ1つの格子には3つの色が確認できます。この色のバランスで、全ての色を発色しているのです。格子の大きさによって見られないものもありますが、携帯の画面を含め、ほとんどの画面で確認することができます。

また、白色も発色できるので消費電力の少ない長寿命の照明としても使用することができます。3色のLEDで全ての色を発色することができるので、消費電力の少ないディスプレイとして利用されています。

実は未来館のシンボル展示Geo-Cosmos、現在は有機ELパネルが敷き詰められていますが、初代のGeo-CosmosはLEDでした。青色LEDができたからこそGeo Cosmosにも使うことができました。未来館だけでなく私たちの生活に使用され、将来の照明と期待されているLED。

今年ノーベル化学賞を受賞するかもしれません。ぜひ、みなさんご注目を!!

ノーベル化学賞の発表は10月9日(水)日本時間18時45分からです。お楽しみに!

★2013年ノーベル賞の関連記事

2013年ノーベル賞を予想する!

生理学・医学賞その1(by鈴木啓子)

生理学・医学賞その2(by西原)

生理学・医学賞その3(by濱五十鈴)

物理学賞その1(by本田隆行)

物理学賞その2(by福田)

物理学賞その3(by蒋)

化学賞その1(by大渕)

化学賞その2(by田村)→この記事です

化学賞その3(by髙橋)

投票サイトに寄せられた皆さまの予想

生理学・医学賞その1

生理学・医学賞その2

物理学賞

化学賞その1

化学賞その2

 

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への3件のフィードバック

田村真理子様

はじめまして。

10月7日、NHK「情報まるごと」拝見しました。

科学コミュニケーター3名の方の今年のノーベル賞解説、わかりやすくうかがいました。

私も職業科学人にあこがれましたが、病気のためあきらめざるを得ませんでした。それから40年以上が経過し、還暦を過ぎてから発奮し、再学習を始めることを決心しました。

まずは、計画を立てつつ、スッテプアップしながら、行き詰ってもあきらめず、進めたいと思います。

物理学の理解が最大の目標です。

さしあたって、放送大学の講義、捨てずに置いた高校時代の教科書、過去に購入した書籍をもとにしたいと思います。

10月から始まった第2学期、放送大学「量子化学」はぜひ学びたいと思い、録画もしています。分けあって正式な学生ではありませんが、病にも負けずやり遂げたいと思います。

成否ではありません。一生のうちの経験の一部として、生涯学び続けていきたいと思います。

こんにちは。

NHKの番組をご覧頂きましてありがとうございます。

このようにコメントを頂けるのが何よりの励みになります。

未来館では今年のノーベル化学賞は日本人研究者を予想しておりましたが

予想外の結果となってしまいました。

今年受賞された方々の研究内容はリサーチしておらず、発表されてからスタッフ総出で調べました。

今回のように知らないことを学ぶことは楽しみでもあり、新しいことを勉強した嬉しささえ感じます。

私は知らないことが山ほどあるので一生かけて一つずつ学んでいきたいと思っています。

alberthawking 様に負けないように私も努力していきます。

田村真理子さま

物理も科学も数学も全く弱い人間です。
赤崎さんが化学賞ではなく、ノーベル物理学賞を受賞されたのは、何が違ったのでしょうか?物理と化学の違いはなんですか?

コメントを残す