「子供が薬を飲まない」問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!科学コミュニケーターの高橋明子です。


冬の感染症シーズンですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
私は風邪を引いて声が出なくなり、年末年始を無言で過ごしました@夫の実家。

さてこの季節、この問題に悩まされる方が多いのではないでしょうか?
「子供が薬を飲まない」

20200206_takahashia_01.jpg子供は体調を崩しやすいです



最近では一昔前にはなかったゼリー状のオブラートがあったり、そもそも糖衣などで薬が甘い味にしてあったり、薬を飲みやすくするための様々な工夫があります。

あー私が子供のころにはこんなのなかったなあ、いいなあ...と思ったら、これが飲んでくれないんですね。

もちろん子供が薬を飲んでくれるかくれないかは、本当に個人差が大きいと思います。

我が家の上の子供は薬が好き過ぎて、飲み終わると「おすくり!おすくり!」と騒いでいたくらいです。一方、下の子供は基本飲まない派。「これおいしそうだなー!」などの親による茶番、説得などの雰囲気づくりは全く効果なし、口がまず開かない、無理やりこじ開けて飲ませても3秒後に吐き出す、というタイプです。

ベーシックに少量の水で練った薬をほっぺたの内側につけたり、ゼリーの味を変えてみたり、アイスやその他にも色々なものを駆使して、何とか飲んでもらおうと毎回四苦八苦しています。




そもそも病院で処方されている薬って、体内で何をしてくれるものなのでしょうか?発熱、のどの痛み、咳、鼻水などの症状の場合で見てみましょう。

■症状を和らげるための薬
症状の内容、程度に合わせて、咳を抑える薬、鼻水を出しやすくする薬、鼻の炎症を抑える薬、解熱剤などが処方されることが多いようです。感染症の原因を取り除くわけではありませんが、飲むことで症状を和らげ、体力の消耗を抑えるといった目的で処方されます。

■抗菌薬(抗生物質)
感染症の原因となる、病原性の細菌をたたくための薬です。原因そのものに作用する薬なので、病気の原因が細菌なら大きな効果が得られます。しかしこの抗菌薬、処方の指示通りに飲まないと、薬が効かない「薬剤耐性菌」を育ててしまう羽目になるので要注意です。薬剤耐性菌が広がってしまうと、これまで使えていた抗菌薬が役に立たなくなってしまいます。

「もうよくなってきたから、まだ薬残っているけど飲むのやーめた」はNG、ポイントは「正しく飲み切って、しっかり細菌をやっつける」です。


詳しくは科学コミュニケーターの山本が執筆した記事をご覧ください。
「スーパー細菌がやってくる!? 薬剤耐性菌を生み出さないために」

20200206_takahashia_02.jpg




つまり、やっぱり薬は処方通りに飲んだ方がいい、特に抗菌薬は途中で飲むのをやめたりしない方がいい、ということになります。

となると、子供が抗菌薬を飲んでくれないとき、どうしたらよいでしょうか?感染症の専門家である、国立国際医療研究センター病院の具芳明先生に伺ってみました。


「基本は処方通りに飲んでもらいたいですが、全然飲んでくれない場合は、少し時間を空けて飲ませたら大丈夫です。もし次の服薬の時間が近くなってしまったら、一回スキップしてもよい場合もあります。」

なるほど、仕切り直してお互い冷静になるのは大事ですね。

何度やっても薬を飲んでくれない、という場合には、診察してくれた医師や調剤を担当してくれた薬剤師に相談してみてください。薬の処方の目的や患者の体調によって対応が変わります。

また具体的な飲ませ方については、薬を受け取る際に薬剤師に訊いておくとよいと思います。薬によって、何と混ぜるとよいのかが違いますし、子供の好みも考えておすすめを教えてくれます。





子供が薬を飲まないのは困りますが、そもそも病気にかからないで済めば薬を飲む必要もないはず...予防がいかに大事か身に沁みます。


大人も予防が大事なのは知っているけれど、継続的に続けるのはなかなか難しい...ましてや子供に予防を徹底させるのはもっと難しいですよね。





実は、手洗いなどのベーシックな予防行動は地味ですが大きな効果があります。そして予防行動で薬を飲む機会を減らすことは、薬が効かない「薬剤耐性菌」を生み出さないことにも実はつながっています。




未来館では今週末、先程の質問にもお答えいただいた具先生をお招きし、薬剤耐性菌や抗菌薬、感染症の予防についてのトークイベントを実施します。

すでに書いた通り、抗菌薬は感染症の万能薬ではなく、細菌にしか効きません。私たちの感染症の原因は、細菌なのかそれとも...?これを知ることが感染症予防、ひいては薬剤耐性菌への対策の鍵になります。トークでは抗菌薬の基本から最新の処方方針までお話をしていきます。

またイベントでは"ばい菌"や予防の威力について知るワークショップやパネル展示、動画などもご用意しています。

なるべく感染症にかからないために、未来に使える薬を残していくために、私たちができることを一緒に考えてみませんか?



イベント「しのびよる...薬が効かない"ばい菌"たち?薬剤耐性問題」

今、世界中で増えている薬剤耐性菌。なぜ広がるのか、どのような対策が取れるのかを、トークやワークショップを通じて考えます。
開催日時: 2020年2月8日(土) 12:30~17:00
開催場所: 日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
主催: 日本科学未来館、国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンター

https://www.miraikan.jst.go.jp/event/2002081225424.html

20200206_takahashia_03.jpg2018年実施時のワークショップの様子