お家から地球の外へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

良い気候にもかかわらず、外出がためらわれる昨今、いかがお過ごしでしょうか。みなさまこんにちは、科学コミュニケーターの片平です。

外出できないなら、気分だけでも思いっきり外に、いや、宇宙にまで飛び出てしまおう!ということで、今月(2020年5月)行われる2つのロケット打ち上げ情報をお届けします!(いずれの日程も天候などによって変更の可能性があります)

今回が最後の「こうのとり」!9号機打ち上げ

宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(H-ⅡBロケット9号機)打ち上げ
https://www.youtube.com/watch?v=gCfqr58B75Q

打上げ予定日 : 2020年5月21日(木)
打上げ予定時刻 : 午前2時30分頃(日本標準時)
打上げ場所 : 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場

20200511_katahira01.jpg

こうのとり9号機 ©JAXA

「こうのとり」は国際宇宙ステーション(ISS)に生活物資や実験装置を届ける補給線です。今回の「こうのとり」9号機は現在の形としては、最後の「こうのとり」になります。今、次世代機として「こうのとり」から大きく進化したHTV-Xの開発が進められているからです。HTV-Xは物資補給能力を強化するだけでなく、物資輸送後には、最長で1年半もの間、様々な技術実証の場として利用される予定です。将来的には、月周回宇宙ステーションへの物資補給も検討されています。

将来の宇宙開発へ続く技術に思いを馳せながら、今回の「こうのとり」9号機の打ち上げをご覧になってはいかがでしょうか。

 

ライブ中継Youtube URL:
https://www.youtube.com/watch?v=3lBZVNwK6ao

※ライブでは見られない方も、このURLから録画で見ることができます。
※現地での打ち上げ見学は自粛のお願いが出ていますので、ご遠慮ください。

科学コミュニケーターブログや未来館内のイベントでも、これまでの10年にわたる「こうのとり」の打ち上げ、運用の機会を捉えて、その役割や携わる人、運ばれる実験機材で行われる科学研究を紹介してきました。こちらもぜひご覧ください。

記事リンクこちら
【きぼう・こうのとり10周年】見えないものを見る 奥深きPADLESの世界
【きぼう・こうのとり10周年】宇宙じゃないとできない! 浮かぶ材料研究
【きぼう・こうのとり10周年】宇宙飛行士への宅配便 チームで運んだ10年間
「こうのとり」は"宇宙の宅配便" 9日夜に6号機打ち上げ
こうのとり5号機打ち上げはもうすぐ! ―大切なモノを運ぶ技術と心意気

NASA、9年ぶりの有人宇宙飛行へ!

20200511_katahira02.jpg

The SpaceX Crew Dragon
Photo credit: SpaceX

SpaceX Demo-2 Flight Test
https://www.nasa.gov/specials/dm2/

打上げ予定日 : 2020年5月28日(木)
打上げ予定時刻 : 午前5時32分頃(日本標準時)
打上げ場所 : ケネディ宇宙センター第39発射施設

 

現在、国際宇宙ステーションへ宇宙飛行士を輸送する方法はロシアのソユーズロケットに限られています。今回は、民間の企業であるSpaceX社が開発したクルードラゴンでの有人宇宙飛行のテストフライトになります。2011年のスペースシャトルの退役以来、有人宇宙飛行技術を持っていなかったアメリカで9年ぶりに行われる有人宇宙飛行です。このテストが成功すれば次の運用初号機では、野口聡一宇宙飛行士が搭乗することになっています。

プレスリリース:JAXA野口聡一宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在搭乗機について https://www.jaxa.jp/press/2020/03/20200331-1_j.html

この新しい有人宇宙飛行技術もまた、これから先、月や火星を目指した有人探査に向けたステップの1つとされています。私たちの世界が宇宙に広がっていく、その一歩をぜひ、ライブ中継でご覧ください。

打ち上げの様子は、NASA TV (英語サイト)でご覧いただけます
https://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html#public

 

どうして宇宙をめざすの?

なぜそうまでして、宇宙をめざすのか。そんな疑問を抱いた方には、月探査をテーマに行われた未来館のイベントをぜひご覧ください。アポロ11号の月面到達から50年となった昨年行ったトークイベントです。有人宇宙飛行に限らず、様々な技術で宇宙をめざす講師の方々と科学コミュニケーター、来場してくださったみなさんとの対話をヒントに自分なりに宇宙をめざす/めざさない理由を考えてみてはいかがでしょう。

20200511_katahira03.jpg

トークセッション(2019年9月15日開催)
「月探査のリアルと未来 ~漫画『宇宙兄弟』を徹底調査!」
企画・ファシリテーション 科学コミュニケーター中島 朋
セッション動画:
https://www.youtube.com/watch?v=56KSf-wrtnI
報告ブログ(前編):
https://blog.miraikan.jst.go.jp/event/20200428post-912.html

あわせて、未来館にお越しくださったみなさんとお話しした記事もご紹介します。自分が宇宙に行くとしたら気になることはなんでしょう?答えを考えながらご覧ください。

あれから50年、新たな宇宙探査時代に考えるこれからのこと
【あなた編】:https://blog.miraikan.jst.go.jp/talk/2019041850.html
【人類編】:https://blog.miraikan.jst.go.jp/talk/2019051650-1.html
【月面編】:https://blog.miraikan.jst.go.jp/talk/2019070550-2.html

こんな風にみなさんと宇宙の話題に限らず、さまざまなお話できる日を心待ちにしています。
ひとまず、打ち上げの中継をおたのしみください!