エコチル調査で明らかにしたい! ~子どもたちが健やかに成長できる環境とは?~

このエントリーをはてなブックマークに追加

  

年が明けて平成31年となりました!

昨年末辺りから「平成最後の~」と銘打ったテレビ番組や企画を見るにつけ、「この30年いろんなことがあったな~」と、時の流れの早さに驚愕している科学コミュニケーターの毛利です。今年もよろしくお願いいたします!

   

時代が変わったとはいえ、親が子どもの健やかな成長を願う気持ちは同じ。その時代ごとに、やれ「〇〇が子どもの成長に良い」だの「××は身体に良くない」だのといった情報が存在してきました。最近ならば、ベビースイミングとぜん息の関係や、親の喫煙が子どもの健康に及ぼす影響などの話を耳にしている方もいらっしゃるかもしれません。

こうした話が科学的に正しいかどうかは、「コホート調査」という時間をかけた研究等を通してわかってきます。

コホート研究とは、ある特定の病気を引き起こしうる要因や特性を考え、対象となる集団(コホート)に属する対象者の生活習慣などを、介入を行わずに調査・観察することです。それにより、その要因や特性がどのように病気へ関わっているかを調べることができます。

今、日本でも行われている大規模なコホート調査をご存知でしょうか? それが、環境省が行っている「エコチル調査(子どもの健康と環境に関する全国調査)」です!

   

エコチル調査は、環境中の化学物質が、子どもの健康にどのように影響するのかを調べています。その目的は、子どもたちが安心して健やかに育つ環境をつくること。2010年よりスタートし、全国約10万組の親子を対象に、妊娠初期から13歳になるまでを継続的に追跡していく「出生コホート調査」です。

エコチル調査の具体的な内容は、過去に科学コミュニケーターの本田ともみが執筆したブログをご覧ください。
「子どもの健康×環境」 環境省 始動!
https://blog.miraikan.jst.go.jp/event/20160113post-648.html

  

今春(来年度)、この調査は9年目を迎えます。調査に参加したお子さんは今春4月には小学2年生になり、調査結果を基にした論文が続々と発表されるようになりました。

blog1_ロードマップ抜粋.jpg

図1:調査のロードマップ(提供:エコチル調査)

  
エコチル調査では、年に一度、一般市民の方々を対象にシンポジウムを開催しています。その目的は、エコチル調査の存在を広く知ってもらい、興味を持ってもらうこと。そして、その調査の成果を紹介することです。

今年度のシンポジウムは、1月19日(土)に日本科学未来館7階の未来館ホールで開催されます(https://www.env.go.jp/chemi/ceh/news/01501153333.html)。今回は、0歳から小学校就学前までの乳幼児期を中心テーマとして取り上げ、私はファシリテーターとして登壇します。

  

blog2_エコチル調査シンポジウムチラシ.jpg

   
今年はどのような内容になるのでしょうか。具体的にご紹介していきましょう!


プログラムは、基調講演、特別講演、パネルディスカッションで構成されています。

  

まず基調講演では、エコチル調査メディカルサポートセンター長の大矢幸弘氏(国立成育医療研究センターアレルギー科医長)に、エコチル調査の今後の展望と最近発表された研究成果について紹介していただきます。たとえば、妊娠中に魚介類を食べることと健康との関係についてのお話が伺えるそうです。ほかにもさまざまなトピックスがあるそうですよ!

    

続いての特別講演に登壇してくださるのは、お茶の水女子大学名誉教授で小児科医でもある榊原洋一氏です。榊原氏はNHKの「すくすく子育て」のコメンテーターとしても活躍していらっしゃいます。

blog3_Sakakihara_250px.jpg

  

榊原氏の講演タイトルは、「子育てに大切な事」。

榊原先生には、これまでに行われてきた世界各国のコホート研究でどんなことが明らかになってきたかを紹介していただきます。先生のお話を聞けば、同じコホート研究であるエコチル調査の結果に、今後ますます期待が高まることでしょう。

   
そして最後は、ゲストに、お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえ氏を迎えてのパネルディスカッションです。くわばたさんは、小学生を筆頭に2男1女のお母さんで、育児の楽しさや大変さを、自身の体験を元に積極的に発信されています。

blog4_Kuwabata_250px.jpg

   

エコチル調査甲信ユニットセンター長である山縣然太朗氏(山梨大学医学部教授)をコーディネーターに迎え、「安心して子育てできる社会へ」をテーマに、登壇者全員でここまでの話を寄り掘り下げていきます。

みなさんにとっての「安心して子育てできる社会」とはどんな社会ですか。そんな社会にするために、みなさんは何ができそうですか。

私は、未来館で来館者と対話する科学コミュニケーターとして、子育て中の母親として、自分の思いを伝え、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

   
さて、このシンポジウムはそれだけではありません!


講演会場の外では、それぞれの地域で研究されているテーマの紹介や、これまでに発表された研究成果も合わせて紹介しています。その中に、みなさんの気になるテーマが見つかるかもしれません。 

参加申込の締切は既に過ぎていますが、当日、飛び込みでの参加も可能です。子育て真っ最中のお父さん・お母さんはもちろん、子どもを迎えたいカップル、子どもの健康と環境に関心のある方々、みなさんのご来場をお待ちしています!

   

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

イベント概要

第8回 エコチル調査シンポジウム 子どもの健康と環境に関する全国調査

開催日時:2019年1月19日(土)13:30~16:00(開場13:00)

開催場所:日本科学未来館 7階 未来館ホール

参加費:無料

参加方法:当日参加可能。 直接会場にお越し下さい。